2017年12月11日 (月)

冬海の輝きは鈍く (新潟県柏崎市青梅川)

昨日、久しぶりに晴れたので午後から日本海へ。
日の入り直前、雲間から太陽が顔を出した。
それまで沈んでいた海面が突然キラキラと輝き始めたが、それはやっぱり弱い冬の輝き。
岩陰の波打ち際にいた釣り人を入れて、その情景を切り取った。

Img_2734

■撮影:2017年12月10日16:19/新潟県柏崎市青梅川


| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

安全運転 (新潟市 JR越後線)

だいぶ前の写真で恐縮です。
新潟発のワンマン電車に乗りました。
運転手は30代前半と思われる女性運転手さんでした。
私はガラス越しに運転の様子を見ていましたが、一つ一つの運転操作に対して安全確認をしている様子は実に的確のように感じました。
私の隣では、小さな男の子と母親が運転の様子を楽しそうに見ていましたが、私と同じようにこの女性運転手さんに何の不安も感じなかったのだろうと思います。
サイズが大き過ぎてだぶつき気味な白い手袋と細い腕に光が当たった時にシャッターを切りました。

Img_8489

■撮影:2017年7月21日/新潟市 JR越後線内

|

2017年11月29日 (水)

惜秋

三枚アップしましたが、特別な意図はありません。
寄せ集めです。(笑)

■秋覗き
Img_1052

■秋はシックに
Img_0935

■フィナーレ
Img_1957


| | コメント (0)

2017年11月26日 (日)

薄氷棚田 (新潟県長岡市)

真冬には3mの雪に埋もれる長岡市の高地にある棚田。
春の雪解けが早く進むようにと、秋の稲刈り後に秋耕をして、水を張って冬を越す。
少し冷え込んだこの日の朝、棚田の水面に薄く氷が張っていた。

Img_2135


■撮影:2017年11月22日6:30/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2017年11月22日 (水)

初冬の棚田 (新潟県長岡市)

仕事が一段落したので、気分転換に同じ棚田で仕事前に二日連続朝写真。
リフレッシュするには、誰もいない所で写真を撮るに限ります。

■白畦棚田 (撮影:2017年11月21日6:47/新潟県長岡市)
昨日。
雲間から薄日が差し、棚田の水面が少し輝いた早朝。
Img_1902

■薄氷棚田 (撮影:2017年11月21日6:15/新潟県長岡市)
今朝。
棚田の薄氷に映った初冬の大気。
Img_2128

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

秋衣裳 (新潟県長岡市)

枯れ木が纏った秋の着物。

Img_0630

■撮影:2017年11月5日/新潟県長岡市


| | コメント (2)

2017年10月24日 (火)

森の舞台 (新潟県長岡市山古志)

主役は光。
助演は霧。
名脇役と言おうか陰の主役は、鋭角で直線の光芒を作った普段は地味な杉の森。

Img_0237

■撮影:2017年10月1日6:56/新潟県長岡市山古志

| | コメント (0)

目覚める森の村 (新潟県長岡市山古志)

優しい斜光の中に、画像の中段右手に集落が微かに浮かんできた。

Img_0216

■撮影:2017年10月1日6:49:新潟県長岡市山古志


| | コメント (0)

«大蛇 (新潟県南魚沼市)