« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

椿(新潟県長岡市)

昨日の1月30日、越後長岡市街地の積雪は151cm、県内山間部の魚沼市入広瀬では何と401cm!
4mの世界なんて想像もつきません。
(愚痴は言えませんね・・・笑)

■撮影:2011年1月24日/新潟県長岡市
毎日雪降りでモノクロの世界なので、たまには色が欲しいよ〜。
(画像クリックで拡大します)
R9017046w30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

束の間の休眠(新潟県長岡市)

長岡市民も連日の除雪で疲労ぎみ。
自分、雪は好きだけれど、こんなにはいらないよ〜。
山間の豪雪地帯の人が聞いたら、「なんだそれっぽっちの雪で」ってお叱りを受けそうだけど・・・。

■撮影:2011年1月27日18:30/小雪/新潟県長岡市
連日フル稼働の除雪車。
一日でいいからゆっくり寝たいな〜、と言ってるようでした。
(画像クリックで拡大します)
R90170871w30

そして今朝(28日)も雪!
早朝というか深夜にエンジンスターターON!したのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

ブルー、ハッピー(新潟県長岡市比礼)

夜明け前、夕暮れ時、黄昏時、写真に撮ればブルーに写る時間帯が好き。

■撮影:2011年1月10日16:30/小雪/新潟県長岡市比礼
R9016963w30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

雪の家(新潟県長岡市一之貝)

連日の雪。
先週末は一日中屋根の雪下し、今週末は丸二日。
屋根の上から写真を撮ろうかともチラッと思ったがそんな気力ももう無し!
でもいい事もあり、汗をかいた後のビールが旨い!(笑)
明日からの天気予報も雪だるまが一週間続いている・・・。

■撮影:2011年1月16日13:40/雪/新潟県長岡市一之貝
冬になると気になる民家で、この家の下の道路を通る度にカメラを向ける。
昨年この民家を撮った時には、玄関までのアプローチは雪踏みがしてあり人が住んでいるようだったが、今年は雪踏みの跡は無し。
どうされたのか気になります。

R9016990h30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

雪壁を掻き上がれば(新潟県長岡市比礼)

■撮影:2010年1月16日16:00/小雪/新潟県長岡市比礼

道路の両側にはうずたかい雪の壁。
見えるのは前方に続く道路だけ。
R9017009h30

雪の壁を掻き上がってみればこんな風景が。
(画像クリックで拡大します)
R9017016w30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

地吹雪(新潟県長岡市一之貝)

■撮影:2011年1月16日12:50/風雪/新潟県長岡市一之貝

目も開けていられない。
カメラも雪まみれ。

(画像クリックで拡大します)
R9016984w30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

ツギハギ建築/有るもので、あるがままに(新潟県小千谷市北山)

■撮影:2011年1月2日12:10/新潟県小千谷市北山

山奥の北山集落から離れて建っていた農機具置場だと思われる建築。
いったん車で通り過ぎて、しばらく走ってから引き返して改めて見た。

ブリキの素板、痛んだところは青ペンキ、年月経過で色あせた鋼板張りの扉。
何で引き返して来たのだろう、何が気になったのだろうと考えた。
そうか、素材感だと気が付いた。
外壁のブリキは誰が見てもすぐわかる、補修したペンキも扉の鋼板も誰が見てもすぐわかる。
素材が嘘をついていない(○○風の材料ではない)建築と言っていい。
ことさら考えない建築、あるがままの安価な材料で造った建築。
でも、生業のためにはなくてはならない建築。

近頃はやりの、タイル貼り風や石貼り風の建材で見栄を張った建築よりも、けっして美しいとはいえないこの建築の方が素材的信頼感は上だ。
素材の信頼感は建築の信頼感につながるのですね。
この建築は高倉健さんだ・・・(失礼かな〜?)。

R90166912h30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

雪杉(新潟県長岡市比礼)

■撮影:2011年1月10日15:05/小雪/新潟県長岡市比礼

R9016916h30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

雪柿(新潟県長岡市比礼)

■2011年1月10日15:15/小雪/新潟県長岡市比礼

鳥が柿をついばんでいました。
やっぱりねー、熟すと鳥が食べに来るんですね。
食べられる前の柿の木はこちら
(全く同じアングルでしたね。別の撮り方がないのかしら・・・笑)

R9016935h30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

寒波来襲(新潟県長岡市一之貝)

地吹雪が舞う。
こんな日にセンター試験だなんて、受験生は大変だよ。

■撮影:2011年1月16日12:45頃/吹雪/新潟県長岡市一之貝

R9016982h30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

家路(新潟県長岡市・長生橋)

■撮影:2011年1月2日16:45頃/新潟県長岡市・長生橋

年末年始のお酒が抜けきれずに撮っていました。
フラフラする〜(笑)。

R9016759h30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

薄茜樹(新潟県長岡市軽井沢))

■撮影:2011年1月10日16:05/雪、一時止む/新潟県長岡市軽井沢

まもなく夕暮れ。
立派な木だよな〜って、車の中からぼ〜っと眺めていたら一瞬だけ雪が止み空はうっすらと茜色に。
微妙な気象の変化を体感した嬉しい日。

R9016951h30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

良寛の誕生地・出雲崎町(新潟県三島郡)

■撮影:2011年1月9日14:30頃/雪/新潟県三島郡出雲崎町

出雲崎は歴史のある町。
・江戸時代は佐渡島からの金銀の荷揚げの地であり幕府直轄の天領
・北前船が寄港した湊町
・北国街道の宿場町
・漁師町
・そして、良寛誕生の地。
冬期間、最大瞬間風速が30mも40mも記録する気候は人間形成にも建築のありようにも影響する。
コンビニの安物の傘をさしながら撮影していたところに、ちょっと強い風雪がきたらグニャッとなってバラバラになってしまった。
自然にはかなわない!

R9016843h30

R9016808h30

海側には、漁師さんの生業のための建築が建ち並ぶ
R9016836w30

上の写真の家並みの反対側は旧北国街道が通り、こちらは住まいの顔。切妻屋根で妻入りの景観が4kmの長さで延々と連続する。
R9016910w30

R9016803h30

出雲崎はなんて暗い町なんだろうと誤解されると困ります。
出雲崎の名誉のためにこちらの写真も見てくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

海雪・出雲崎町(新潟県三島郡)

海雪、演歌歌手のジェロさんが歌って大ヒットしましたよね。
舞台はここ出雲崎町。

そして、ここは良寛が生まれ育った町。
良寛の思想の根源は、この気候風土によるところが大きいのかもしれません。

■撮影:2011年1月9日14:30頃/雪/新潟県三島郡出雲崎町

R9016809h30_2

R9016811h30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

雪影(新潟県長岡市左近)

■撮影:2011年1月2日15:25/薄日/新潟県長岡市左近

雪面から葡萄棚(たぶん)だけが顔を出していて、そのパターンが面白くて車をストップ。
影が出るのを待って、雲間から薄日が出たところでシャッターを切る。

(画像クリックで拡大します)
R90167102w30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

越後の民家/大白倉集落(新潟県十日町市)-2

前回のつづきです。

■撮影:2011年1月2日9:00〜11:00/薄日、小雨/新潟県十日町市大白倉

今日の写真は、全て同じ民家です。
築120年ほどらしく、この集落で最も古い民家だと集落に住んでおられる方から聞きました。
元の住人は高齢で一人になったので関東圏で子供家族と同居していて、この民家の管理はお向かいさんがしているそうです。
過疎地ではよく聞く話なのですけど・・・。

(画像クリックで拡大します)

R9016597w30

「中門造り」は茅葺屋根の母屋に切妻屋根の中門が付く場合が多いのだけれど、この民家は中門も茅葺き屋根で珍しい。
R9016626h30

R9016627h30

R9016628h30

実を言いますと、こうやって民家を外からだけ写真にとっていると欲求不満になります。
今までの経験では、外観はどうってことないのに、中に入ったらアッと驚くことが多々あります。
気候風土に対応した工夫やら、暮らしの知恵が随所に見られることがほんとうに多いのですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

越後の民家/大白倉集落(新潟県十日町市)-1

今日は仕事始めだから、建築写真にします。

■撮影:2011年1月2日9:00〜11:00/薄日、小雨/新潟県十日町市大白倉

大白倉集落は山間の豪雪地帯にある。
現在の戸数は13戸、子供は4人だそうだ。
今年の正月は例年に比べて極端に雪が少ないようだ。

住民の方から教えて頂いた。
昨夏は猛暑続きで、昨年の新潟県産米の一等米比率は全県下で過去最低の20%弱であった。
でも、ここ大白倉集落の米は全て1等米だったそうで、そして抜群に旨い!
(注記:米の等級検査は見てくれ検査で、食味は検査しません)
全て1等米の要因は、標高が高く夏の夜も気温が高くならない事、そして豊かな水。


築100年程の典型的な「中門造り」の民家。「中門」とは母屋の前または後ろに突き出た玄関や馬屋の部分をいう。かつての茅葺き屋根を鋼板で改修。現在の所有者は首都圏の大学の先生で、元の住人は平場に移り住んでこの家の管理をしているそうだ。
R9016607w30

R9016609h30

屋根は豪雪地帯にある民家の定番「船枻(せがい)造り」
R9016636w30

屋根に映った樹影が印象的だったのでワンカット
R9016612h30

この民家は大きいなー。下屋の部分はかつての馬屋かな?
R9016642w30

窓の意匠も豊だ
R9016645w30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

ソリ遊び(新潟県長岡市左近)

■撮影:2011年1月2日15:45/薄日/新潟県長岡市左近

もうすぐ日が暮れちゃうよ。
長岡人にだけ有名な(たぶん)、長岡甚句に出てくる信濃川の「♪左近の土手で〜♫」。
お父さんは、子供のためにカンジキで雪を踏み締めてセッセとゲレンデ作り。
お嬢ちゃん達はキャッキャと滑り降りては斜面を登り、そしてまた滑り降りる。
雪国の遊びを楽しんでね。
親子のかけがいのない時間かな?

R9016718h30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

竹林(新潟県長岡市寒沢)

みなさま、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

■撮影:2010年12月19日13:30/晴れ/新潟県長岡市寒沢

今年は、この竹のように真っ直ぐ空(目標)に向って行きたいなー。
R9016239h30

R9016238h30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »