« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

こころの花

3年前の、越後妻有アートトリエンナーレ2006の作品です。

■越後妻有撮影:2006年8月15日/新潟県十日町市/アートトリエンナーレ2006
作品名:こころの花-あの頃へ
作 家:菊池歩

♪ちょいと一杯のつもりで飲んで、・・・・飲んだビールが5万本♪♪
(昔、クレイジーキャッツが歌っていたのです)
なんだか、この歌を思い出してしまいました。
この作品には、ちょっと不謹慎っぽい歌ですが・・・。
集落の人と作家で作ったビーズの花、その数、2万本!!
Rimg0187w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

不動滝(新潟県長岡市竹之高地町)

■撮影:2009年7月12日14:10/曇り/新潟県長岡市竹之高地町

明後日から9月なのに・・・7月の写真なんて・・・完全に賞味期限切れですが・・・。

長岡市には不動滝が二つある。
こちらは蓬平温泉の奥の竹之高地町、もう一つの不動滝(←クリックで開きます)は栖吉町にある。

Rimg0176h18

Rimg0069w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

夕光を受けて(新潟市西蒲区)

昨年の撮影です。

■撮影:2008年7月30日18:05/晴れ/新潟県新潟市西蒲区

日本海に沈みゆく西日を受けて
Rimg00192h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

KJ法でワークショップ

■2009年8月17日

チーム・テラ(←クリックで飛びます)内でKJ法を用いてワークショップをやる。
テーマは、「長崎集落について気付いたこと」。


最初に、持ち時間15分で、各自ポストイット一枚につき一項目で気付いたことを何でもいいから書いてゆく。
地勢、気候、風土、ご近所付き合いなど何でもいい。
ここでは、できるだけたくさんの項目をあげることが大事。

次に、書いたポストイットを出しっこする。
まずKが真っ白い用紙の上に、「山に囲まれた集落」と書かれたポストイットを一枚貼る。
他の者は、これと関連する手持ちのポストイットがあれば、Kが出したポストイットの隣に貼る。
こうやって順番に手持ちのポストイットを出しっこして、全て出し終わったら終了。
R0010839w18


三番目に、小グループになっているポストイットを並べ替えて、関連性があるようにレイアウトし直す。
これがけっこう難しくて、こんな時に抜群の才能をみせるのがK。
「へー、いつもながら上手いもんだねー」

四番目に、これらをまとめて、それぞれのグループにタイトルを付ける。
例えば、「自然」とか。
R0010842w18

最後に、一枚の用紙全体が主張しているキーワード・タイトルを付けて終了。
R0010844w18

今日のワークショップでみえたものを、さらに検討分析し今後の設計に活かすことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

お盆 祭りの日(新潟県南魚沼市/大前神社)

昨日と同じ日の撮影です。
8月15日シリーズは今日がラストです。

■撮影:2009年8月15日19:30頃/新潟県南魚沼市/大前神社

日が暮れて今日の撮影は終了。
の予定であったが、祭りらしい灯りが・・・。

大前(「おおさき」と読むそうだ)神社は由緒あるらしい大きな神社。
大崎(こちらは素直に「おおさき」と読む)集落にある。

R0010809h18

R0010824w18

R0010820h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

割引沢(新潟県南魚沼市)-3

昨日の続きです。
今日は登山道の木漏れ日。

■撮影:2009年8月15日7:00〜10:30/晴れ/新潟県南魚沼市/割引沢(巻機山)

R0010729w18

R0010725h18

R0010743h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

割引沢(新潟県南魚沼市)-2

昨日の続きです。

■撮影:2009年8月15日7:00〜10:30/晴れ/新潟県南魚沼市/割引沢(巻機山)

R0010695h18

R0010582h18

ふー、木陰で一休み。
R0010709h18

R0010681w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

割引沢(新潟県南魚沼市)-1

昨日と同じ日の撮影です。

■撮影:2009年8月15日7:00〜10:30/晴れ/新潟県南魚沼市/割引沢(巻機山)

道草くって、やっと着いた巻機山(まきはたやま)登山口。
5時前に着くはずが、すでに6時。

巻機山は日本百名山で越後の名峰!
その巻機山の割引岳(1930m)から一気に下る割引沢。
下の写真のように、登山者は危険箇所に設置された鎖を補助に沢沿いの道を登って行く。
時に沢を徒渉し、いくつか滝を見て、最後に正面に見える急斜面を喘ぎながら登り頂上を目指す。
目指す巻機山は急斜面のそのまた向こう。

お前も登ったのかって?
普段運動しない、こんなへなちょこ体力じゃー、もう登れません。
登山道を30分程登って沢に下り、そこから沢をちょこっと遡上しながら写真をパチパチ撮っていただけ。
(登りたいなー。でも、膝が痛くなるしなー・・・。でも、またいつか・・・)
R00106692h18

R0010526h18

R0010514w18

R0010556w18

風景 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

鱗雲(新潟県南魚沼市)

昨日と同じ日の撮影です。

■撮影:2009年8月15日5:40/新潟県南魚沼市

まもなく目的地の巻機山登山口。
あ!鱗雲!で、またまた停車で数カット。
なかなか目的地に着かないなー。
R0010489w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

八海山(新潟県南魚沼市)

お盆休みの8月15日、写真を撮りにゆく。
この日のシリーズ、数日続きます。(予定)

■2009年8月15日4:55/薄日/新潟県南魚沼市

この日の撮影目的は越後と上州の県境にある巻機山(まきはたやま)の割引沢。
日の出前の5:00前には登山口の駐車場に着きたいと思ったが、さっき途中でパチパチとやったので、すでにアウト。

オッ!雲海の上に、越後の名峰八海山(1778m)。
八ツ峰と呼ばれるギザギザ頭が特徴的だ。
で、またまた停車で道草!
まーいいとしよう、風景は一期一会だからね。
R00104472w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

ユラユラ、まゆ玉

3年前の、越後妻有アートトリエンナーレ2006の作品です。

■撮影:2006年10月15日/新潟県十日町市/越後妻有アートトリエンナーレ2006
作品名:繭の家
作 家:古巻和芳

住み手がいなくなった民家。
真っ暗な屋内に、新たにスリット窓を切る。
微かに光が入り、白い繭玉が暗闇に浮かび上がる。
秋風が入り、ゆらゆらと繭玉が揺れる。
Rimg0041w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

夕霧湧く山古志(新潟県長岡市山古志)

■撮影:2009年8月9日18:30/雨→曇り/新潟県長岡市山古志二丁野

この日の午後、雨降りの中、写真を撮りにでかけようか迷ったけれど、来てみればこんな景色が待っていた。
だいぶ暗くなってきたので、今日の撮影はこれで終了。

Rimg0375w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

冷夏の棚田(新潟県北魚沼郡川口町峠)

■撮影:2009年8月9日17:30頃/雨→小雨/新潟県北魚沼郡川口町峠

雨降りから、ほんの少し薄日が射したと思ったら直ぐに隠れる。
また雨が降ってきて、谷間からガスが湧き上がってくる。
今年は冷夏。
山間の棚田の穂はまだ出ていないのに・・・。
暑くなれ!!

Rimg0270h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

鮭鮫鱈鯉(新潟県魚沼市・永林寺)

お盆ですね。

■撮影:2008年8月10日/新潟県魚沼市根小屋(旧堀之内町)/永林寺
日本のミケランジェロと言われている?幕末期の彫物師・石川雲蝶。
その雲蝶の作品がたくさんあることで有名な永林寺。(←クリックで飛びます)

石碑に何て書いてあるかわかりますか?
Rimg0008w18

(答え)
鮭鮫鱈鯉。
サケ・サメ・タラ・コイ
さけ・さめ・たら・こい
酒醒めたら来い!
(無類の酒好きの雲蝶に、名物和尚が言った言葉でしょうか?)

お盆で羽を伸ばすのはいいけれど、一杯気分でお墓の掃除をしてはなりませぬぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

花咲く民家(新潟県川口町牛ヶ首)

■2009年8月9日14:45頃/雨→小雨/新潟県北魚沼郡川口町牛ヶ首

一ヶ月ぶりに風景写真を撮りに出かけた。
(その間、仕事で民家調査の写真は撮ってはいたが)
国道17号から県道の小千谷川口大和線へ入り、山間道路を駆け上がって行く。
竹田集落のすぐ先、県道から谷間に下りて行く立派な道路がある。
冬期間もしっかり除雪されている道路で、いつも「この先になにがあるのか?」と気になっていたので初めて行ってみる。
しばらくしたら、行き止まりでストップ。

地図を見たら、ここは牛ヶ首集落で中越大震災の震源地のすぐ近く。
谷間の集落内に、民家はたったの二軒。
夏の花を前景に、民家はしっかりと建っていた。
きちんと手入れがされているようだから、地震の後に補修したのだろうか・・・。

一軒目の民家。花はキバナコスモス。
Rimg0006w18

もう一軒の民家。これで全て。花はフヨウ。
Rimg0055w18

Rimg0031h18

Rimg0094h18

Rimg0103w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

ただいま〜、おかえり〜(新潟県南魚沼市)

■撮影:2009年8月6日/新潟県南魚沼市

まもなくお盆。
あなたの故郷は?

ただいま〜
Rimg0268h18

おかえり〜
Rimg0175h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

風の記憶(新潟県十日町市)

3年前の、越後妻有アートトリエンナーレ2006の作品です。

■撮影:2006年9月3日/新潟県十日町市/越後妻有アートトリエンナーレ2006
作品名:風のスクリーン
作 家:杉浦康益

「風の臭いがするねー」と帰省していた幼なじみが言った。
「そーかー?」と自分。
友は故郷を出てからも、いい時を重ねたようだ。
Rimg0053w18

Rimg0067w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

イエの記憶・ムラの記憶(新潟県十日町市)

3年前の、越後妻有アートトリエンナーレ2006の作品です。

■撮影:2006年10月15日/新潟県十日町市/越後妻有アートトリエンナーレ2006
作品名:名ヶ山写真館
作 家:倉谷拓朴

Rimg0016w18

Rimg0012w18

Rimg0021w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

民家の調査をさせてください(新潟県長岡市寺泊)

■2009年7月31日9:00〜17:00/曇り/新潟県長岡市寺泊

切妻屋根で妻入りが連続するまち並みの長岡市寺泊。
その寺泊に、調査をさせてもらえる民家を探しに行く。

Rimg0202w18

まずは、旧北国街道の両側に1kmの長さで連続する民家の中から調査目的にあった民家を探すために、街道の端から歩き始める。
寺泊らしい民家か? 気候・地勢・地域コミュニティーとの関連や工夫があるか?などがポイントだ。
これはと思う民家を見つけたら、住宅地図でチェックして写真を撮る。
名前がわかるように表札も撮る。
そんな事を繰り返しているのだから、住民からは不審者に見られて当然。
なので、首から大きいな名札をぶら下げて、人に会ったらすぐさま挨拶をする。
「おはようございます。素敵なまちですね。写真を撮らせてもらっています。」ってね。

とある民家の前で気さくなオバサマと会ったので、挨拶してまずは世間話し。
頃合い良しで、民家調査の主旨を説明し「実は、寺泊で調査をさせてくださる民家を探しているのですが・・・」
そしたら、「うちの中を見てみる?」とおっしゃって下さったので屋内を拝見。
続き間の茶の間の上は吹抜けていて、高窓からの光が効いていてグッド。
「うわー、いいですねー。寺泊のどこも民家はこんなですかー?」
しばらく話した後、こちらのご主人とオバサマに「この家の調査をさせてもらってもいいですか?」って言ったら、拍子抜けするくらいにスンナリとOKもらった。
良かったー、これで1軒ゲット。

街道を往復し、歩きながら見つけた「調査目的にあった民家」が21軒。
そのリストを持って町内会長さんを訪ねアドバイスを頂く。
「まずは、Aさんちに行って、お願いしたほうがいいよ。うまくいったら、お向かいのBさんちに話をつけてくれるかもしれないから」って町内会長さん。
町内会長さんのアドバイスに従ったら、AさんからもBさんからも「これから家をつくる人のお役にたてるかもしれないしね」ということで調査OKの返事をもらった。
ありがたいことです!
これで目標の3軒を調査できる事になったので、この日はこれにて終了。
午前9時から午後5時まで、街道を行ったり来たりで、よーく歩いた1日だ。

1日中、民家と睨めっこしていて気が付いた事がある。
庭を作る土地がなくても、玄関先に花なんかを飾って小奇麗にしているお宅は、概ね屋内も整理整頓されていて気持ちがいい。
調査OKを頂いた3軒は、どの家もそんな住まいであった。
住まいにも、まめに手を入れて代々住んでいるとのことだ。
2軒は築150年以上で詳細は不明、もう一軒は築80年程とのことだ。

Rimg0228w18

Rimg0050w18

さて、長い間住み続けられている民家は、今どきの流行言葉で言えば長期優良住宅である。
長期優良住宅の認定基準は、1.構造躯体の劣化対策 2.耐震性 3.維持管理・更新の容易性 4.省エネ
などであるが、これはみな技術(ハード)で解決できる項目だ。
長きに渡り住み続けられている家がもっている最も重要なキーワードは「家への愛着」だ。
家への愛着は技術だけでは生まれない。
住み続けて行く中での良好な家族間の関係やご近所付き合い、何となく感じる居心地の良さ。
そんな住まいにはジワジワと愛着が湧いてきて、長い間住み続けられてゆく。
長期優良住宅を造るポイントは、まずは「愛着が湧く住まい」を設計することだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

コガネムシ(新潟県小千谷市首沢)

■2009年7月5日7:30/新潟県小千谷市首沢

これってコガネムシ?(自信ありません)
昆虫も植物も、からっきし知識が無くて情けない!
ネットで「コガネムシ」を検索したら、「コガネムシ科」っていうのはものすごく種類が多いのだということだけはわかった。
Rimg01952h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »