2024年3月20日 (水)

聖域

■デジタルカメラマガジン 2024年4月号選考<プリント部門>入選

選者(小林紀晴 )からのコメント

【講評】上品な用紙と写真の内容が良く合っています。A3の大きなプリントで、周囲のフチのバランスも適切。雪原と空が同じような明るさと色みで、わずかに境界線があり、その中央にポツンと木立が見えます。その上下がシンメトリーな点も面白いです。とても静かで音のない雰囲気がよく伝わる、落ち着いて見られる作品です。

Img_0984_lrc

■撮影:2016年2月7日/新潟県小千谷市

 

 

| | コメント (0)

2024年1月26日 (金)

冬の応援歌

■デジタルカメラマガジン 2024年2月号選考<プリント部門>入選

選者(岡田敦)からのコメント

【講評】夕暮れどきの山間を走る気動車のディーゼル音が遠くから聞こえてきそうな作品です。しんしんと降る雪の描写も美しく、フラッシュを意図的に発光させることで、近くに降る雪に光が当たり、それが無数の白い玉ボケとなり、幻想的な雰囲気を作り出しています。微粒面の半光沢の用紙と作品の雰囲気もよく合っています。 

Img_7095_lrc

■撮影:2020年12月14日/新潟県

 

| | コメント (0)

2023年9月21日 (木)

高校通学原風景

■デジタルカメラマガジン 2023年10月号選考 <プリント部門>佳作

選者(岡田 敦)からのコメント
【講評】北海道で生まれ育った僕にとって、雪の降る夜にともる駅の光はどこか懐かしく、写真を見た瞬間、遠い故郷のことを思い出しました。撮影地は新潟のようですが、この作品を見て、自分の故郷を思い出す方もいるでしょう。

Img_0773nr

■撮影:2021年12月19日/新潟県

1960年、高校通学の便宜を図るために地元住民の要望により再開した駅。
あれから63年、何人もの高校生がこんな風景を見て何かを感じながら通学して、そして大人になっていったに違いない。
小さな集落は、画像右の急斜面の下にある。

 

| | コメント (0)

2023年7月27日 (木)

花見提灯の風

■デジタルカメラマガジン 2023年8月号選考 <プリント部門>佳作

選者(岡田 敦)からのコメント
【講評】川面を渡る風に吹かれ、散った桜の花びらが美しい渦を巻いています。その渦の向こう側には紅白の提灯の明かりが映り込み、まるでいくつもの時が重なり合っているかのような、幻想的な雰囲気の作品に仕上がっています。

Img_8707_lrc

■撮影:2023年4月8日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2023年3月23日 (木)

18年目の冬

■デジタルカメラマガジン 2023年4月号選考 <プリント部門>佳作

選者(岡田 敦)からのコメント
【講評】雪が舞う冬の日にたたずむ1本の立ち枯れ。それは過去の震災を現在に伝えるものですが、天に向かって真っすぐに伸びるその姿は、祈りのようにも見えます。同じ構図で撮り続けることで、見えてくるものもあるでしょう。

_mg_5074

2004年の新潟県中越地震で、山の崩落で川が堰き止められて水没した杉の木です。

■撮影:2022年12月18日/新潟県長岡市 山古志地区

| | コメント (0)

2023年3月 2日 (木)

ゆきほたる(新潟県上越市)

Img_6857

■撮影:2023年2月25日/新潟県上越市 飯田邸(国登録有形文化財)

| | コメント (0)

2023年2月16日 (木)

降雪ホワイト(新潟県津南町)

絶え間なく降り続く粉雪に風景が霞んでいた。
_mg_5258_lr

■撮影:2023年1月2日/新潟県津南町

| | コメント (0)

2023年2月 7日 (火)

雪の降る街(新潟県長岡市)

Img_6021_lr

Img_6188_lr

Img_6231_lr

Img_6127_lr

■撮影:2023年1月22日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2023年1月21日 (土)

蘇る記憶

■デジタルカメラマガジン 2023年2月号選考<プリント部門> プリント佳作作品

選者(岡田 敦)からのコメント
【講評】柔らかな光が降り注ぐもやの中に、1本の木が真っすぐ立っています。被写体は、地震で川がせき止められたことで水没した杉の木。枯れてもなお倒れまいとするその姿に美しさすら感じます。

_mg_4017

■作品名:蘇る記憶

■撮 影:2022年11月19日/新潟県長岡市 山古志地区

2004年の新潟県中越地震で、川が堰き止められて水没した杉の木。
普段は震災のことは忘れているが、ここに来ると当日の記憶が鮮明に蘇る。
震災から18年経ったこの日、朝靄の中からようやく出てきた柔らかな光の中に立っていた。

| | コメント (0)

2023年1月 9日 (月)

春待ち納屋(新潟県津南町)

広大な畑に農具を保管する納屋が点在する風景。
雪が消え春になると農家の人が野菜の種を蒔き、しばらくすると、ここはどもまでも続くかのような緑の大地となる。

_mg_5269

■撮影:2023年1月2日/新潟県津南町

| | コメント (0)

2023年1月 5日 (木)

雪中ランナー

降雪に霞む道の向こうの坂の上に小さな黒い点が見えた。
黒い点がだんだん大きくなってきた。
どうやら誰かがこちらに向かって走ってくるようだ。
えっ!この雪の中をか!

_mg_5535

■撮影:2023年1月2日/新潟県津南町

| | コメント (0)

2022年12月 4日 (日)

通年禁漁区(新潟県魚沼市 銀山平)

作家の故開高健がこよなく愛した新潟県魚沼市の銀山平。
北ノ又川のここから上流は通年禁漁区で魚たちの楽園。

_mg_4145

■撮影:2022年11月26日/新潟県魚沼市 銀山平

| | コメント (0)

白い森(新潟県魚沼市)

落葉したブナの天然林。

_mg_4188

■撮影:2022年11月26日/新潟県魚沼市

| | コメント (0)

2022年12月 1日 (木)

落葉・・雪の季節が来る前に

豪雪地の深山の急斜面で、落葉した木々が輝いていた。
落葉は低温や凍結に弱い葉を落とし、休眠して冬を生きるための準備。
加えて、雪国では葉っぱに積もった雪で枝が少しでも折れないように自分を守るため。
自然の中で生きる草木の一本一本が愛おしい。

_mg_4201

■撮影:2022年11月26日/新潟県魚沼市

| | コメント (0)

2022年10月16日 (日)

祈り

自然光、間接光、テクスチャー。

_mg_3307

□撮影:2022年10月15日/新潟県糸魚川市 谷村美術館

| | コメント (0)

2022年10月 3日 (月)

時計時計時計・・・のむこうに見えるもの

天井から吊り下げられた無数の直径3cmほどの小さな時計。
全部の時計の秒針は動いて時を刻んでいた。
自分には未来は見えなかったけれど、過去の思い出がたくさん蘇ってきた。
先日あの世に旅立った親友の笑顔も。

↓ここで撮りました。
https://www.echigo-tsumari.jp/art/artwork/movements/

_mg_2344

■撮影:2022年9月25日/新潟県十日町市 越後妻有里山現代美術館

| | コメント (0)

2022年9月21日 (水)

叫魂

■写真雑誌「デジタルカメラマガジン」2022年10月号<デジタルフォト部門>準優秀賞作品

選者(ハービー・山口 先生)からのコメント
【講評】夏の定番である大輪の花火。今年は数年ぶりに復活した花火大会もあったようです。夏祭りの明るいイメージがある花火大会ですが、この作品の被写体は新潟県の長岡花火。昭和20年8月1日の長岡空襲の翌年から続く、新潟の人々の思いを背負った慰霊と平和への祈りの花火です。モノクロで花火の輪の形に強さがあり、星のように明かりがちりばめられています。パチパチと音がするという2つの大輪の花火の下には、平和な街の夜景が克明に写っています。

Img_2781_20220921173201

■撮影:2014年8月2日20:56/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2022年9月17日 (土)

想いサラサラ

すくった砂がサラサラと落ちる。
また、すくう・・・。

_mg_1707

■撮影:2022年9月11日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2022年9月10日 (土)

走馬灯

親友の顔が思い出される。

20200906_img_0573_lr_mono

作品名:走馬灯

| | コメント (0)

2022年6月16日 (木)

舞台裏 (新潟県長岡市)

2019年6月の町内の神社の祭りの一コマ。
「どうだい?」と、神に奉納する伝統芸能の世話役が御簾越しに問うた。
「髪を結ったらOKです」と答えたのは四つ上の先輩。
面を被っている幼馴染は無言。
この年以降、コロナウイルス禍で祭りは中止になっている。
今年も中止・・・。

Img_1527_20220616182001

■作品名:舞台裏

■撮 影:2019年6月8日/新潟県長岡市

| | コメント (2)

2022年6月13日 (月)

水無月たそがれ便 (新潟県十日町市)

単行気動車が、若苗田に灯りを映して走ってゆきました。

Img_9970

■撮影:2022年6月11日/新潟県十日町市 JR飯山線

| | コメント (0)

2022年6月12日 (日)

ヨイショ ヨイショ

この子、重くなったわ〜。^^
「大地の芸術祭2022」の一会場にて。

Img_9885

■撮影:2022年6月11日/新潟県十日町市松代

| | コメント (0)

2022年6月 6日 (月)

春の枯木コーラス

長岡市の最も標高の高い沼に新緑の季節がやってきた。
枯木が口を大きく開けて春の喜びの歌を歌ってた。^^
ラララララ〜♪♪

Img_7250

■撮影:2020年5月17日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2022年5月30日 (月)

時空への旅

時空への旅。
かつて、この民家には可愛らしい三姉妹が暮らしていたそうです。

↓ここで撮りました。
https://www.echigo-tsumari.jp/art/artwork/house_of_swings/

Img_9704_20220602115901

■作品名:時空への旅
■撮 影:2022年5月29日/新潟県十日町市

 

 

| | コメント (0)

2022年5月29日 (日)

誘う光

Img_9522_20220602120101

■撮影:2022年5月22日/新潟県長岡市・アオーレ(長岡市庁舎)

 

| | コメント (0)

2022年5月24日 (火)

来客

美術館に白いお客様がやってきた。^^

Img_9064_20220602162601

■撮影:2022年5月13日/山形県酒田市・土門拳記念館

| | コメント (0)

薫風

シラサギの繁殖期の飾り羽が、池を渡ってくる風になびいた。
シラサギは風に吹かれながら、ずっとそこに佇んでいた。

Img_9100_20220602162801

■作品名:薫風
■撮 影:20200年5月13日/山形県酒田市・土門拳記念館

| | コメント (0)

2022年5月21日 (土)

Inspiration

感じたらシャッターを切る!

Img_9052

■作品名:Inspiration
■撮 影:2022年5月13日/山形県酒田市・土門拳記念館

| | コメント (0)

2022年5月18日 (水)

五月の風

建築視察先での撮影です。

テラスの椅子に座って何もしない。
暑くもなく寒くもなく、五月の風が心地よい。

Img_9002

■作品名:五月の風
■撮 影:2022年5月13日/山形県鶴岡市・スイデンテラス

 

| | コメント (0)

2022年5月17日 (火)

こちらですよ

Img_8887

■作品名:こちらですよ
■撮 影:山形県鶴岡市・荘銀タクト

| | コメント (0)

«浮遊