« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

梅雨の明けない海水浴場(新潟県長岡市)

■撮影:2009年7月29日15:20/曇り→雨/新潟県長岡市/野積海水浴場

風邪と仕事が重なって、もう二十日近くも写真を撮っていない。
昨日、新潟市での会議の帰りは、久しぶりに日本海夕日ライン(国道402号)を使った。
梅雨明けはまだ??
野積海水浴場についたら雨も降ってきた。
浜辺には若い女の子が二人。

Rimg0002w18


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

フラメンコダンサー(新潟県十日町市)

3年前の「越後妻有アートトリエンナーレ2006」の写真です。

■撮影:2006年8月14日/新潟県十日町市/越後妻有アートトリエンナーレ2006
作品名:胞衣 みしゃぐち
作 家:古郡弘

暗闇の通路を向こう側から歩いてきた彼女。
その距離5m弱。
一瞬視線が交差したと思ったら、スッと90度回転してこのポーズ。
「ほら!撮りなさい!」と言わんばかりであった。
で、撮った!
さらにワンカットって構えたら、サッとこちらに向って歩いて来て、ファインダーの中でニコッと微笑んで自分の脇を通り過ぎて行った。
確信犯だ!!
♪♪♪タカタカタッタ、オレッイ!!
Rimg0009w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

土の記憶(新潟県十日町市)

ara_umiさんが、「土と水の芸術祭2009」での栗田宏一の作品を写真で切り取ったので、自分も対抗して(笑)3年前の「越後妻有アートトリエンナーレ2006」での栗田宏一の作品をアップします。

対抗したところで、(ara_umiさんのあんな表現写真)vs(自分のこんな撮っただけの写真)じゃ、完敗!!玉砕!! はわかっているのだけれど、話題提供ということで・・・(笑)。

■撮影:2006年9月3日/新潟県十日町市/越後妻有アートトリエンナーレ2006
作品名:ソイル・ライブラリー・プロジェクト
作 家:栗田宏一

新潟県内で採取した土を古民家内に展示
Rimg0188w18

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年7月25日 (土)

ようこそ、あなたの過去に(新潟県十日町市)

明日の7月26日(日)から9月13日((日)まで、新潟県十日町市と津南町で「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009」が開催される。
トリエンナーレだから3年ごとの開催。
というわけで、今日は3年前に楽しませてもらった作品をアップします。

さらに今年は、新潟市で「水と土の芸術祭2009」がすでに開催されている。
こちらの作品の一部はara_umiさんのブログで紹介され始めた。

■撮影:2006年9月10日/新潟県十日町市/越後妻有アートトリエンナーレ2006
作品名:土間の寝室
作 家:鈴木寅二啓之

Rimg0079w18

Rimg0072w18

Rimg00812h18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

崖っぷちの青田(新潟県川口町峠)

■撮影:2009年7月5日11:00頃/晴れ/新潟県川口町峠

棚田というより、崖っぷちの田んぼ。
すごいなー!こんなところで米を作るんだもんなー。

Rimg0453w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

親子蔵(新潟県三条市)

■撮影:2007年6月12日15:30頃/晴れ/新潟県三条市牛ヶ首

山間を走る国道209号。
この街道を通る度に「美しいなー」と思う親子蔵だ。
白と黒、大と小。
Rimg0040w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

ユリ(新潟県小千谷市塩谷)

■撮影:2009年7月5日10:10/晴れ/新潟県小千谷市塩谷

昨日は昨年撮ったコオニユリをアップして、今日は名前のわからないユリ(ですよね?)。
小さな畑の中に咲いていたので園芸種でしょうか?
Rimg0406w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

コオニユリ(新潟県川口町峠)

昨年の撮影です。

■撮影:2008年7月13日9:00頃/新潟県川口町峠

山間の道路脇に咲いていた
Rimg02632w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

ネムノキ(新潟県長岡市濁沢町)

■撮影:2009年7月12日13:30/曇り/新潟県長岡市濁沢町

昨年、初めてネムノキの花を見て大感激したのだけれど、今年は車を運転していて遠目から見ただけで「ほー、ネムノキだね」って余裕で見つけた。
昨年の学習のおかげ。(笑)
今、あちこちの川辺などで咲き誇っていて見頃です。
あなたの町にもネムノキはありますか。

Rimg0016w18

Rimg0019w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

越後の夏・野花(新潟県川口町)

昨年の撮影です。

■撮影:2008年7月13日/新潟県川口町峠

花の名前がわかりません???
Rimg0276w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

朝露(新潟県小千谷市首沢)

■2009年7月5日7:35/新潟県小千谷市首沢

Rimg0213w18


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

朝霧湧く山古志(新潟県長岡市)

昨年の撮影です。

■撮影:2008年7月13日7:00頃/新潟県長岡市山古志

梅雨時の山古志は朝霧の湧く事が多い。
ほとんど視界のきかない状態からようやく霧が薄れてきた。
サイド光が樹木の幹を照射する。
Rimg0172h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

葉っぱ(新潟県小千谷市首沢)

■2009年7月5日7:30/新潟県小千谷市首沢

Rimg0208w18


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

越後のまち並み/元町・本町界隈(新潟県小千谷市)-3

昨日の続きです。

■撮影:2008年7月12日9:10〜12:00/新潟県小千谷市元町・本町界隈

雁木も少なくなった。
雁木は雪国の文化。
雁木は住民同士を繋ぐコミュニケーションの装置でもある。
Rimg0188w18_2

坂道をゆく 。
この日一番のほのぼの風景だった。
ご近所どうしのようだ。
おしゃべりしながらゆっくりと坂道をあがってこられた。
Rimg0194w18

梅雨時の寺にはアジサイが似合う。
Rimg0196w18

整備された坂道の階段+普通の家の板塀と庭の緑+アジサイ。
日本的。
雨が降っていればもっとしっとりした写真になったのに。
Rimg0185w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

越後のまち並み/元町・本町界隈(新潟県小千谷市)-2

昨日の続きです。

■撮影:2008年7月12日9:10〜12:00/新潟県小千谷市元町・本町界隈

まち中を流れる川。
水のあるまちは魅力的。
Rimg01192w18

川に面した家 。
川が見える暮らしにあこがれる。
この川は整備したらまちの財産になりそうだ・・・。
Rimg0129w18

まちなかの緑
Rimg0141w18

板弊 。
自然素材ならではの味わい。
Rimg0138w18

板弊。
こちらは新しい家らしい。
カーポートの囲いも板。
Rimg0140w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

越後のまち並み/元町・本町界隈(新潟県小千谷市)-1

昨年の撮影です。

■撮影:2008年7月12日9:10〜12:00/新潟県小千谷市元町・本町界隈

小千谷市は長岡市の隣だが、ほとんど何も知らない。
「建築と都市を考える会」の仲間とまち歩きをした。
歴史的な建築があり、坂が多く、街中に水が流れていて、シークエンスの変化に富み魅力的な町だ。
しかし、ほとんどの地方都市がそうであるように、そのすぐれた景観が点々としていて、線や面として繋がっていないところが少々問題とも感じた。
また、古いまちを見て感じることは、古い建築や古いまち並みはそれ自体に価値があるのだと。
なぜなら、そこに人々の暮らしや歴史を感じるからだ。

○旦那様の家-1
いわゆる旦那様の家と言えばいいのだろうか。
敷地はとんでもなく広い。
昔の旦那様は家に金を掛けたと聞いた。
ある意味、それがその地域の文化とまちの財産をつくってきたのだと思う。
最近の金持ちは、住まいにあまり金を掛けないようだ。
Rimg00172w18

○旦那様の家-2
シンメトリー、白黒の対比、格子、雁木のような半屋外空間。
美しい。
Rimg0013w18

○老舗割烹「東忠」-1
まちを見下ろしながら、曲がりくねった坂を下るとある。
まちにレベル差があると、シークエンスの変化に富み楽しい。
木造3階建。
Rimg0112h18

○老舗割烹「東忠」-2
坂を下りきったところから見る。
歴史的建物+黒板弊+緑。
Rimg0125w18

○老舗割烹「東忠」-3
客室から庭を見る。
ここで食事したい。
Rimg0096w18

○老舗割烹「東忠」-4
玄関を入ったところにある寄り付きから庭を見る。
Rimg0108w18

ちなみに東忠の歴史は大変古い。
戊辰戦争時に、長岡藩の河井継之助が岩村精一郎と小千谷市内の慈眼寺での談判決裂後に昼食をとったところだそうだ。
河井の談判相手が山縣狂介(後の有朋)か黒田了介(後の清隆)であったなら、長岡藩の情勢は変わっていたかもしれないともいわれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

タチアオイ(新潟県長岡市・小千谷市)

■撮影:2009年7月5日/新潟県長岡市山古志二丁野&小千谷市首沢

この時期、山間地では、民家の庭先や畑にタチアオイがいっぱい。
大きな花で目立つ。
いよいよ夏。
暑い!

山古志のタチアオイ
Rimg0329h18

首沢のタチアオイ
Rimg0157w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

梅雨時の養鯉池(新潟県長岡市山古志)

昨日、一昨日と雨が降ったり止んだりと梅雨の季節らしい。
個人的には、梅雨時にはそれなりに雨が降った方がいいと思う。

一昨年の撮影です。
■撮影:2007年7月16日5:30頃/小雨/新潟県長岡市山古志

とっくに朝は迎えているのに、空には雨雲がかかりまだまだ光は弱い。
梅雨時らしい養鯉池で、こんな風景も好きだ。
Rimg00172h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

ネジバナ(新潟県小千谷市塩谷)

■撮影:2009年7月5日9:45頃/晴れ/新潟県小千谷市塩谷

昨日の池塘の脇、田んぼの畦に咲いていた。

Rimg0363h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

コウホネ(新潟県小千谷市塩谷)

■撮影:2009年7月5日9:45頃/晴れ/新潟県小千谷市塩谷

山間の道路脇に小さな池塘を発見。
コオホネの黄色い花はまだ蕾み。
今週末が見頃かな?

Rimg0352w18

雲は夏雲、緑は夏色。暑い!
Rimg0374h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

キノコ(新潟県小千谷市首沢)

■撮影:2009年7月5日6:15頃/新潟県小千谷市首沢

早朝や夕方の斜光線は風景がドラマッチックに見えていい。
この日は、久しぶりにそんな光りを求めて日の出前からスタンバイしていたがパットしない光だ。
でもって、こんな時には小さな被写体を探すことになる。

昨日のイトトンボと同じ池のほとり。
足下に小さなキノコを発見。
高さはほんの5cm程度。
名前はわかりません。
地面に這いつくばって、泥だらけになって撮っているのだから格好わるい!
腰、痛てぇ〜!
Rimg0114h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

イトトンボ(新潟県小千谷市首沢)

■撮影:2009年7月5日6:00/新潟県小千谷市首沢

山間の小さな池。
フワフワと頼りなく漂うかのごとく飛ぶイトトンボを発見。
イトトンボは水辺から離れることなく、一度羽を休めるととじっとしていることが多く撮りやすい。

Rimg0080w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

ネムノキ(新潟県長岡市)

昨年の写真です。

■撮影:2008年7月2日6:45/新潟県長岡市釡ケ島/信濃川右岸

信濃川の土手を車で走っていたら、「ワッ!何だ、ありゃ〜!」で急停止。
ネムノキの花を生まれ初めて見た。
いや、子供の頃、見ていたのかもしれないが意識していなかっただけなのかもしれない。
なんてったって田舎育ちで、小学生の頃は川で魚獲り(素手で)している時、土手に生えているネムノキの枝を折ってはスーッと撫でて葉っぱが閉じるのを見て「♪眠った〜、眠った〜♪・・・」なんて囃し立てていたのだから・・・。

Rimg01612w18

Rimg0140w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

越後のまち並み/寺泊(新潟県長岡市)-3

昨日の続きです。

■撮影:2007年6月17日13:30〜14:30/新潟県長岡市寺泊

照明寺(良寛が生涯に三度移り住んだと言われている密蔵院あり)より望む。
甍越しの向こうは寺泊港。
Rimg0004h18

同じく、照明寺より。
Rimg0015w18

興琳寺の屋根越しに寺泊港。
甍+松+海。
Rimg0019w18

助産婦さんの看板がでてた。
Rimg0023w18

擬洋風? 摩訶不思議
Rimg0026w18

擬洋風の隣は、瓦屋根+下見板+不思議なファサード
Rimg0027w18

狭い路地も多い。 美女が二人、祭りのたこ焼きを食べていた。
Rimg0032h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

越後のまち並み/寺泊(新潟県長岡市)-2

昨日の続きです。

■撮影:2007年7月8日7:45〜15:30/新潟県長岡市寺泊

こちらの民家は、空家になった隣地を買ったようだ。
庭を作り、その奥に住まいを増築。
増改築し、この地に住み続ける。
Rimg0142w18

曲がりゆく街道が視界から消えてゆく。 道の先には何がある・・・。
Rimg0051w18

民家と民家の間の狭い路地の奥に続く急な階段を上っていったら墓地に出た。
どの寺の墓地からも海がよく見える。
Rimg0196h18

甍の向こうに海
Rimg0203w18

街道から階段を上ると円福寺の山門。
寺泊港の眺め良し。
年配の漁師さんが山門下の階段に腰掛けて海を眺めていた。
夜、アナゴ漁にでるために海の様子を見ていたとのことだ。
毎日の日課だそうだ。
Rimg0236h18

1階を車庫に改装している。
民家の1階に車庫がある家はこの家だけかもしれない。
狭い間口で道路側には地震力や風圧力を負担する外壁が設けられず、屋内に連続する斜めの方杖で対処。
Rimg02702h18

街道から階段を上がり狭い路地を入って行く。
当然車は入れないが、それが路地の魅力でもある。
シルバーグレーに変化した下見板の外観は味わい深い。
下見板、塩害に強い外壁材の定番だ。
Rimg0296h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

越後のまち並み/寺泊(新潟県長岡市)-1

一昨年の撮影です。

■撮影:2007年7月8日7:45〜15:30/新潟県長岡市寺泊

寺泊は北前船の寄港地で、北国街道の宿場町であった。
名前のごとく寺が大変多いまちである。
日本海に沿って走る国道402号沿いの「魚の市場通り」は年中観光客でごった返しているが、旧街道を歩けば昔ながらのまち並みが展開する。

街道をてくてく歩いてゆく。
切妻屋根で妻入りの民家が連続する。
街道に直行する長い階段を上がった高台には寺。
寺の山門から振り返ると、甍の波越しに寺泊の海が見える。
寺の境内からさらに階段を上がると墓地。
墓地からはさらに海がよく見える。
まちを見通し、見上げて、見下ろす。
シークエンスの変化に富み、歩いていて楽しいまちだ。

妻入り民家が連続
Rimg0260jpgw18

格子が美しい
Rimg0031w18

街道から見上げれば、興琳寺の山門
Rimg0062h18

興琳寺への階段の途中から見下ろせば
Rimg0126w18

興琳寺の墓地から見下ろせば、 甍越しに寺泊港
Rimg0103w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

JR只見線

一昨年の撮影です。

■撮影:2007年6月24日9:04/福島県只見町/田子倉湖

越後の小出駅と会津駅の間を走るJR只見線。
トンネルから出てきた電車が、満々と水を蓄えた田子倉湖を渡ってゆく。
一度乗ってみたいなー。
Rimg0115w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »