« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

越後の民家/猿沢(新潟県村上市)

■撮影:2009年6月18日14:30〜16:00/小雨/新潟県村上市猿沢(旧朝日村)

猿沢は、新潟県の村上から山形県の庄内地方に抜ける出羽街道の宿場町として栄えた集落である。
集落の中央を通る街道と水路を挟んで、切妻屋根で妻入りのまち並みが続く。
昭和14年(1939年)の大火後に建て替えた家がほとんどとのことで、古い民家で築70年程らしい。

下の写真の民家が、この集落のプロトタイプのようだ。
船枻造りの屋根は軒の出が深く、真壁で小屋組を現した妻壁。
1階に下屋をもち、右側に玄関、左側に格子。
Rimg0437w18

上の写真と同じ民家
Rimg0425w18

Rimg0463w18

まち並み
Rimg0407w18

こちらは比較的新しい家。
外観デザインは伝統を継承。
Rimg0376w18

破風板に唐草模様の掘込み
Rimg0454w18

蔵もある
Rimg0445w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

初夏のカエデ(新潟県魚沼市大白川)

■撮影:2009年6月21日17:00/晴れ/新潟県魚沼市大白川/破間川支流の右沢

Rimg0214w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

越後の港町/岩船(新潟県村上市)

■撮影:2009年6月18日18:30頃/薄日/新潟県村上市岩船

岩船は北前船の寄港地であった。
民家調査のロケハンしながら、仕事と直接関係のない写真もときどき撮る。
民家の背景の記録も必要、なんてちょっと言い訳しながら・・・

Rimg0599w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

木漏れ日(新潟県魚沼市)

■撮影:2009年6月21日14:00/晴れ/新潟県魚沼市大白川

地元の人しか通らないような細い林道を行く。
今年の4月下旬、残雪期に見つけた小さな小さな名もなき沢を遡上してみる。
樹木が覆いかぶさり陽が射さない沢をゴム長で足下を気にしながら歩いてゆく。
ハッとして、そこだけ、葉に光当り、流水輝く。
Rimg00742w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

越後のまち並み/塩谷(新潟県村上市)-2

昨日の続きです。

■撮影:2009年6月18日9:30〜12:30/小雨/新潟県村上市塩谷(旧神林村)

元廻船問屋の商家の屋内。
高い天井、ハイサイドライトからの光が効いて、小屋梁が豪快に空間を飛ぶ。
Rimg02792h18

軒高の低い切妻が連続
Rimg0192w18

可愛らしく美しいプロポーションだ
Rimg0198w18

Rimg0103w18

味噌屋さん
Rimg0117w18

味噌屋さんの屋内。
Rimg02322w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

越後のまち並み/塩谷(新潟県村上市)-1

■撮影:2009年6月18日9:30〜12:30/小雨/新潟県村上市塩谷(旧神林村)

塩谷(しおや)は荒川河口にあり、かつての北国街道浜通りの宿場町であり、北前船が寄港する港町でもあった。
切妻屋根で妻入りのまち並みが南北1キロにわたり連続する。
塩谷には、大きな町家が多い。

Rimg00112w18

Rimg0189w18

下の写真が、塩谷の民家のプロトタイプのようである。
正面に下屋をもち、格子が入る。
妻壁は下見板張り、または真壁。
屋内も見たかったが、この家は住んでおられないようだった。
Rimg0066w18

Rimg0073w18

Rimg0075w18

Rimg0079w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

家族(新潟県長岡市寺泊町)

一昨年の撮影です。

■2007年6月17日17:40/新潟県長岡市寺泊町

お父さん、お母さん、お兄ちゃん、妹
Rimg00831w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

初夏・涼風の沢(新潟県魚沼市大白川)

■撮影:2009年6月21日15:40/晴れ/新潟県魚沼市大白川

破間川支流の右沢、そのまた支流の名もなき小さな沢。
日向は初夏の日射しで暑いが、半袖Tシャツ一枚で沢に入り遡上すれば、樹木が生い茂り涼しく爽やか。
暑くなるこれから、沢の撮影は清涼感があって好きだ。

Rimg0180h18

Rimg0129w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

初夏の森(新潟県魚沼市大白川)

■撮影:2009年6月21日15:15/晴れ/新潟県魚沼市大白川

半袖Tシャツで、さわやか、さわやか
Rimg0126w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

越後の近代建築/水道タンク・ポンプ棟(新潟県長岡市)-2

昨日の続きです。

■撮 影:2007年6月22日10:00〜11:45/新潟県長岡市水道町
■建築名:水道タンク・ポンプ棟
■竣工年:1927年(昭和2年)
■設 計:金井彦三郎(水道タンク)・中島鋭治(ポンプ棟)

次はポンプ棟を見学。

水道タンクは長岡のあちこちから眺められるので知っている人も多いと思うが、このポンプ棟はほとんどの方が知らないようだ。 (そりゃそうだ、公開していないのだから)
もったいない!
Rimg0129w18

で、ポンプ棟の中に入ってみれば。
豊な意匠がそこにあった。
Rimg0127w18

階段。
なるほど、こんな蹴込と踏面のデザインもあるのだ。
Rimg0116h18

ハンチのついた梁は強調され、天井は四角形の目地が切ってある。
Rimg0084w18

柱頭
Rimg0103w18

建築的に見るとすれば、通路の床を支えるブラケット。
ポンプの機械が美しかったのでつい撮ってしまった。
Rimg0113h18

Rimg0137w18

Rimg0181h18

Rimg0213h18

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

越後の近代建築/水道タンク・ポンプ棟(新潟県長岡市)-1

一昨年の撮影です。

■撮 影:2007年6月22日10:00〜11:45/新潟県長岡市水道町
■建築名:水道タンク・ポンプ棟
■竣工年:1927年(昭和2年)
■設 計:金井彦三郎(水道タンク)・中島鋭治(ポンプ棟)

「建築と都市を考える会」の仲間と、普段は見る事ができない長岡市水道公園にある水道タンクとポンプ棟の中を長岡市にお願いして見てきた。
ワクワクして写真を撮っていた。
長岡の貴重な近代建築。
保存するだけでなく、市民の財産として活用しなければもったいないとつくづく思う。


赤い帽子の塔が水道タンクで、手前がポンプ棟
Rimg0219w18

水道タンクの急な屋内階段を登り、最上階の屋外デッキ(上の写真の赤い手摺のところ)から撮ったポンプ棟。
まちが一望でき気持ちいい!
Rimg0031w18

最上階の入口付近
Rimg0019h18

タンク内の見上げ
Rimg0007h18

なんだかよくわからないと思いますが・・・。
光っているリベットやボルトが 艶っぽい。
Rimg0045w18

水道タンクの窓からポンプ棟を見る。
暗い空間も魅力的。
Rimg0063h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

日の入(新潟県出雲崎町)

一昨年の撮影です。

■2007年6月17日19:04/新潟県三島郡出雲崎町

Rimg0180w18


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

不動滝(新潟県長岡市)

一年前の撮影です。

■撮影:2008年6月7日/新潟県長岡市栖吉町

Rimg0038h18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

茅葺きの現代建築/陽の楽家(新潟県柏崎市)

■撮 影:2009年6月4日/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島
■建築名:陽の楽家
■設 計:隈研吾
■資 料:新建築2000年5月号

民家調査の下見で、荻ノ島集落へ。
民家やまち並みの記録写真を主体に撮るのだが、感じたままに切り取った方が面白いから、ついついこんな余計な写真も撮ってしまう。
撮影に時間がかかるから、歩くメンバーの最後尾がいつも自分の定位置。
(迷惑かけてスミマセン!)

この建築は古民家ではなく、れっきとした現代建築。
集落の集会場等として、住民と来訪者(見学者やカメラマン)との交流施設として使われているらしい。
Rimg0345w18

Rimg0367h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

未来をのぞく住宅展

■6月13日&14日/新潟市/NST新潟総合テレビ

アーキテクトスタジオジャパン(ASJ)主催の住宅展に参加してきました。
建築家の住宅作品の展覧会です。
参加建築家は、新潟県内が4名、東京都が1名、神奈川県が3名の計8名。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。
来場者が一時集中して、一言も話が出来なかった方もおられましたが、どうぞご容赦ください。

建築家との家づくりに興味のある方は、上記のアーキテクトスタジオジャパン(ASJ)をクリックしてください。

Rimg0008w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

断崖の上で(新潟市)

■撮影:2009年5月5日17:20/新潟市西蒲区間瀬/獅子ケ鼻

釣り人とは別の崖縁の縁ぎりぎりに立つ。
釣り人が竿を振るタイミングを待っていたがなかなか振らず。
時々強い風が吹き、足場の悪い崖の上はあまりいい気持ちじゃない。
早く振ってくださ〜い!
痺れをきらしてシャッターを切ってしまった。(根性無し!)

Rimg0414h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

穏やかな日の入(新潟県長岡市寺泊)

■撮影:2009年4月29日18:20頃/晴れ/新潟県長岡市寺泊野積

穏やか、穏やか。
Rimg0199h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

タニウツギ咲く渓流(新潟県魚沼市)

■2009年5月31日10:40/小雨/新潟県魚沼市大湯温泉/佐梨川

清々しい空気を胸いっぱい吸って
Rimg0190w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

越後の民家/新潟県南魚沼市長崎

■撮影:2009年6月4日/新潟県南魚沼市長崎

NHK大河ドラマ「天地人」で一躍有名になった上田の庄。
ここ長崎の集落は、兼続と景勝が幼少時に学んだ雲洞庵がある集落の隣にある。

下の写真は、調査の下見に行った仲間と発見し、誰もが釘付けになった民家だ。
この地には、こんな民家がたくさんある。
正面の切妻屋根の突き出た部分が玄関で、その左に屋根の掛かった雁木がある。
雁木の奥は雨戸と障子戸でサッシは無い。
障子戸の奥は屋内。
Rimg0052w18

積雪期には雁木の柱に雪囲い板を落し込み、雪から住まいを守る。
雪囲い板を落し込むと屋内が暗くなるから、雁木屋根の上に取付けた欄間で屋内に光を取り込むらしい。
ほんの数日前のブログで、越後の豪雪地にある民家で積雪期の採光を工夫した民家はほとんど無いなんて書いたけれど、とんでもない見識違いであった。
できるものなら屋内を見たいと思い、ここのおばあちゃんに名刺を出して屋内をちょっと見せて欲しいとお願いしたら快くOKをもらった。(感謝!)
屋内に入ると、障子戸と欄間の内側は茶の間と座敷であった。
障子戸と欄間から透過して入る優しい光が印象的で、黒光りしている豪快な木造の骨組みもこれまたすばらしい。(屋内写真はアップしません)
障子戸を開けてくださった茶の間で外の景色を眺めながら話をすれば、なんとも清々しい風が通り抜けてゆく。
フーッと深呼吸をした。
Rimg00581w18

品の良いおばあちゃん同様に、住み手のセンスを感じる植木鉢の花
Rimg0061w18

玄関の大戸に設けらている障子の引戸。
この玄関の障子戸も茶の間や座敷の障子戸も、木やアルミの戸に変えることも出来るのに・・・、そこに住み手のこの家への意思や愛着を感じる。(と仲間の一人が言った)
郵便受けも電気のメーターも納まりが良い。
Rimg0085w18

集落の風景。
この集落の民家はほとんどがこのデザイン。
中門造り型式で、屋根は船枻造り。
この集落には、豪雪地に多い高床式3階建の住宅はほとんど無く、近所付き合いには好ましい。
Rimg0017w18

蔵も多い
Rimg0121w18

豊かな水も雪のおかげ。
魚沼産コシヒカリを育て、おいしいお酒を造る水。
Rimg0157w18

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

雲海(新潟県魚沼市/枝折峠)

昨年の撮影です。

■撮影:2008年6月8日5:17/晴れ/新潟県魚沼市/枝折峠

Rimg01042w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

初夏の山景色(新潟県魚沼市/枝折峠)

■撮影:2009年5月31日/小雨/新潟県魚沼市/枝折峠

Rimg00212w18

Rimg0010h18


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

みどり雨

昨年の撮影です。

■2008年5月25日15:10/小雨/福島県南会津郡只見町

雨がしとしと降っていた
Rimg01623w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

コンポジション/障子戸

■撮影:2009年5月5日/新潟市西蒲区間瀬/西蓮寺

Rimg0249w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

霧中の新芽(新潟県魚沼市/枝折峠)

■撮影:2009年5月31日5:30/濃霧/新潟県魚沼市/枝折峠

濃霧で数十メートル先も見えない。
歩き始めてまもなくすると、雨具はじっとりと濡れてきた。
新芽にも水滴がびっしりと。

Rimg0003h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

初夏の渓流(新潟県魚沼市)

■2009年5月31日11:00/小雨/新潟県魚沼市大湯温泉/佐梨川

Rimg0249w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

越後のまち並み/筒石集落(新潟県糸魚川市)-2

昨日の続きです。

■撮影:2009年5月21日12:45〜14:45/晴れ/新潟県糸魚川市筒石

Rimg0499h18

玄関戸に貼ってありました。
Rimg0593h18

狭い通りに花。生活も溢れ出る。
Rimg0541w18

Rimg0539h18

漁港にいた気さくなオバチャン。
「いい町ですね」って言ったら、「婿にくればいい」って言われた・・・。
右端の人の家は、1階の車庫も入れると5階建だって言ったけど、ほんと?
Rimg0557w18

朝の3時に出港していった父ちゃんの船が、筒石漁港に戻ってきました。
大漁だといいのだが。
Rimg0555w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

越後のまち並み/筒石集落(新潟県糸魚川市)-1

■撮影:2009年5月21日12:45〜14:45/晴れ/新潟県糸魚川市筒石

調査の下見に筒石集落を視察。
筒石集落は、新潟県の日本海に面する漁村である。
背後はすぐ山、幅員3.5m程度の狭い通りの両側に民家が軒を接して密集している。
敷地が狭いので、民家のほとんどが3階建以上と珍しい集落だ。
暮らしが通りに溢れ出て、強いコミュニティーを感じる。
狭い通りで住民の方とすれ違い、「こんにちは!写真を撮らせてもらってます」と挨拶すると、皆さん話に気さくに応じてくれる。
住民同士の仲も大変良いとのこと。
住まいの空間構成が家族相互の人間関係に影響するように、町のありようは住民同士の人間関係に影響を与える。
ここ筒石では、町の構成が良好なコミュニティーの形成に役立っていると感じた。
みなさん、気さくで親切。
筒石のみなさま、ありがとうございました。
今まで見た集落で一番ワクワクしながら見た集落だ!!

Rimg0466h18

ほとんどの家は、通りに面して外流しが付いている。
海で獲れた魚は、この外流しでさばくのだそうだ。
Rimg0564h18

たくさんの家の軒裏には燕の巣が。
「燕の巣をはたき落す人なんてここではいないよ」と住民の方がおっしゃった。
通りには燕が乱舞していた。
燕にも居心地のよい集落なのだろう(と仲間の1人が言った)。
Rimg0577w18

Rimg0558h18

Rimg0469h18

みなさん、いろいろ工夫して暮らしておられるのですね。
Rimg0511h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »