2019年6月13日 (木)

村祭り(新潟県長岡市)

今年の祭りの初日は、雨が降ったり止んだり。
境内に夜の帳が下りてきて、画像右手の舞殿で奉納の舞いが始まった。
観客は町内の人とその縁者だけだろう。
町内の人のほとんどは、何らかの祭りの役を担っている。
子供も大人も、表方もいれば裏方もいる。
奉納舞を静かに観ていると、子供の頃の遠い記憶が蘇ってくる。 Img_1484

■撮影:2019年6月8日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

裏方(新潟県長岡市)

我町内の、小さな神社の小さな祭り。
表に出ることは滅多にないが、祭りには欠かせない存在。
二日間、お疲れ様でした。

Img_1463

■撮影:2019年6月8日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

出番前(新潟県長岡市)

昨日、一昨日と、町内の神社の祭り。
奉納の舞の出番前に、衣装を整えてもらっているのは幼馴染。
後ろは四つ先輩。
祭りに参加しながら、一年に一回だけの祭り撮影。

Img_1527

■撮影:2019年6月8日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

のぞきみ(新潟県十日町市 絵本と木の実の美術館)

ワクワク、ドキドキ。覗き見は楽しいね(^_^)

Img_9964

■撮影:2019年4月30日/新潟県十日町市 絵本と木の実の美術館

| | コメント (2)

2019年6月 4日 (火)

黄金の敷居(新潟市 豪農の館・北方文化博物館)

古民家の雑巾で拭き重ねられた敷居に、屋外の新緑を透過してきた光が反射して金色に。
微妙なアングルで、光は現れたり消えたり。

Img_1332

■撮影:2019年6月2日/新潟市 豪農の館・北方文化博物館

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

光の子(新潟県十日町市 絵本と木の実の美術館)

6歳の姉、3歳の弟、君らの未来もこうあってほしいね。

Img_9959

■撮影:2019年4月30日/新潟県十日町市 絵本と木の実の美術館

| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

霧の開拓田(新潟県小千谷市池ケ原)

田植え真っ最中の池ケ原集落の田んぼ。

夜中に湧き出た霧が広大な田んぼを覆い尽くし、そこからまた霧が引いて行ってまた全貌を現した。

時系列でアップ。

 

5:46/川霧の大地/ホワイトアウト状態から、川霧が少しづつ消えてゆく。鳥が一羽ファインダーの中に入ってきたので、咄嗟にシャッターを切った。

Img_0848

 

6:31/大蛇/信濃川から湧いた霧が、刻々と姿を変えながら大地の上を左から右へ流れてゆく。

Img_0962

 

6:34/天の雲 地の雲

Img_0970

 

7:02/川霧と水のステージ/霧の下は信濃川。田植えが終わったばかりの田んぼは、白く光っていた。

Img_1029

 

7:04/白い大河/大地を覆い尽くしていた霧は全て引いてこの光景。信濃川は霧の下。

Img_1036

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

無言  (新潟県三条市)

(また桜、季節外れで申し訳ありません)

兄と妹。
日の陰ってきた通りの桜を、二人で黙って見上げていました。

Img_8274

■撮影:2019年4月13日/新潟県三条市

| | コメント (2)

«異界 (新潟市西蒲区)