« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

万両

寒いですね。
越後長岡は毎日、雪、雪、雪で白い風景は食傷気味。
ただでさえ地味〜なブログなので、こんな時には色物写真を。

■撮影:2012年1月22日/新潟県長岡市
R90250532h30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

出雲崎の町屋の原型(新潟県三島郡出雲崎町)

今日は記録写真です。

切妻屋根で妻入り。
瓦屋根、押縁下見板張りの外壁、雁木、格子。
出雲崎の町屋の原型。

■撮影:2012年1月9日16:00/みぞれ/新潟県三島郡出雲崎町

R9024791h30

R9024802w30

R9024805h30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

里山・冬の夕暮れ

雪だるまの天気予報から一転、午後から薄日が射して夕方には夕日が。
こんな嬉しい時には、仕事帰りだけれどちょっと道草。(笑)

■撮影:2012年1月24日16:30/晴れ/新潟県長岡市町田
R9025081h30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

小須戸の町屋/浜屋さん/ナカニワ・トオリドマ(新潟市秋葉区小須戸)

「浜屋商店の写真があると聞いており是非拝見したいと探しましたが見当たりませんでした。ついては再度ブログに掲載していただければ幸いに存じます。」とのメールが小須戸のご出身で横須賀市在住のKさんから私のところに来ました。
お会いした事のないKさんから、この拙いブログに興味をもって頂き恐縮しておりますが、これもネット社会のありがたいご縁と感謝し、2010年11月5日にこのグログで掲載した記事を再アップします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■撮影:2010年9月17日/新潟市秋葉区小須戸

この日、酒屋と化粧品店を営む浜屋さんの町屋を調査させて頂きました。
(浜屋さんから掲載許可を頂いたのでブログにアップします)

○○ちゃんは、表通りからウラニワまで土足で通り抜けできるトオリドマで三輪車に乗って遊んでいます。
(なるほど、トオリドマは子供の遊び場にもなるのですね)

トオリドマに沿ったナカニワには、花(仏様に供えるのでしょうか)がバケツに入れて置いてあります。
振り売り(行商)のおばさんから買った枝豆もザルに盛られて置いてあります。
生活感が溢れている素敵なナカニワです。

おかみさんが、トオリドマから食事室を兼ねたダイドコロに入り、枝豆の茹で加減をみてはまたミセ番に戻っていかれます。
(土足の暮らしって便利なものですね)
その絶妙な茹で加減の枝豆は、調査後に僕らの前にボールごとドサッと出され、遠慮しながら(?)もあまりにも美味しかったので全部食べてしまいました。
浜屋さん、ご馳走様でした。

このように、小須戸の町屋の暮らしは、トオリドマとナカニワを中心に成り立っています。
ナカニワは、ダイドコロで食事しながら緑を眺め、月見や雪見を楽しみ(「雪が好き」とおっしゃったおかみさんの言葉が印象的でした)、お茶を飲み、枝豆や西瓜を食べ、風が通り抜け、光りを取り込み、冬には雪下ろしの場ともなる暮らしと密着した多用途空間です。

羨ましいほどに暮らしを楽しんでおられるご家族に会えた私も幸せな気分となりました。
愛着をもって暮らせる住まいの先に、豊かなまちづくりがあるのだと実感しました。
小須戸のまちが増々素敵になるように願っています。

浜屋さんの皆様、ありがとうございました!(感謝!感謝!です)


(画像はクリックで拡大します)

R00342541w30

R0034251w30

R0034277h30

R00342562w30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

この道の先に・・・(新潟県長岡市山古志)

■撮影:2012年1月22日16:30/雲間からお日様/新潟県長岡市山古志油夫
R90250743h30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

海辺のまち/宮川集落(新潟県柏崎市宮川)

■2011年12月31日/14:00/曇り/新潟県柏崎市宮川

R90245982w30

R9024596w30

R9024593w30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

雪紋・氷紋(新潟県長岡市)

キラキラ雪と、枯葉を閉じ込めた氷。
ほんのすこーし春を感じた日。(嬉しいなー)
昼休みに数カット。

■撮影:2012年1月18日12:45/晴れ/新潟県長岡市

R90249592w30

R90249611h30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

諏訪神社(新潟県柏崎市石塚)

昨年の大晦日。
年が明ければ、集落の人がこの神社でお参りするのだろう。
そして参拝者のために準備をした集落の人がいた。
そんな暮らしを想像しながらシャッターを切った。

■撮影:2011年12月31日12:00/小雪/新潟県柏崎市石塚
R90245792h30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

賽の神(新潟県長岡市鉢伏町)

朝8時から、大人は賽の神作り。
子供と高齢者は雪灯籠作り。
夕方暗くなる前に賽の神に点火。
スルメを焼いて食べて無病息災を祈る。

■撮影:2012年1月14日/雪/新潟県長岡市鉢伏町

R90248833h30

R9024920w30

R9024942h30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

スノードライブ

目の前が見えなくなるほど雪が降り続いていた。
あれ?雪が止んだ。
こんな時は、ルンルン気分で握るハンドルも軽やかに。

■撮影:2011年12月31日10:45/新潟県柏崎市高柳町

R90245474h30

R90245572h30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

雪紋(新潟県長岡市)

仕事から帰ってきたら、玄関前の舗装上の雪が解けて紋様が。
どうってこともないのだが、二度と同じ紋様は見られないと思ってワンカット。

■撮影:2012年1月12日/新潟県長岡市
R9024848h30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

越後のまち並み/出雲崎集落(新潟県三島郡出雲崎町)

集落が夜に沈みゆく。
明日は出漁できるのでしょうか。

■撮影:2012年1月9日17:00/冷たい雨/新潟県三島郡出雲崎町
R9024824w30

本当はこんな風景を期待して行ったんですけどねー。(空振り)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

椿とお地蔵様(新潟県三島郡出雲崎町)

越後長岡はここのところ毎日雪が降ったり止んだりでモノトーンの世界。
ここ沿岸部の出雲崎に雪はない。
久しぶりに色の付いた花を見ると嬉しいね。

■撮影:2012年1月9日15:00/冷たい雨/新潟県三島郡出雲崎町
R90247862h30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

越後の冬海(新潟県柏崎市椎谷)

たまにはハッピーな写真をアップしたいけれど手持ちが無ーい。

■撮影:2011年12月31日15:30/新潟県柏崎市椎谷
R9024685w30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

越後のまち並み/椎谷集落(新潟県柏崎市椎谷)

■撮影:2011年12月31日14:30/曇り/新潟県柏崎市椎谷

西の日本海と東の山に挟まれた狭い平地に旧北国街道が続き、その街道に沿って椎谷集落はある。
鉄塔が林立している場所のすぐ向こうは東京電力柏崎刈羽原子力発電所。
高台からこの風景をじぃっと見ていたら、東日本大震災で被災した集落と同じではないかと・・・。
R9024697w30

切妻屋根で妻入りのまち並みは、新潟県中越地方の沿岸部に多くみられる。
屋根は瓦、外壁は下見板で、塩害に強い外装材は沿岸部の定番。
冬期には時に風速30mをも越す海風が荒れ狂うのだから、下見板は屋根下までしっかりと張り上げられる。
沿岸部から離れた地域に見られる、外壁の上部にシックイ壁を残したようなデザインはここでは気候が許さない。
新建材のサイディングを張った住まいも見受けられるが、外壁材で一番長持ちするのは板張りなのになー。
R9024603w30

R90246152w30

R9024627w30

R9024632w30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

椎谷鼻灯台(新潟県柏崎市椎谷)

■撮影:2011年12月31日15:10/新潟県柏崎市椎谷
R90246562h30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

冬・荻ノ島集落のまち並みと民家-4(新潟県柏崎市高柳町)

昨日と同じ荻ノ島集落です。
同じような写真ばっかりで、皆さん飽きましたよね。
今日でラストにします。

下の写真4枚は全て同じ民家です。
以前に調査のお願いをしましたが、都合がつかず断念した民家です。(屋内を拝見したい!)
茅葺屋根の母屋に増築したと思われる「表中門」と「裏中門」は、まだそれほど年月は経っていないようです。
造りのしっかりとした家をつくり、家族構成や時代の価値観に合わせ手を入れながら永く住み続ける。
30年や40年で壊されてきた戦後の家づくりとは根本的に家に対する価値観が違いますよね。
住まいの一つ一つは建築としては小さなものですが、その一つ一つの家が、そしてそこに暮らす一人一人がまちをつくっていくのだと思います。
首都圏でも地方でも。
東日本大震災で崩壊した集落ではこれから本格的に復興住宅が再建されると思いますが、永く住み続けて集落の再生が出来るような住まいができたらいいなー、と思うのは僕だけではないと思います。

■撮影:2011年12月31日8:00〜10:00/雪、時々薄日/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

茅葺きの母屋から突き出た「表中門」
R9024537w30

雪に埋もれた1階窓と、冬期も屋内に採光するための欄間。
R9024540w30

茅葺きの母屋から突き出た「裏中門」
R9024497w30

R9024528w30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

冬・荻ノ島集落のまち並みと民家-3(新潟県柏崎市高柳町)

一昨日と同じ荻ノ島集落です。

仕事柄、まち並みや建築写真は記録が主体になってしまいます。
光線状態が良ければ、それでもたまーに自己満足的感動写真が撮れることもあるのですが、この日のように雪降りの日中に広い風景写真なんか撮っても、どうもねー状態です。
今日も僕の記録にお付き合いいただき恐縮です。

■撮影:2011年12月31日8:00〜10:00/雪、時々薄日/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

R9024499w30

R9024516w30

R9024491w30

R9024488w30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

ご神木/蒼紫神社(新潟県長岡市)

今日は、食っちゃ寝のだらけた気分を一新すべく初詣に行って来てから仕事始め。
でも、なかなかエンジンがかかりませんね。
(毎年のことですが・・・笑)

■撮影:2012年1月4日10:00/小雪/新潟県長岡市・蒼紫神社

R9024743h30

R9024747w30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

冬・荻ノ島集落のまち並みと民家-2(新潟県柏崎市高柳町)

昨日と同じ荻ノ島集落です。
ぼんぼん降っていた雪が小降りになったと思ったら薄日も出て来ました。

■撮影:2011年12月31日8:00〜10:00/雪、時々薄日/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

R9024458w30

R9024485w30

主屋の1階の窓は雪で半分以上埋まってしまいました。
でも屋内にはその上にある欄間で採光しますから真っ暗にはなりません。
欄間の内側は吹抜の縁側になっていて、その奥にある茶の間や座敷は縁側の欄間を経由して外光を取り入れます。(屋内を見た訳じゃないので想像ですけどね・・・)
昔から長い時間を掛けて導き出された開口部のデザインです。
R9024453w30

R9024470w30

R9024460w30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

冬・荻ノ島集落のまち並みと民家-1(新潟県柏崎市高柳町)

荻ノ島は、集落の真ん中にある耕作地を囲むように家屋が建ち並ぶ日本では珍しい環状集落です。
激しく雪が降っていたかと思うと時々薄日も射す中を、傘をさしながらの撮影です。

■撮影:2011年12月31日8:00〜10:00/雪、時々薄日/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

中門造りの民家です。「中門」とは主屋から突き出た玄関や厩の部分をいいます。主屋の裏側に寝室等が突き出た「裏中門」をもつ民家も見受けられます。
R90244182w30

R9024437w30

R9024448h30

環状集落の景観的な特徴は、耕作地を挟んだ対面にはよその家が見えることです。
コミュニティー形成には有効な集落形態です。
R9024427w30

住民の方にお会いすれば、「おはようございます。写真を撮らせて頂いてます」とご挨拶します。
すると「ご苦労さまですね」なんて言葉をかけてくださいますが、大晦日に写真を撮っていることに少々恥ずかしさも感じます。(物好き・・・笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

茅葺き民家の夜明け/荻ノ島集落(新潟県柏崎市高柳町荻ノ島)

今年もよろしくお願いします。

■撮影:2011年12月31日6:30/雪/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

一昨年、集落調査をさせて頂いた時にお邪魔した民家です。
夜明け前に灯りがともったのですから、主のおばあちゃんは元気なようです。
よかった〜!!
(大晦日なのでご挨拶はしませんでした)
R9024382h35

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »