« 雪・まだまだ序の口(新潟県長岡市一之貝) | トップページ | 棚田・雪景(新潟県長岡市比礼) »

2011年12月21日 (水)

雪柿(新潟県長岡市比礼)

残り柿はだいぶ少なくなった。
鳥が晴れ間の時に啄んでいるようだ。
柿が無くなったら鳥は何を食べて冬を越すのだろう。

■撮影:2011年12月17日13:30/小雪/新潟県長岡市比礼
R90242232h30


|

« 雪・まだまだ序の口(新潟県長岡市一之貝) | トップページ | 棚田・雪景(新潟県長岡市比礼) »

風景」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
柿が減っていき寒い冬をどやって越えるのか、
鳥たちの越冬が心配ですね。
一面雪に覆われてしまうと餌を探すにも見つけることすら出来ないのでは・・・

雪景色は詩情を強く感じ詩の世界に入っていきたくなります。

投稿: あき | 2011年12月22日 (木) 18時55分

こんばんは~
お久しぶりです^^

私の駄ブログにコメントを寄せていただき恐縮です。
私も時々貴殿のブログを拝見して楽しませていただいてます。
写真を拝見しながら、雪国の大変さを思いつつ、どこか羨ましさを禁じえません。
このところ私たちの地方でも、寒波到来で大変寒い日が続いていますが、御地に比べれば、まだまだ凌ぎやすいことと拝察いたします。
年末押し詰まってきましたが、風邪など召されませんようご自愛ください。

投稿: カルナ | 2011年12月22日 (木) 19時50分

あきさん

本当に鳥たちは何を食べて冬を越すのでしょうね。
その方面の知識もさっぱりありません。
詩の方もさっぱりの私ですので、あきさんにお任せします。

投稿: imai | 2011年12月22日 (木) 23時31分

カルナさん

雪国の暮らしは大変なこともありますが、楽しみもあるんですよ。
除雪して汗をかいた後のビールの旨い事とか、雪から開放された春の劇的な光の輝きとか、まだまだいっぱい。
カルナさんもどうぞご自愛ください。

投稿: imai | 2011年12月22日 (木) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527452/53518621

この記事へのトラックバック一覧です: 雪柿(新潟県長岡市比礼):

« 雪・まだまだ序の口(新潟県長岡市一之貝) | トップページ | 棚田・雪景(新潟県長岡市比礼) »