« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

スケキヨ(新潟県長岡市)

■撮影:2010年2月7日15:00/薄日/新潟県長岡市山古志

出た〜!山古志の雪の棚田にスケキヨが。(笑)
「スケキヨ!そのマスクを取っておやり!」

R0021785w18

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年2月25日 (木)

春、近づいて(新潟県長岡市)

■撮影:2010年2月24日11:00頃/晴れ/新潟県長岡市

ここのところ暖かい日が続いています。
昨日も快晴。
春の陽があちこちで踊っていた一日。

R0022523h18

R0022552h18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

雪緩む(新潟県小千谷市)

■撮影:2010年2月14日13:00/薄日/新潟県小千谷市真人町市之沢

農具置場のようです。
春が来るまで骨休み。

R0021966h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

樹影・薄茜(新潟県長岡市)

■2010年2月21日16:45頃/晴れ/新潟県長岡市釜ケ島

昨日は晴れ。
でも、夕暮れ時の光はまだまだ弱い。
少しだけ春に近づいた日。

R0022382h18


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

都市の風景/新潟駅南口

■撮影:2010年2月19日/新潟駅南口

会議で新潟へ。
終了後、駅前で楽しく懇親会。
また飲み過ぎた。

R0022243h18

R0022289w18

R0022239h18

R0022286h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

山の夕暮れ(新潟県小千谷市)

■撮影:2010年2月14日15:50/薄日/新潟県小千谷市迯入

こんな夕暮れを何度かくり返し、やがて春はやってくる。

R0022162w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

寒さやわらぎ(新潟県小千谷市)

■撮影:2010年2月14日13:30/薄日/新潟県小千谷市真人町芹久保

この前の日曜日。
弱い光だけれど、一日中太陽が出ていた日。
道路端の日陰のツララから雫がポタッ、ポタッ・・・

R0021982h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

法末集落(新潟県長岡市)

■撮影:2010年2月14日14:30〜15:30/薄日/新潟県長岡市法末

昨日の小千谷市の芹久保集落から、山間道路を通って一山越えると長岡市の法末集落。
ほ〜、大きな集落だ。
どの民家も規模が大きく、茅葺き屋根も。
この日は時間がなかったのでイントロだけ。
再度訪れたい集落だ。

R0022055w18

R0022114w18

R0022070h18

R0022065w18

R0022079w18

峠を越えて法末集落を後にする。
峠のこちらは長岡市で、向こうは小千谷市。
昔、花嫁はこの道を歩いて嫁入りしたそうな。
峠の名前は「道見峠」。
R0022144w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

越後の民家/芹久保集落(新潟県小千谷市)

■撮影:2010年2月14日13:00〜14:00/薄日/新潟県小千谷市芹久保(せりくぼ)

芹久保集落は若栃集落から長岡市の法末集落へ行く途中の中山間地にある。
以前は30戸以上あったそうだが現在住んでおられるのは3戸だそうだ。

屋根はせがい造り
R0022021w18

この民家の所有者は首都圏の人だそうだ
R0022012w18

この民家は空家だそうだ
R0021998h18

R0022027w18

R0022036w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

セッケイカワゲラ(新潟県魚沼市)

■撮影:2010年1月31日15:30/薄日/新潟県魚沼市大白川

破間川(あぶるまがわ)沿いの雪の上。
積雪は3m位かもしれない。
ヒゲの先から尾っぽの先まで10mm弱。
ガサゴソ、ガサゴソ、いや音がしていたわけじゃないけれど、セッケイカワゲラが数十匹(?)。
雪の上を這いずり回って何をしているかというと餌を食べているらしい。
セッケイカワゲラは昆虫の中でも特別変わり者で、暑さに極端に弱く雪の中でしか暮らせないのだそうだ。
他の昆虫がじ〜っと越冬しているのに、正反対の暮らしをしているセッケイカワゲラ。
雪の上の真っ黒い姿は切り絵のよう。
目立ち過ぎて鳥に食べられないようにネ。

R0021435h18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

信濃川・冬の夕暮れ(新潟県長岡市)

■撮影:2010年2月7日16:45/雲多し/新潟県長岡市草生津

昨日の長生橋の撮影ポイントと同じ場所。
体をひねって、カメラを左に振るとこの景色。

R0021838w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

長生橋・夕暮れ(新潟県長岡市)

■撮影:2010年2月7日16:55/雲多し/新潟県長岡市草生津

厚い雲間からお日様がちょこっと顔を出したら、長生橋もちょこっと輝いた。
春はまだ先。

R0021885w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

玄関へ(新潟県長岡市)

■撮影:2010年2月7日13:30/薄日/新潟県長岡市軽井沢

玄関はこの先。
清められし雪上に、一歩踏み出す勇気なし。(笑)

R0021682w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

出動、ご苦労様です

■撮影:2010年2月11日(建国記念日)17:40/雪/新潟県長岡市学校町・長岡市立中央図書館

昨日、何だか疲れて写真を撮りに行く気にもなれず。
朝遅く起きて午後から図書館へ。
図書館でちょこっと雑誌を読んでたら眠くなってウトウト。
目覚めたら夕方の5時半。
ヒェ〜!アホ面して寝ていたんだろうな〜。(笑)
外に出てみたら雪!
今日はお休みだった除雪車も明日は出動だね。
ご苦労様!

R0021930w20


唐突ですが、2月10日現在の長岡市の積雪ベストテンです。
(都合のいいことに、長岡市はピッタシカンカン10地域あるのです)

01.山古志地域 山古志種芋原 254cm
02.栃尾地域  西中野俣   200cm
03.小国地域  小国町原   183cm
04.越路地域  浦       85cm
05.長岡地域  幸町      50cm
06.三島地域  上岩井     48cm
07.中之島地域 中之島     25cm
08.与板地域  与板町与板   12cm
09.和島地域  小島谷      1cm
10.寺泊地域  寺泊大町     0cm

どうです、すごいでしょう!(何がすごいんだか?)
NO.1の山古志は254cmもの雪があるのに、no.10の寺泊は雪が無いんですよ。
山古志から寺泊まで直線距離で45km程しかないんですよ。
こんなん、世界にもないんとちゃう?
ギネスブックもんとちゃう?
雪の降る量が違うと文化も違うんでっせ。

でもって思うわけであります。
な〜んだ新潟県はみんなそうじゃん!
新潟市も上越市も村上市も新発田市も無雪地域から豪雪地域までが市域じゃん。
お〜っ!新潟県の気候はギネスブックものだ〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

破間川・冬(新潟県魚沼市)

■撮影:2010年1月31日15:00/薄日/新潟県魚沼市大白川(旧入広瀬村)

何だかな〜。
晴れてはいるんだけど、光は弱いしな〜。
空が真っ赤に焼けて川の水に映り込んで雪も茜色に染まって、なんて劇的なことを越後の冬に望んでもそんなにあるわきゃないけど・・・。
お日様がうっすら出ていて、写真撮れて気分転換しただけでよしとしなきゃな〜・・・。
(何てグズグズと思っていたのであります)

R0021391h18


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

越後の民家/ユキノイエ(新潟県長岡市一之貝)

■撮影:2010年2月7日14:00/薄日/新潟県長岡市一之貝

R0021729w18

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

雪・マチエール(新潟県長岡市山古志)

■撮影:2010年2月7日15:00/薄日/新潟県長岡市山古志寺野

何だか艶っぽいな〜(笑)

R00217642w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

越後の神社/守門神社(新潟県魚沼市穴沢)

■撮影:2010年1月31日16:00頃/曇り/新潟県魚沼市穴沢(旧入広瀬村)

守門神社(すもんじんじゃ)はこの地方一帯のあちこちの集落にある。
自分が知っているだけでも、魚沼市ではここ穴沢集落と大白川集落、渋川集落、柿ノ木集落にある。
ご神体は、いずれも守門大明神で、この地の名峰・守門岳。
そういえば、昨日のブログで紹介した大白川集落の民家の屋根から落ちた雪を解かしていたのは守門川の水で、その源流は守門岳である。
守門岳が、この地域の人々の暮らしと密接な関係をもっていることがよくわかる。

R0021504w18

R0021486w18

R0021463w18


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

越後の民家/大白川集落(新潟県魚沼市)

■撮影:2010年1月31日13:30〜14:30/新潟県魚沼市大白川(旧入広瀬村)

「雪降って大変ですねってよその人は言うけど、住めばいいところですよ」。
印象深い一言だった。
春のゼンマイ採りが楽しみなのだそうだ。
ゼンマイも雪の恵みだからね。
この地域の春、山菜採りもいいけど、写真撮りにもいい。
R0021316w18

屋根はせがい造りで、軒の出を深くして外壁を豪雪から護る。
小屋組を現した妻壁に、中引きの丸太がにょきっと顔を出す。
R0021262w18

大白川集落の民家のほとんどは自然落雪式屋根で、池をもっている。
屋根から落ちた雪は池の水で解かす。
池の水は守門川から引いているとのことだ。
水が豊かな集落だからこそ考えられた民家の工夫。
R0021234w18

R0021332h18

コスキ(除雪道具)に棒を付け足した長〜いコスキ。
雪庇落しにでも使うのでしょうか?
R0021224w18

R0021292w18

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

冬光・樹影(新潟県魚沼市)

■2010年1月31日10:50/薄日/新潟県魚沼市渋川・破間川

弱い光でも晴れてくれればやっぱり嬉しい。
川面もちょっとキラキラ。
R0020990w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

越後の民家・冬/柿ノ木集落(新潟県魚沼市)

■撮影:2010年1月31日11:30/薄日/新潟県魚沼市柿ノ木(旧入広瀬村)

最近、民家を見ると直ぐに車を停めてしまう。(笑)

ここは豪雪地帯。
屋根は自然落雪式、せがい造り(出桁造り)で軒の出を深くして外壁を雪から護る。
外壁の下見板張りの押縁ピッチは3尺。
シンプルで力強く美しい外観だ。
小屋組を現した妻壁と桁行き方向(長手方向)の外壁上部に残した漆喰の白が、この民家に力強さと同時に軽やかさも感じる要因だ。
下見板の高さはこの地域一帯でほぼ同じ。
それは、積雪深を考慮した過去の長い家づくりの過程で導き出されたものなのだろう。
当たり前であるが、住まいのありようは気候と無関係ではない。
桁行き方向にある2階のサッシ上端と下見板の上端が揃っていることも外観が美しいと感じる一因。
軒桁(屋根下)まで下見板を張り上げると少々重い感じになる。
押縁のピッチも3尺から1尺5寸にすると、これまた少々重い感じになる。

R0021025w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

弱光・破間川(新潟県魚沼市)

■撮影2010年1月31日11:45/薄日/新潟県魚沼市柿ノ木(旧入広瀬村)

豪雪地帯の川縁で、ちょっとだけ春の気配らしきものを感じた日。

R0021064h24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

魚沼市役所入広瀬庁舎(新潟県)

■撮影:2010年1月31日16:30頃/曇り/新潟県魚沼市穴沢(旧入広瀬村)

旧入広瀬村は豪雪地帯。
まち中の古い民家はどんなかな?って車を転がしていたら、エッ!こんな建築があったんだー。
設計者は誰?と思ったので魚沼市役所にメールで問い合せたら小出町の阿達完治さんという方でもうお亡くなりになったとのこと。
久しぶりに鉄筋コンクリート造らしい建築を見て感謝です。

R0021585w18

窓上の庇を支える2本の小梁は垂れ壁で隠れてもおらず、だからこそなのか、そんな細かいこと気にせんわい!という力強さも感じるしちょっとユーモラスでもある。
R0021558w18

R0021606w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

冬光・スノーシェッド(新潟県魚沼市)

■撮影:2010年1月31日12:20/薄日/新潟県魚沼市柿ノ木(旧入広瀬村)

R0021159w18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

越後のまち並み/吉田中町(新潟県燕市)/竹屋敷

昨日の続きで旧吉田町です。

■撮影:2010年1月24日16:30頃/曇り/新潟県燕市吉田中町(旧吉田町)

香林堂さんの裏手にある蔵沿いの道を少し歩いら、長〜い竹垣に囲まれた広大な屋敷があった。
ここも香林堂さんの屋敷か?と思ったらそうではなくて、別の旦那様の屋敷だそうだ。
そんな旦那様がこの町にはもう何人かおられるのだそうだ。(すごい!)

一瞬だけお日様が雲間から出た
R0020719w18

R0020730w18


今日で旧吉田町のまち歩きシリーズは終了です。
ara_umiさんが言っていた。
「吉田は香林堂さんとかを整備してまちづくりをしたら、長野県の小布施のようになるかも」って。
まち歩きしてみて本当にそう思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »