« 雪杉(新潟県長岡市比礼) | トップページ | 地吹雪(新潟県長岡市一之貝) »

2011年1月20日 (木)

ツギハギ建築/有るもので、あるがままに(新潟県小千谷市北山)

■撮影:2011年1月2日12:10/新潟県小千谷市北山

山奥の北山集落から離れて建っていた農機具置場だと思われる建築。
いったん車で通り過ぎて、しばらく走ってから引き返して改めて見た。

ブリキの素板、痛んだところは青ペンキ、年月経過で色あせた鋼板張りの扉。
何で引き返して来たのだろう、何が気になったのだろうと考えた。
そうか、素材感だと気が付いた。
外壁のブリキは誰が見てもすぐわかる、補修したペンキも扉の鋼板も誰が見てもすぐわかる。
素材が嘘をついていない(○○風の材料ではない)建築と言っていい。
ことさら考えない建築、あるがままの安価な材料で造った建築。
でも、生業のためにはなくてはならない建築。

近頃はやりの、タイル貼り風や石貼り風の建材で見栄を張った建築よりも、けっして美しいとはいえないこの建築の方が素材的信頼感は上だ。
素材の信頼感は建築の信頼感につながるのですね。
この建築は高倉健さんだ・・・(失礼かな〜?)。

R90166912h30

|

« 雪杉(新潟県長岡市比礼) | トップページ | 地吹雪(新潟県長岡市一之貝) »

風景」カテゴリの記事

コメント

おっしゃっている建築の素材観、たいへん同感します。
巷で最近新築されている家は、外から見ていて元気が出るものが、あまりないような気がします。

投稿: 野田ヒデヨ | 2011年1月31日 (月) 06時26分

野田ヒデヨさん

建築の素材感、大事にしたいですよね。

投稿: imai | 2011年1月31日 (月) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527452/50473686

この記事へのトラックバック一覧です: ツギハギ建築/有るもので、あるがままに(新潟県小千谷市北山):

« 雪杉(新潟県長岡市比礼) | トップページ | 地吹雪(新潟県長岡市一之貝) »