« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

祈りの空間/谷村美術館(新潟県糸魚川市)

2008年も残すところ今日一日となりました。
ブログを初めて二ヶ月弱、拙い写真と記事にお付き合い頂きありがとうございました。
みなさまにとって、2009年がかけがえのない一年となりますよう心から祈念いたします。

撮 影:2006年7月30日/新潟県糸魚川市京ケ峰
建築名:谷村美術館
設 計:村野藤吾
*撮影には許可が必要です

Rimg0065w18

Rimg0076w18

Rimg0101w18

Rimg0109w18

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年12月30日 (火)

越後の冬景色/秋山郷

■2008年12月28日9:45/雪/新潟県中魚沼郡津南町秋山郷逆巻
本格的な雪景色が見たくなって秋山郷へ。
行ってみたら、ここの雪の降り方は半端ではなく雪が下から吹き上げてくる。
ホワイトアウト状態で写真にならない。
傘をさして写真を撮っていても、レンズに付けたフィルターにすぐに水滴がつく。
さっと水滴を拭いてはシャッターを切る。
それも毎回毎回だと、ちと根負け!

電線はこの先の一軒宿、逆巻温泉の川津屋に繋がっている。
雪で太くなった電線が営業と生活のための命綱のように見えた。
川津屋は日帰り入浴もでき500円。
下に見えるは猿飛橋。
Rimg0168h18

猿飛橋から覗いてみれば。
Rimg0039w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

カマキリ

2008年12月28日17:30/曇り/新潟県長岡市信濃/信濃川工事事務所のアンテナ塔

寒波到来で寒い。
信濃川の土手は風強し。
日が暮れて、市街地の灯りで鈍く光っているアンテナ塔を見上げてみたら、なにやら宇宙のカマキリに見えた。
露光時間30秒。
Rimg0338h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

小須戸の町屋/格子(新潟市秋葉区小須戸)

■2008年12月17日/新潟市秋葉区小須戸(旧中蒲原郡小須戸町)
打合せの帰り道に小須戸の商店街を車で通った。
長ーく続く格子が店と通りとの関係をつくっていて眼をひいた。
老舗らしいが、何を売っているかは看板が見当たらず不明???
店に入りたかったが時間もなかったので躊躇。
格子は日本の建築文化だ。

Rimg0237w18

Rimg0196w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

寒波

■2008年12月26日11:50/寒風強し、小雪/新潟県長岡市中央図書館脇の公園
今冬一番の寒波がやってきた。
まだまだ序の口だろうが。
今日は一日中風強く、寒い!
これからどのくらい雪が降るのだろうか。
スキー場は年末年始のかきいれ時を迎えてほっとしていることだろうが。

車から降りたら冷たい風がビューっと頬を突き刺した。
ウーッ!慌ててダウンジャケットのフードをかぶりしばらくじーっとしていた。
そしたらほんの、ほんの一瞬だけ雲間から太陽がのぞいた。
薄目をあけてちらっと横を見ると、木立がさらさらの雪の上に影をおとしていた。
慌ててカメラを車の中から取り出して、シャッターを切る。
太陽はすぐにまた鉛色の雲の中に隠れて二度と姿を見せることはなかった。
Rimg0001w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

サスティナブル建築

■2008年12月14日16:00頃/小雨/新潟県長岡市(旧和島村)

サスティナブル、十年以上も前から建築や都市計画では流行言葉だ。
サスティナブルとは、「持続可能」とか「環境を破壊しない(やさしい)」という意味で使っている。
でもこの建築は語っている、ずっと昔からサスティナブル建築だったことを。
外壁の雨板は傷んだとこだけ張り替える。
このつぎはぎ模様が、みっともないと思うか環境にやさしくて合理的だと思うか。
さて、あなたはどちら?
自分?サスティナブルで美しい建築がいいなー。

Rimg04512w18

最近、古くからある無名の建築、当たり前のごとくそこにある建築がすごく素敵に見える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

流れ着いたものは・・・

クリスマスにこんな写真で申し訳ありません。

■2008年12月14日14:45頃/曇り/新潟県の日本海
♪名も知らぬ〜遠き島より〜♪
流れ着いたのは、椰子の実じゃなくてたくさんのゴミ。
日本産も外国産もごちゃ混ぜ。
ここじゃないが、ある海水浴場ではシーズン前になると地元の小中学生と大人がゴミ拾いをすると新聞で読んだことがある。

Rimg0393w18cm

Rimg0369w18cm

Rimg0376w18cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

越後の近代建築/新潟県政記念館(重要文化財)

■2008年12月17日10:20〜11:40/晴れ/新潟県新潟市中央区一番掘通町
今日は所用で新潟市へ。
用事を済ませてから、すぐ隣にあった新潟県議会旧議事堂をちょっとだけ見学。
駐車場もあり入館料も無料。

議場。
もっと凛とした空間であったが、写真で表現するのは難しい。
Rimg0014w18

議長の椅子
Rimg0133w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

越後初冬/新潟県川口町峠-2

昨日の続きです。
■2008年12月22日7:30〜9:45/新潟県北魚沼郡川口町峠

午前7時半。
日の出後30分位の養鯉池。
Rimg0121w18

午前7時40分
Rimg01292h18

午前8時45分。
斜面にへばりつく杉の木。植林した木でしょうか。
Rimg0205w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

越後初冬/新潟県川口町峠-2

■2008年12月21日/晴れ/新潟県北魚沼郡川口町峠
今日は冬至。
一年のうちで昼間が一番短い日。
お日様が一年のうちで最も真東から南よりに昇る日。
ここのところ気温高く、川口町の雪もすっかり消えてしまった。
スキー場開きが出来ないところが多いとのことだ。
雪よ降れ!(雪が嫌いな人、スミマセン。自分は雪が好き!)

午前6時15分
Rimg00321h18

午前7時6分。
右の三つのピークは越後三山。
左から、越後駒ヶ岳、中の岳、八海山。
Rimg00822w18

なんだか写真の色が濁っているなー・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

越後初冬/新潟県長岡市比礼(旧栃尾市)

■2008年12月20日7:30頃/晴れ/新潟県長岡市比礼(旧栃尾市)
ここのところ古いまち並みを撮り続けていたらちょっと飽きた。
それも、雨、みぞれ、雪の日であるから写真はどうしても暗くなる。
そんな写真がブログに連続したので、今日は気分転換。

今朝は快晴。
棚田に氷がはっていた。
そそくさと撮って、打合せ先へ急行。

Rimg00822w18

Rimg00763w18cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

砂浜アート

■2008年12月14日15:00頃/曇り/新潟県長岡市寺泊/山田海岸
初冬の日暮れは早く、午後3時ともなると海にはだーれもいない。
車を止めて海岸を歩いてみれば、誰が描いたか sand art。
いつの時にも遊び心は忘れたくないものだ。

Rimg0440w18cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

越後のまち並み/山田集落-2(新潟県長岡市寺泊)

昨日の続きです。

■2008年12月14日13:30〜15:30/小雨、曇り/新潟県長岡市寺泊山田
今度は、国道から海の方に回り込んで、防波堤の上を歩いて行く。

防波堤の左は日本海。
漁師町だから当たり前であるが、海側には漁具置場など生業のための建築が連続する。
Rimg0357w18cm

甍。
Rimg0288w18cm

オッ!バルコニー?
物干?
ここで夕日を見ながらビール飲んだら旨いんだろうなー。
Rimg0304w18cm

ここにも過疎の波?
Rimg0318w18cm

柱の構築物の向こうの防波堤には大きな穴があいていた。
どうやら、船を右手の建物の地下?に直接入れられるようにしてあるらしい。
大波がきたらどうやって防御するんだろう??
Rimg0339h18cm

中央が出入り口。
その向こうは屋根のない中庭になっていた。
海風から暮らしを守る中庭か?
暮らしを楽しむ中庭か?
漁具を修理したりする中庭か?
中庭はどんなふうに使っているのだろう?
見てみたいなー。
Rimg0355w18cm

みんな色々と工夫して暮らしているんだなー。
いやー、まち歩きって楽しいなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

越後のまち並み/山田集落-1(新潟県長岡市寺泊)

■2008年12月14日13:30〜15:30/小雨、曇り/新潟県長岡市寺泊山田
日本海に沿って走る国道402号を寺泊港から南下し、郷本の集落を過ぎると次が山田の集落だ。
ここは小さな漁師町。

国道の右側の家並みは防波堤を介して海に接し、左側の家並みは山が直に迫っている地形だ。
妻入りの家が連続するまち並み。
曲がって消えてゆくまち並み。
この先に何が待っているのだろうと期待する景観だ。
真っ直ぐな道路よりも魅力的。
Rimg0277w18cm

曲げわっぱなんかを作っているお店だそうだ。
Rimg0271w18cm

屋根の軒下を板で囲って外壁と繋げている。
海岸部で時々見かける。
強風で屋根が吹き上げられないようにする工夫だろうか?
Rimg0240w18cm

大根干し。
初冬の風物詩。
Rimg0218w18cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

師走/越後長岡寺泊

■2008年12月14日10:00頃/曇り/新潟県長岡市寺泊/魚の市場通り(アメ横)

寺泊のアメ横、もとい、魚の市場通り(アメ横と言ってはいけないのだそうだ)はすごい人出。
週末祝日はいつ行っても観光バスもいっぱいであるが、初冬でオフシーズンなのにバスが次から次へとやってくる。
今日はお歳暮にカニを送った。
とはいっても、二十年近く送り続けているお一人だけ。
(カニじゃない人はこの記事見なかったことにしてくださいね)
自分で買ったかって?
いいえ、年末までおあずけ!
はあ〜・・・

Rimg0002w18cm

Rimg0056h18cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

越後のまち並み/郷本集落-2(新潟県長岡市寺泊)

■2008年12月14日12:10〜13:00/曇り、薄日/新潟県長岡市寺泊郷本
この時期、越後の風景写真を撮るには被写体探しが難しい。
そんな時、民家やお寺などの歴史ある建築やまち並みが格好の被写体となる。
雨、みぞれ、雪の日は越後の気候風土がにじみ出ていいのである。
という訳で、先週に続いて2週連続で郷本の集落を訪ねた。

日本海に沿って走る国道402号に面する郷本の集落。
道路の手前はすぐ海。
風雪の激しい海側(道路側)には車庫や納屋を配して、住まいはその奥に建てる。
長年の知恵だ。
そして住まいの背後はすぐに山。
道の両側に家を建てるだけの土地がないということだ。
こんな地形の集落は新潟県の日本海沿いにはけっこうある。
地形が宅地割りに影響し、住まいどうしの配置のしかたが集落内の人間関係にも影響を与える。
そんな地形や人間関係も含めてその土地独自の文化が創られるのだろう。
集落のあり方は面白い!
Rimg0074w18cm

国道から見る。
背後はすぐ山。
Rimg0080w18cm

こちらの民家も海側(道路側)に車庫、奥に住まい。
長ーい板の風除けが敷地を囲う。
Rimg0093w18cm

風除けからでた緑。
Rimg0129h18cm

緑は風除けから自然に出たのか、それとも家の人が出してやったのだろうか。
左手奥が日本海。
Rimg0175w18cm

風除けも大事、樹木も大事、住み手の優しさを感じる開口だ。
Rimg0185w18cm

人々の暮らしって、本当に素敵だ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

師走/ユウラクチョウ

■2008年12月3日/千代田区有楽町
♪・・・あなたと私の合い言葉〜有楽町で逢いましょう〜♪♪
今年10月に亡くなったフランク永井が歌っていた有楽町はこんなとこじゃなくて銀座側だとは思うが、自分の有楽町のイメージはこのガード下だ。
まだ、あった・・・
フランク永井に合掌。

「大当り!!続々でています」ときたか。
うーん、これも何かの縁、ということで買った。
Rimg0223w18cm

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年12月14日 (日)

良寛の歩いた道/空庵

■2008年12月7日12:00頃/雨、みぞれ/新潟県長岡市寺泊郷本
良寛が岡山県の円通寺での修行を経て帰郷したのが39歳。
帰郷して最初に仮住まいしたのが、ここ玄徳寺の境内にある場所だそうだ。
当時、すでに玄徳寺があったかどうかの知識は私にはない。
機会があったら、ご住職にでも聞いてみることにしよう。

空庵跡の石碑
Rimg0156h18cm

玄徳寺本堂
Rimg0173w18cm

屋根の雨落し
Rimg0187w18cm

柱と礎石
Rimg0214h18cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

越後のまち並み/郷本集落-1(新潟県長岡市寺泊)

■2008年12月7日11:00頃/雨、みぞれ/新潟県長岡市寺泊郷本
日本海に沿って走る国道402号を寺泊港から南下してしばらくすると郷本の集落はある。

素敵な車庫があったので車と止める。
道路の右側はすぐ海。
瓦屋根に雨板の外壁、塩害に一番強い民家のありかただと思う。
手前に板を立てた風除け。
厳しい気候から住まいを守る景観だ。
風除けの後ろには住まいがある。
Rimg0074w18cm

住まいを車庫の後ろに配し、さらに板の風除けを立て、風雪から家を守る。
実に合理的である。
手前の石碑から奥に入って行くと、良寛がかつて住んだ空庵の跡地がある玄徳寺通じる。
Rimg0089w18cm

風雪でシルバーグレー色になった車庫の木製扉。
いい味を出している。
スチールのシャッターではすぐにボロボロになる。
こちらも合理的、かつ美しい。
Rimg0119h18xm

車庫の木製扉のアップ。
引手も釘もステンレス。
Rimg0123w18cm

釘打ちのアップ。
丁重に製作された扉であった。
Rimg0129w18cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

MMTの家/竣工しました

■2008年12月10日
今年の3月から設計していたMMTの家(長岡市)は本日竣工し、クライアントに引き渡しました。
クライアントのMさんはもとより、ご協力頂いた工事関係者の皆様に心より御礼を申し上げます。

敷地面積=30坪、建ぺい率=50%、容積率=100%、おまけに第一種高度地区の敷地条件。
その敷地に、車3台、大人4人の個室が4つ、LDK、水回り、玄関その他で面積的な余裕はゼロ。
建ぺい率も容積率も許容一杯のタイトな設計でした。
竣工パーティーにはご招待頂けるとのことなので、喜んで頂けたようで一安心です。
(詳細は後日ホームページにアップします)

Rimg0097w20cm

Rimg0268w20cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

越後のまち並み/久田集落-2(新潟県出雲崎町)

昨日の続きです。

■2008年12月7日15:00〜16:30/雨、みぞれ、後晴れ/新潟県三島郡出雲崎町久田(くった)
みぞれ混じりの雨が降る中、傘の柄を首に挟みながらの撮影は続く。
海沿いの見学から今度は、海沿いの国道から一本中の通りを歩く。

風除けは亜鉛メッキした穴明き折板。
道路の風雪除けによく使われているヤツだ。
住民の方に聞いたらこれは役場で設置したのだそうだ。
萱や木の板の風除けはいいが、折板の風除けもこれはこれでいいかな?なんて思った。
時代は変わるのだから。
Rimg03412w18cm

納屋にぶら下がっていた赤ナンバン。
みぞれが降り鉛色の空ばかり見ていたので、赤い色にハッとした。
Rimg0332w18cm

干し大根
Rimg0359w18cm

茅葺き民家がもう一軒。
Rimg0366w18cm


さーて、ここからが今日のハイライト。
天候急変で、みぞれから一転してお日様が顔を出した。
ここまでは記録写真を主体に撮っていたが、ここからは好きにさせてもらう!
記録写真はおしまい!
感動したところだけを思うままに切り取る。

手前の竹がパッと劇的に輝いた。
Rimg0395h18cm

横を見たら民家の西面だけに光が
Rimg0402w18cm

輝いている民家の向こうには小高い丘が。
登れるのか?
光よ、消えるなよ!
駆けて駆けて薮を掻き分けて丘に駆け上って、ハーッ、ハーッ。
そしてまちを見下ろせば、
Rimg0431w18cm

同じ丘の上から眼を転ずれば、
Rimg0434w18cm

あー、こんなチャンスは二度とないかもしれない。
気が急く!
今度は丘を駆け下って、迂回して田んぼの方へ行くと、
西日を浴びた民家の壁が浮かび上がっていた。
正面に海とまもなく沈み行く太陽。
Rimg0450w18cm

同じ場所から少しアップして
Rimg0459w18cm

急げー!日が沈むー!
来た道を、日の入りを撮りに海へ向って駆ける、駆ける。
間に合ったー!とほっとしながら撮った落日。
よーし、グッド!となるはずが、ゴーストが出ていて全てパー。(ガッカリ!!!)
カメラ、修理に出さないとやっぱりダメだ!
という訳で、ラスト写真は日没後の残照。
Rimg0502w18cm

いやー、まち歩きって楽しいなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

越後のまち並み/久田集落-1(新潟県出雲崎町)

■2008年12月7日14:15〜15:00/雨、みぞれ/新潟県三島郡出雲崎町久田(くった)
久田の集落は、日本海に沿って走る国道402号沿いにある。
漁業ではなく農業を生業とする集落だ。
今日はみぞれまじりの雨が降っていて冷たくて濡れる。
まち歩きには最悪の天候だがこれが越後の気候だ。
越後の民家や集落の成り立ちを理解するにはこんな天気の時が最適だ。
と、頭ではわかるが、やっぱり晴れた日がいいなーと意思の弱い自分がいる。

国道沿いの景観である。
道路右手が海。
瓦屋根に雨板の外壁。
ここら辺でよく見られる塩害に強いつくりで合理的だ。
風除けはブロック塀。
真ん中上に茅葺き屋根が見える、珍しや!
Rimg02212w18cm

同じく国道より見る。
道路の手前が海。
風除けは木の板。
真ん中の建物と奥の茅葺き屋根の民家は同じ家。
Rimg02232w18cm

さっきの茅葺き民家。
左手奥が海。
木の風除けが民家を守る。
Rimg0263w18cm

茅葺き民家の正面。
玄関は強風を避けて海に背を向けて配置。
屋根は出雲崎町内の茅葺き職人が一人で葺いているのだそうだ。
一人で葺くから、屋根を全部葺き替えるのに10年かかったとここのおばあちゃんが言っていた。
茅葺き職人がいなくなったらどうするんだろう?
Rimg0257w18cm

さて、海沿いの国道に戻って、別の民家。
道路の手前側が海。
風除けは萱。
萱はすぐそこの山からとってくるのだそうだ。
Rimg02772w18cm

海沿いの民家をもう一軒。
屋根は茅葺きの上に鉄板を被せている。
左奥が海。
Rimg0300w18cm

前の民家の風除けの裏側(?)。
向こう側が海。
左奥にちょこっと海が見えていますが、わかりますか。
Rimg0309w18cm

傘の柄を首に挟んでの撮影はなかなか大変だけれど、これまた楽し。
背中にしょったザックはびしょ濡れだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

残り柿

■2008年12月7日9:00/雪/新潟県長岡市寺泊田尻

秋口から撮ってみたいと思っていた柿の木だ。
旧長岡市内は昨晩から雪だったので、柿の実の上に雪が載ったカットが撮れるかななんて思い、今朝いそいそとでかけてきたがここら辺に雪はない。
熟した柿の実をたくさんの鳥が食べていた。
すると突然雪が激しく降ってきた。
慌ててカメラをセットして数枚撮る。
Rimg00062w18cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

東京国際フォーラム-2

昨日の続き。
今日はディテールをアップする。

Rimg0118w18cm

Rimg0062w18cm

Rimg0107w18cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

東京国際フォーラム

■2008年12月3日/東京都千代田区丸の内
東京国際フォーラム(設計:ラファエルヴィニオリ、新建築1996年8月号)は劇場、展示場、会議室等からなるとてつもなく大きな複合施設である。

プラザの様子。左がガラス棟で右が劇場棟。プラザは開放されていて通り抜けできるところがミソ。向こうに行くと有楽町駅、手前が東京駅側。今回は、会議室等があるガラス棟のみを見学した。
Rimg0245h18cm

プラザで絵を描く人。数人いたから建築科の学生らしい。
Rimg0228w18cm

屋台もでていた。
Rimg0236w18cm

さて、建物の中に入って最上階の7階。一番奥の7階から左側はスロープになっていて1階まで下りられる。右側は会議室等。双方を6階、5階、4階でブリッジで繋いでいる。一番下のフロアーは地下1階で誰でもが自由に通り抜け出来る。これは建築というより街路のスケールだ。
Rimg0129h18cm

ブリッジのアップ。
Rimg0116w18cm

7階からスロープで下りてゆく。
Rimg0136w18cm

スロープの途中、6階のブリッジ部。
Rimg0084w18cm

ブリッジから下を見下ろすと。
Rimg0086w18cm

スロープをどんどん下り、2階まで下りて見返すと。
Rimg0155w18cm

スロープを折り返し1階へ。そこからエスカレーターで下りていたらこの風景。
Rimg0197h18cm

地下1階から見上げると。
Rimg0200h18cm

次は今回の写真ではなく、2008年3月30日午後9時過の撮影です。
Rimg0323w20cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

トーキョー

■2008年12月3日/東京都千代田区丸の内/東京国際フォーラム

女性が歩いて来た。
たぶん美人!

Rimg01732h20cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

越後晩秋/新潟県小千谷市塩谷-3

■2008年11月24日12:30頃/曇り/新潟県小千谷市塩谷
紅葉の時以外にこの山道を通ったら、きっと何にも意識しないで通り過ぎるのだろうな。

紅葉は冬を前にした木々の自己主張かもしれない。私、きれい?ってね。
Rimg0352w18cm

崖地にしっかりと根を張って生きている木。すごいなー。
Rimg0391w18cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

越後晩秋/新潟県小千谷市塩谷-2

■2008年11月24日13:15頃/曇り/新潟県小千谷市塩谷

Rimg0457h18cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

越後晩秋/新潟県小千谷市塩谷-1

■2008年11月24日12:00頃/曇り/新潟県小千谷市塩谷
黄葉が終わらないうちに雪。
ファインダーを覗いていると、風もないのにハラハラとカエデの葉っぱが雪の上に舞い降りる。
だーれもいない、この静寂がたまらなくいい。

Rimg0341h18cm_2

Rimg0329w18cm_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

晩秋の晴れ!

■2008年11月29日12:00頃/晴れ/新潟県長岡市豊詰町/豊詰公園

この日は久しぶりに晴れ!
気持ちいい〜!
防寒着を着ていると暑い!
現場で電気屋さんと打合せの後、すぐ隣の公園で首が痛くなるほど上を向いてパチり。
写真にゴーストが出ているが、気分がいいのでヨシとします。

Rimg0030w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

KJ法でデザイン会議

■2008年11月27日
この日はチーム・テラのデザイン会議。

K:「じゃ〜、KJ法でやってみよう。課題は○○、時間は15分間だから10時半までね」

という訳で、各自ポストイット1枚につき1回答を思いつくままに書いてゆく。
ここでは、できるだけたくさんの案をだすことが大事だ。
最初はポストイットにすらすら書いているが、そのうち、
O:「○○、○○と・・・」と課題をぶつぶつつぶやく。
W:手を休めて外に眼をやり思案顔。
M:自席でシャカシャカ書いているらしい。
K:調子良くスラスラと書いている
俺:両目を手で塞ぎ回りが見えないようにして思案中。

しばらくして、
K:「あと1分だよ。」、さらに「15秒前」、そして「はい終了」

この後は、各自が書いたポストイットを出しっこして、
同じ内容のものをグルーピングして、課題に対して回答もしくは方向性をみつける。
この日はこの作業を2回やった。
回答がでない場合もあるが、それはそれで熟成期間が必要だということがわかる。

Rimg0024w18cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »