« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

山、目覚める/新潟県魚沼市柿の木

■2009年4月29日13:15/小雨/新潟県魚沼市柿の木

目覚めたばかりの木々。
まだまだ頼りない程の萌黄色。
Rimg0067w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

タンポポ

■2009年4月26日12:45/曇り/新潟県魚沼市

仲良し
Rimg00512w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

あかり/新潟県長岡市寒沢

■2009年4月26日18:40/小雨/新潟県長岡市寒沢(旧栃尾市)

まもなく光のない夜がやってくる。
小雨が降っていて寒く、車のヒーターを入れて運転していた。
山間の民家にあかりが。
ほっとして車を停めた。

Rimg02652w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

越後春景/大白川(新潟県魚沼市)-3

昨日の続きです。
2009年4月19日の7回連続シリーズは、今日がラストです。

■2009年4月19日/晴れ/新潟県魚沼市大白川

山の夕暮れは早い。
ブナ林で撮影していたら、早くも午後4時半頃にはお日様は山の向こうに隠れてしまった。
撮影にケリをつけて、車一台通らない細い林道を運転して行く。

16:40
小さな峠を越えたら、西日を受けている芽吹いたばかりの木が目にとびこんできた。
黄緑色に春感じ。
Rimg0797w18

17:00
こんどは、名もなき沢を発見。
またカメラの電源を入れてしまった。
もう二度と会えないかもしれないから。
Rimg0853h18

17:40
林道を下りきって、大白川集落の一番外れについた。
ここまで来れば一安心。
さー、帰るぞーと思ったら、こんどは淡ーい夕方の斜光線の中、民家の桜が印象的。
桜がズラー っと咲いている名所での花見もいいけれど、個人的にはこんな風景の桜が好きだ。
今年は長岡で絶好の満開の桜を撮り損なったせいか、この桜を見たら何か心安らいだ。
今年の桜の撮り納めにしよう!(たぶん)
Rimg0925w18


鉛色の暗雲が垂れこめる日が多い越後の冬から、光も空気も花も木々もパッと劇的に変化する春へ。
越後の冬景色も好きだが、春爛漫の越後もいいよなー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

越後春景/大白川(新潟県魚沼市)-2

昨日の続きです。

■2009年4月19日/晴れ/新潟県魚沼市大白川

ブナ林に入ってみた。
雪は去年よりずっと少ない。
誰もいない。
怖いから熊除けの鈴をザックに付けて撮影。
チリリン、チリリンと頼りない音でも無いよりまし。
誰れにも会わない、一人だけの時間。

15:15
Rimg0649w18

15:40
ブナの芽吹きがチラホラと。
Rimg0696w18

15:50
これから田畑を潤す雪解け水。
この小さな沢から流れ出た水は→破間川→魚野川→信濃川→日本海へ。
そして日本海上で蒸発して、またこの地に雨や雪となり帰ってくる。
永遠に続く自然の循環。(と思いたい)
Rimg0712h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

越後春景/大白川(新潟県魚沼市)-1

昨日の続きです。

■2009年4月19日/晴れ/新潟県魚沼市大白川
大白川集落を抜けて、山中の浅草岳山麓にある新潟県立浅草山麓エコミュージアム方面を目指して行くが、洞窟風呂(現在休館中)のちょっと先で行き止り。(道路除雪が済んでいない)
除雪が済むと、岩魚狙いの釣り人、山菜採りの人、そして写真愛好家も入山することとなる。
マナーを守って楽みましょう!

13:00/破間川と黒姫山。
Rimg0512w18

14:00/破間川ダム湖
Rimg0600w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

越後春景/新潟県魚沼市

昨日の続きです。

■2009年4月19日/晴れ/新潟県魚沼市

10:10頃/旧堀之内町
茅葺民家発見!越後の春だ!
Rimg03972w18

11:30頃/旧守門村
一本桜!
Rimg04312h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

越後春景/新潟県魚沼市竜光(旧堀之内町)

昨日の続きです。

■2009年4月19日8:00〜10:00/晴れ/新潟県魚沼市竜光(旧堀之内町)
小千谷市塩谷から魚沼市竜光集落へ。
中越大震災の被災地も春爛漫。
越後の春の田舎はどこもこんな風景。
冬から春へ、嬉しいね!

復興へと一つになりて 絆深まる。
復興に感動 支援をありがとう。
Rimg02481w18

Rimg0243w18

民家の池。家の人にお願いして写真を撮らせてもらいました。
Rimg0340h18

Rimg0356w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

越後春景/新潟県小千谷市塩谷

昨日の続きです。

■2009年4月19日7:30頃/晴れ&霞/新潟県小千谷市塩谷
山古志から小千谷市の塩谷へ細く曲がりくねった県道を行く。
中越大震災の跡が、まだあちこちに・・・。

Rimg0228w18

Rimg0231w18

Rimg0235h18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

越後春景/新潟県長岡市山古志

久しぶりに早朝から写真を撮りに出かけました。
長岡市山古志→塩谷(小千谷市)→旧堀之内町(現魚沼市)→大白川(現魚沼市、旧入広瀬村)です。
越後の春爛漫を満喫した風景、数回に分けてアップします。

■2009年4月19日/晴れ&霞/新潟県長岡市山古志
春霞たなびいて、早朝だけれど暖かい。
木々も芽吹き始めパステルカラー。
風景のコントラストには乏しいけれど、こんな一日の始まりもいいものだ。

6:10
Rimg0089w18

6:25
Rimg0117w18

7:00
Rimg0214w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

散桜/今宮公園(新潟県長岡市)

ここのところほとんど写真を撮っていません。
今年の桜撮影は咲き始めにちょっと撮っただけ。
長岡市街地の満開の桜も、なんだかんだで撮り損ないました。(ちと寂し!)

一年前の写真です。
■2008年4月18日/薄日/新潟県長岡市/今宮公園

Rimg00642w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

越後の春景色/山本山高原(新潟県小千谷市)

一年前の写真です。

■2008年4月6日/晴れ/新潟県小千谷市/山本山高原・大沢ポケットパーク
日の出直後。
光が信濃川と魚野川の合流地を照射した瞬間にシャッターを切りました。

Rimg00692w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

茅野市民館

■建築名:茅野市民館
■設 計:古谷誠章
■場 所:長野県茅野市
■資 料:新建築2005年11月号
■撮影日:2008年5月5日7:45〜10:55

図書室、美術館、劇場、音楽ホールが一緒になった複合施設です。
この建築の最大の長所は、駅と直結している事です。
JR茅野駅の連絡通路から直接この施設に入れます。
プラットホームからも施設の中が見えます。
プログラムの勝利ですね。

左の硝子棟が図書室で、その向こうにJR茅野駅のプラットホーム。
中庭の奥の棟が劇場。
右の棟の1階が美術館で、2階が音楽ホール。
(写真では見えないが)駐車場の右に街路が走っている。
要するに、線路-施設-街路、と連続しています。
Rimg0233w18

駅の東西を結ぶ連絡通路から見る。
硝子のところが図書室。
電車を利用する高校生なんかが、時間があるからちょっと寄ってこうかなとか、施設で待ち合わせしよう、なんてことになりそうですよね。
Rimg0005w18

2階の連絡通路から中に入ると直ぐ図書室。
スロープの右手が図書室で、左手が線路。
スロープを下っていった突き当たりが劇場で、そこを右に折れると美術館と音楽ホール。
Rimg0136w18

前の写真の見返し。
スロープの左が図書室、正面が連絡通路の出入り口、右が線路。
Rimg0149w18

図書室。
午前9時の開館直後。
Rimg0154w18_2

美術館は街路側に開かれています。
Rimg0198w18

劇場と音楽ホールは突然の見学申し込みだったので職員の方の手が足りず見れませんでした。
事前に見学申し込みをすればOKだそうです。
音楽ホール、劇場とも稼働率はなかなか良いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

川上村林業総合センター「森の交流館」

■建築名:川上村林業総合センター「森の交流館」
■設 計:飯田善彦
■場 所:長野県南佐久郡川上村
■資 料:新建築1997年9月号
■撮影日:2008年5月5日16:10〜17:00

建築雑誌に発表された時から見たいと思っていた建築でした。
川上村は千曲川源流のある山深い村。
村の森林の60%以上がカラマツなのだそうです。

左棟が林業展示とレストラン、正面がエントランス、右棟は森林組合事務所。
Rimg0378w18_2

森林組合事務所棟。
外壁はカラマツ南京下見板と銀色折板。
折板をこんな風にも使えるのですね。
Rimg0382w18

アプローチから見る
Rimg0383w18_2

屋外と屋内を結ぶ中間領域の軒下空間
Rimg0384w18

展示室。
「カラマツLVL(柱・梁)+鉄筋ブレース」のハイブリッド構造。
階段はスチールで吊っている。
Rimg0413w18

屋外テラス。
ルーバーはカラマツ。
ビヨーンと跳ね出したスチール階段が美しかった。
Rimg0397w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

岐阜県立飛騨牛記念館

■建築名:岐阜県立飛騨牛記念館
■設 計:北川原温
■場 所:岐阜県高山市
■資 料:新建築2003年2月号
■撮影日:2008年5月3日16:15〜16:50

格子構造の木造建築です。
岐阜県畜産研究所内に建っていて、見学の対応は研究所の職員の人が対応してくれました。
見学者は自分らだけ。

Rimg0376w18

格子が構造と意匠を兼ねる。
屋内は硝子に和紙フイルム貼り。
Rimg0361w18

屋外から見た格子のアップ。
屋外側から、硝子+木製格子+硝子(和紙フィルム貼り)。
格子のピッチは縦横共に455mm。
格子の中に、90mm角の木製斜材を白く塗装した雲型の合板で両面から挟み込んでいる。
Rimg0381w18

外のスクリーンの格子。
雲型の合板の中に90mm角の斜材。
Rimg0383w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

建築家展

■2009年4月11日&12日/新潟市

住宅の建築家展に参加してきました。
開催両日は新潟県内のどこも桜が満開、おまけに土日とも快晴で絶好の花見日和。
そんななか、お越しいただいた皆様に感謝申し上げます。

Rimg0012w18

自分のコーナーです。A1の大きさのパネルが5枚、模型が3つ、その他ポートフォリオ等。
Rimg0007w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

キース・ヘリング美術館

■建築名 :キース・ヘリング美術館
■設 計 :北川原温
■場 所 :山梨県北杜市小淵沢町
■資 料 :新建築2007年7月号
■撮影許可:受付で(鑑賞者が多い時は屋内撮影はNGとのことです)
■撮影日 :2008年5月5日13:00〜14:30

アメリカのアーティスト、故キース・ヘリング。
彼のシンプルでわかり易い絵はユニクロのTシャツにもなっているが、メッセージ性は大で私も好きです。
暗から明へ、絶望から希望へ、そんな事を感じさせてくれる美術館です。

駐車場に車を置き、森の中の小道を歩いて行くと建物が見えてきます。
Rimg0256w18

エントランスに入って振り向くとこのコート。
正面硝子の奥がエントランスホール。
Rimg0300w18

さて、展示室に向います。
まずは暗闇のスロープを下りてゆきます。
暗闇の上に床が傾斜。
手探り状態で歩きます。
不安。
Rimg0283h18

暗闇のスロープを下りてきて、最初にでた展示室がここです。
展示室の名前は「闇」。
Rimg0356w18

展示室「闇」から黒いビニールがぶら下がった通路を行きます。
正面に展示室「ジャイアントフレーム」。
Rimg0360h18

最後の展示室。
展示室の名前は「希望」。
赤と黄色のフィギア、何んで踊っているのでしょうか。
いかようにも想像できますね。
Rimg0292w18jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

ヒメオドリコソウ/今宮公園(新潟県長岡市)

■2009年4月9日7:00頃/晴れ/新潟県長岡市/今宮公園

越後の春は、待ってましたとばかりに、いろいろな花や山野草が一気に咲きます。
ヒメオドリコソウもその一つ。
この時期、ちょっと散歩をしただけで、陽当たりのよいところでよく見かけます。
ヨーロッパ原産の越年草です。

Rimg0083w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

お父さ〜ん

■2009年4月9日6:30/晴れ/新潟県長岡市/今宮公園

「お父さ〜ん」の声に思わず反応し振り返ってしまいました。(苦笑)
懐かしい響き、久しぶりに聞きました。
少女の先には犬を散歩させている本当のお父さんが。

Rimg00344w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

いよいよ、サクラ/今宮公園(新潟県長岡市)

■2009年4月9日7時頃/晴れ/新潟県長岡市/今宮公園

桜、一気に開花しそうです。
今週末が見頃のようです。
自分、今週の土日は所用で花見に行けず。(泣)

Rimg0065w18

Rimg0051w18

Rimg0101h18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

虚像・実像/新潟県立近代美術館

■2009年4月5日11:30頃/新潟県長岡市/新潟県立近代美術館

Rimg0066h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

ぽかぽか/千秋が原ふるさとの森(新潟県長岡市)

■2009年4月5日12:00頃/晴れ/新潟県長岡市/千秋が原ふるさとの森

越後長岡も春になりました。
あったかいなー。

Rimg0118w18

Rimg0152w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

もうちょっと/今宮公園(新潟県長岡市)

■2009年4月5日8:45/薄日/新潟県長岡市/今宮公園

桜、今週は天候がよさそうなので週末には見頃になるかしら。

Rimg0031w18

Rimg0018w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

流水夕照/五辺の水辺(新潟県小千谷市)

■2009年4月5日17:30頃/晴れ/新潟県小千谷市高梨町/五辺の水辺


Rimg0158h18

Rimg0098w18

Rimg0026w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

新芽/悠久山公園(新潟県長岡市)

■2009年4月4日8:45/新潟県長岡市/悠久山公園

15分ほど公園内を散策。
撮影後、すぐ近くの打合せ場所へ急行。
バックの赤いボケは椿です。

Rimg0036h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

まち並み/飛騨古川

■撮影日:2008年5月3日18:00〜18:45
■場 所:岐阜県飛騨市古川町

高山市の隣の飛騨古川。
町に到着したのが午後6時、それから日没まで優しい斜光に包まれていました。
こちらのまち並みも高山と同様に美しい。

白壁土蔵と瀬戸川。 白と黒。
Rimg0399w18

Rimg0406w18

民家の格子に花一輪
Rimg0437w18

真ん中の白い漆喰塗の民家は美容院。
「古川町景観デザイン賞」受賞のサインが入口に張ってありました。
Rimg0420w18

右手前の店は、NHKの連続テレビ小説「さくら」の舞台になった「三嶋和ろうそく店」。
Rimg0427w18

日が落ちて、風に翻る鯉のぼり 。
こんな風景を見て育った子は、きっとこのまちが好きになるのだろうなー。
Rimg0443w18

見学時間は40分だけ。
こんどはもっとゆっくりと散策したいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

まち並み/飛騨高山-3(日下部民芸館)

■撮影日:2008年5月3日9:00〜10:45
■場 所:岐阜県高山市
■建築名:日下部民芸館(重要文化財)

日下部民芸館の入口に外国人美女が一人。
Rimg0099w18

高窓からの光を受け、刻々と陰影と色合いを変える架構。 見ていて飽きません。
Rimg0162w18

Rimg0151h18

昨日アップした吉島邸は高窓からの自然光だけで小屋組架構が浮き上がっていましたが、この日下部民芸館はスポット照明でライトアップしています。
私見ですが、自然光だけのライティングの方が架構システムが素直に浮かび上がり好ましいようです・・・。
Rimg0177w18

Rimg0144w18

Rimg0147w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

まち並み/飛騨高山-2(吉島家住宅)

■撮影日:2008年5月3日10:45〜11:45
■場 所:岐阜県高山市
■建築名:吉島家住宅(重要文化財)

1970年代の半ば過ぎ、学生時代に学んでいたのは、ほとんどが現代建築でした。
幸い学校が首都圏だったので、現代建築の見学はそこそこし感動もしました。
古い建築も建築史なんかの授業で学んではいましたが、教科書なんかの小さな写真じゃ迫力不足でその魅力も価値も全然わかりませんでした。
さりとて、貧乏学生が電車に乗って京都や奈良に建築見学へ行けるはずもないし、運動部だったので時間もありませんでした。
学生生活最後の年、部活を引退したので夏休みに高山に初めて行きました。
そして、吉島邸へ入りました。
アッ!と息をのんで、高窓から射す光に浮かび上がっている木造架構の美しさに呆然とし動けなくなったことを今もはっきりと覚えています。

Rimg0188w18

梁と束から構成された立体格子。
高窓からの光を受けて陰影と色合いを刻々と変える。
Rimg0192w18

Rimg0195h18

Rimg0200w18

Rimg0244w18

Rimg0250w18

Rimg0223w18

Rimg0254w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

まち並み/飛騨高山-1

■撮影日:2008年5月3日8:30〜14:30
■場 所:岐阜県高山市

学生の時以来、30年ぶりに高山を訪れました。
建造物郡保存地区を歩く。
高山市の主産業がなんであるか知りませんが、観光が大きなウエートを占めている事は間違いないようです。
とにかく人が多い!
魅力的な建築やまち並みは文化を創り人を呼びます。
そして、誤解を恐れずに言えば金を生みます。
京都、金沢、パリもローマも。
ならばどこの地方でもやればいいのですが、どっこいまち並みを作るには長い年月が必要なのです。


午前8時半、下二之町を歩き始める。
朝市には沢山の観光客がいたが、この通りにはまだちらほら。
このまちの凄いところは、普通の民家が並んでいる事です。
Rimg0040w18

ちっちゃなお店の玄関先。
郵便受、消火栓、ホース格納箱。
Rimg0065w18

普通の民家。
Rimg0270w18

先程の民家の入口。
奥まった玄関にはサインが。
「STOP!ここは美術館ではありません(This house is not MUSEUM)」
外国人が間違えて入ってしまうのかな???
確かに外国人の観光客は多かった。
Rimg0269w18

こちらも普通の民家。
小さいけれど存在感あり。
Rimg0274w18

先程の民家の入口。
真っ白い玄関戸。
ハンドメイドらしき郵便受けも黒。
Rimg0275w18

朝の8時半から歩き始め、お昼を食べてまた歩き、まちをほぼ一回りして午後2時。
上三之町伝統的建造物群保存地区に入ったら、ギョ!ウワー!スッゴイ人出だー!
Rimg0340w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »