2016年8月20日 (土)

渋谷

ど田舎に住んでいると、こんなんが不思議に見える。
落書きもモノクロにしたらアート・・・んなわけないよ。

■撮影:2016年8月17日/東京都・渋谷

Img_6688_2


|

2016年8月19日 (金)

豪脚(長野県塩尻市・高ボッチ高原)

馬好きの父と叔父夫婦にせがまれて、初めて長野県の高ボッチへ草競馬を見に行ってきた。
馬の脚ばかり撮っていた。(笑)
舞い上がる砂つぶを高速シャッターで鮮明にと思ったが、望遠を持って行かなかった。(泣)

■撮影:2016年8月7日/長野県塩尻市・高ボッチ高原

Img_6188


|

日常(長野県塩尻市・奈良井宿)

昼間は観光客がいっぱいいた通りも、夕刻ともなれば日常の光景があちらこちらに。

■撮影:2016年8月6日/長野県塩尻市・奈良井宿

Img_5879

|

2016年8月 1日 (月)

夏のメモリー

ジッチャンといた海。
この子が大きくなったら思い出してくれるだろうか。

■撮影:2015年8月6日/新潟市西蒲区・日本海
Img_0068


|

2016年7月14日 (木)

天地(新潟県小千谷市塩谷)

天空の養鯉池。

■撮影:2016年5月1日15:56/新潟県小千谷市塩谷

Img_2874


|

2016年7月13日 (水)

手仕事

民家にあった野点傘です。
時間を感じます。
仕事場で黙って手を動かす職人の姿を想像します。

Img_5303


|

2016年6月25日 (土)

灯り(新潟県柏崎市高柳町)

高齢なおばあちゃんは、もう寝ているかなって思ったら、まだ灯りが点いていた。
お元気そうで安心した。

■撮影:2016年6月3日21:53/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

Img_4785


|

2016年6月20日 (月)

神出づる集落(新潟県長岡市山古志種芋原)

自然と人々の営みが創り出した光景に感謝。

■撮影:2016年5月18日/新潟県長岡市山古志種芋原

3:44 低空の星が、一つ、また一つと消えてゆく夜明け前。種芋原集落の棚田も家々も分厚い雲海の下。
344_img_3649

4:42
442_img_3718

5:02 光が差し、躍動する雲海。
502_img_3779

5:06
506_img_4622

5:39 森を引き裂くかのような光芒。
539_img_4654

6:07 種芋原集落の棚田と養鯉池が、ようやく現れてきた。家々は、まだ雲海の下。
607_img_3947

6:14 霧が上がる途中で現れた里山。自然と人の営みの関係を強く感じた爽快な朝。
614_img_3975

■コメント欄休止のお知らせ
迷惑コメントがたくさん来て困っていました。
申し訳ありませんが、暫くの間コメント欄は休止させて頂きます。

|

«家族のために(新潟県小千谷市)