« 越後のまち並み/小白倉集落・春(新潟県十日町市) | トップページ | 越後のまち並み/荻ノ島集落(新潟県柏崎市高柳町)-2 »

2009年5月28日 (木)

越後のまち並み/荻ノ島集落(新潟県柏崎市高柳町)-1

■撮影:2009年5月24日17:00〜19:30/曇り→小雨/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

荻ノ島集落は豪雪地の農山村だ。
民家や農機具置場などが田んぼを囲んで環状に点在する「環状集落」だ。
ヨーロッパなどでは、広場や教会が中心にある環状集落は多くあるが、日本ではめずらしい。
中門造りの茅葺き民家が多く、春夏秋冬と美しい集落はカメラマンにも人気のスポットだ。
住民の方にお聞きしたら、民家は30数軒あるそうだが、10軒ほどが空家になったそうだ。

写真を撮りながら環状集落のメリットを考えていた。
メリットの一つは、真ん中の田んぼ越しに複数の民家が見え、お互いの様子がわかること。
「○○どんの家は灯りが消えたから、もう寝たかな」とか。
集落コミュニティーの形成には役立っていそうだ。
真ん中の田んぼを広場・公園・集会場・学校・などに置き換えれば、現代の住宅地や集合住宅のコミュニティー形成にも応用できる。
Rimg0575w18

○撮影日:2005年2月5日(この写真のみ)
冬はこんなです。
Dcp04770w18

環状集落のメリットをもう一つ。
下の写真のように、道路は円弧を描きながら曲がって消えてゆき景観の変化に富む。
道路の消え去るところは必ずアイストップになる。
Rimg0480w18

Rimg0487w18

上の写真の民家の右側をアップ。
右側1階の落し板が入っているところ(1間巾)と掃き出しのガラス戸(1間巾)が入っているところは、以前見学した夏には開け放されていた。
これも越後では「雁木」と呼ぶ。
雁木は積雪時に屋内と屋外との緩衝帯の役割を果たす。
雁木は民家の知恵。
Rimg0517w18

茅葺きの里に夜がきた
Rimg0612h18

|

« 越後のまち並み/小白倉集落・春(新潟県十日町市) | トップページ | 越後のまち並み/荻ノ島集落(新潟県柏崎市高柳町)-2 »

まち並み」カテゴリの記事

民家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527452/45128547

この記事へのトラックバック一覧です: 越後のまち並み/荻ノ島集落(新潟県柏崎市高柳町)-1:

« 越後のまち並み/小白倉集落・春(新潟県十日町市) | トップページ | 越後のまち並み/荻ノ島集落(新潟県柏崎市高柳町)-2 »