« この道の先に・・・(新潟県長岡市山古志) | トップページ | 里山・冬の夕暮れ »

2012年1月24日 (火)

小須戸の町屋/浜屋さん/ナカニワ・トオリドマ(新潟市秋葉区小須戸)

「浜屋商店の写真があると聞いており是非拝見したいと探しましたが見当たりませんでした。ついては再度ブログに掲載していただければ幸いに存じます。」とのメールが小須戸のご出身で横須賀市在住のKさんから私のところに来ました。
お会いした事のないKさんから、この拙いブログに興味をもって頂き恐縮しておりますが、これもネット社会のありがたいご縁と感謝し、2010年11月5日にこのグログで掲載した記事を再アップします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■撮影:2010年9月17日/新潟市秋葉区小須戸

この日、酒屋と化粧品店を営む浜屋さんの町屋を調査させて頂きました。
(浜屋さんから掲載許可を頂いたのでブログにアップします)

○○ちゃんは、表通りからウラニワまで土足で通り抜けできるトオリドマで三輪車に乗って遊んでいます。
(なるほど、トオリドマは子供の遊び場にもなるのですね)

トオリドマに沿ったナカニワには、花(仏様に供えるのでしょうか)がバケツに入れて置いてあります。
振り売り(行商)のおばさんから買った枝豆もザルに盛られて置いてあります。
生活感が溢れている素敵なナカニワです。

おかみさんが、トオリドマから食事室を兼ねたダイドコロに入り、枝豆の茹で加減をみてはまたミセ番に戻っていかれます。
(土足の暮らしって便利なものですね)
その絶妙な茹で加減の枝豆は、調査後に僕らの前にボールごとドサッと出され、遠慮しながら(?)もあまりにも美味しかったので全部食べてしまいました。
浜屋さん、ご馳走様でした。

このように、小須戸の町屋の暮らしは、トオリドマとナカニワを中心に成り立っています。
ナカニワは、ダイドコロで食事しながら緑を眺め、月見や雪見を楽しみ(「雪が好き」とおっしゃったおかみさんの言葉が印象的でした)、お茶を飲み、枝豆や西瓜を食べ、風が通り抜け、光りを取り込み、冬には雪下ろしの場ともなる暮らしと密着した多用途空間です。

羨ましいほどに暮らしを楽しんでおられるご家族に会えた私も幸せな気分となりました。
愛着をもって暮らせる住まいの先に、豊かなまちづくりがあるのだと実感しました。
小須戸のまちが増々素敵になるように願っています。

浜屋さんの皆様、ありがとうございました!(感謝!感謝!です)


(画像はクリックで拡大します)

R00342541w30

R0034251w30

R0034277h30

R00342562w30

|

« この道の先に・・・(新潟県長岡市山古志) | トップページ | 里山・冬の夕暮れ »

民家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527452/53811315

この記事へのトラックバック一覧です: 小須戸の町屋/浜屋さん/ナカニワ・トオリドマ(新潟市秋葉区小須戸):

« この道の先に・・・(新潟県長岡市山古志) | トップページ | 里山・冬の夕暮れ »