トップページ | 良寛の歩いた道/乙子神社草庵(新潟県燕市) »

2008年11月 5日 (水)

良寛の歩いた道/五合庵(新潟県燕市)

写真の素人が、今日から写真ブログを始めます。
よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------------

■2008年11月2日/8:00〜10:30/晴れ/新潟県燕市国上(くにがみ)

良寛(1758年〜1831年)は新潟県三島郡出雲崎町に生まれた。
18歳、出家し同町の光照寺へ。
22歳、岡山県倉敷市の円通寺に修行に出る。
39歳、生まれ故郷に帰ってきた。

40歳から59歳まではここ五合庵に居住。
その後、直ぐ近くの乙子(おとこ)神社草庵に移り69歳まで暮らしたそうだ。
五合庵と乙子神社草庵の30年間程が良寛芸術の円熟期。
五合庵は良寛を研究する人にとっては聖地のような場所だ。
五合庵は建築的にどうこう言う必要のない建築のように思えた。
いい意味で普通の建築である。
清貧を信条とする良寛が普通に暮らしていた住まいである。
ただ、良寛を生んだ一要因は越後の気候風土にあると写真を撮りながら強く感じた。

近所のおじさんらしき人が、落葉の後片付けをしておられたので聞いた。
私:「なかに入って写真を撮ってもいいですか」
おじさん「見ての通り、なんも撮られるもんはないからいいよ」
私:「落葉掃除、大変ですね」
おじさん:「たくほどは かぜがもてくる おちばかな」だよ
私:「はあ?・・・」
おじさん:「なーんだ、しらないで写真撮ってたのかね。はははは。ほら、そこ」
って指差した先に、良寛の句碑があった。
落葉掃除、お疲れさまです。

Rimg0168h20cm

Rimg0132h20cm

Rimg0210h20cm

Rimg0174w20cm

Rimg0186h20cm
礎石と柱/光と影

Rimg0097w20cm
良寛もこの風景を見ていたのでしょうか

Rimg0126h20cm
屋内に舞い込んだモミジの葉


Rimg0191w20cm

|

トップページ | 良寛の歩いた道/乙子神社草庵(新潟県燕市) »

古建築」カテゴリの記事

良寛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527452/43019126

この記事へのトラックバック一覧です: 良寛の歩いた道/五合庵(新潟県燕市):

トップページ | 良寛の歩いた道/乙子神社草庵(新潟県燕市) »