« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

光・養鯉池(新潟県長岡市川口木沢)

養鯉池に張られた鳥除けのナイロン糸。
心の琴線に響いた。

■撮影:2012年5月27日5:15/晴れ/新潟県長岡市川口木沢
Img_6167k2h30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

薄靄・夜明け(新潟県長岡市川口木沢)

雪解けから新緑のこの時期、越後の山間の有名撮影地では三脚がズラッと並び風景を見ているのか人を見ているのか分らない程になる。
どうもそんな所は苦手で、この日も誰も居そうもないところへ。
集落の人もまだ農作業には来ない。
一人で朝の風景を楽しむ。

■撮影:2012年5月27日4:57/晴れ/新潟県長岡市川口木沢(旧川口町)
Img_6153w30


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

牡丹(新潟県長岡市)

少し前に、ダンさんが「立てば芍薬・・・」って、濃厚な色香漂う美人をブログにアップされた。
ならばって僕も、「座れば牡丹・・・」で妖艶さをなんて思って赤い牡丹も撮ってはみたが、こりゃダメだって。
色っぽさを理解するには修行不足。(笑)
花に感情を込めて撮ることの難しさよ・・・。

■撮影:2012年5月15日12:40/小雨/新潟県長岡市/自宅
そんなに見つめられたら恥ずかしいわ・・・。これは中学生の少女。
Img_5454h30

■撮影:2012年5月13日6:50/小雨/新潟県長岡市/自宅
ふんわりと・・・。これは産まれたばかりの女の子。
Img_5268w30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

奥深き空間/旧笹川家住宅(重要文化財)・・・新潟市南区味方

ただ移動するためだけに高速道路を走るということが苦手。
先週土曜日、新潟市内からの仕事の帰り道、さてどの道で帰ろうか。
思い立って旧笹川家住宅に寄ってみた。
人はこれを道草と言うけれど・・・。(笑)

入口と囲炉裏の間を緩やかに繋ぐ土間、庭と座敷を緩やかに繋ぐ土縁。
奥行きの深い空間がここにある。

■撮影:2012年5月26日15:30〜17:00/晴れ〜曇り/新潟市南区味方(旧味方村)

Img_6088kh30

Img_6097w30

Img_6103w30

Img_6072h30

Img_6108w30

Img_6080w30

写真を撮ってみて思った。
この民家は建物の方位から、開館時刻の午前9時から午後1時頃までの間に撮るのが良さそうだ。
こんどはこの時刻に。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

山本山高原・菜の花畑(新潟県小千谷市)

菜の花の見頃はまだまだ続くようです。
どうぞお出かけください。

■撮影:2012年5月27日7:30/晴れ/新潟県小千谷市・山本山高原

Img_6247w30

Img_6280w30

申し訳ございません。後ろから撮らせていただきました。
Img_6252w30

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

守門岳・春霞朝景(新潟県長岡市比礼)

比礼の棚田の正面に守門岳(すもんだけ)。
日本200名山で、100名山でないのがチト悲しい。
標高は1537mしかないけれど、僕にとっては名峰。
10年程前の6月に、残雪を踏みしめて登ったのが最後。

■撮影:2012年5月19日5:30/晴れ/新潟県長岡市比礼(旧栃尾市)
Img_5547kw30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

破間川/雪解け水(新潟県魚沼市五味沢)

■撮影:2012年5月20日12:30〜16:00/晴れ/新潟県魚沼市五味沢

浅草岳のブナ林の雪解け水は急峻な沢を駆け下り、
07_img_5769h30

破間川(あぶるまがわ)へ合流。
09_img_5818h30

雪解け水は、時には輝き
10_img_5700w30

時には優しい表情を見せながら、
11_img_5807w30

麓の集落の田畑を潤し魚野川、そして信濃川へと合流し、越後平野の穀倉地帯を流れては新潟市で日本海に注ぎ、森の栄養分を含んだ水が魚介類をも育てる。
漁師さん達が海の環境を護るために、山の環境をも護る活動をしているそうだ。
難しい話しはよくわからないけれど、旨い米も、旨い酒も、旨い魚も、根源は豊かな森の水だってことかな。
なんてことは、普段は思いもしないで、ただ「旨い魚で一杯やりてーなー」なんてことばかり。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

浅草岳のブナ林へ(新潟県魚沼市五味沢)

この時期になると、決まって残雪のブナ林を歩きたくなる。
熊が出ませんようにと願いながら、熊除けの鈴をザックに付け、チリンチリンと鳴らしながら浅草岳のブナ林に入る。
小さな沢に両手を突っ込んで雪解け水を飲んでは、ふぅ〜っと息を吐く。
天を仰げばブナの新緑が目に滲みる。
半日、森の中で遊ばせてもらって感謝。

■撮影:2012年5月20日12:30〜16:00/晴れ/新潟県魚沼市五味沢

Img_5708h30

05img_5785w30

02_img_5719h30

Img_5767h30

Img_5721h30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

破間川(新潟県魚沼市柿ノ木)

目的地はこの先のブナの森だが、この場所の景色が好きでこの日も1時間程撮影。
浅草岳からの雪解け水が流れゆく。
いつもと違い、今日はばかに水が緑色。

■撮影:2012年5月19日10:30/快晴/新潟県魚沼市柿ノ木
Img_5650w30

Img_5660h30

Img_5693w30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

浅草岳の見える集落(新潟県魚沼市穴沢付近)

ここ旧入広瀬村は日本有数の特別豪雪地帯。
2011年の冬には、穴沢集落での最高積雪深はなんと4m超。

穴沢集落から見える花の名山・浅草岳も雪解けが進む。
急峻な沢の雪解け水は、幾筋もの沢水と合流し破間川(あぶるまがわ)となり、そして田圃へ。
浅草岳の雪解け水はブランド米・魚沼産コシヒカリの源。

■撮影:2012年5月20日9:30/快晴/新潟県魚沼市穴沢付近(旧入広瀬村)

浅草岳
Img_5630h30

破間川(あぶるまがわ)
Img_5644h30

昨秋の豪雨で被災した田圃、今冬の豪雪で雪解けが遅れた田圃の田植えは遅れているようだ。愛情を込めて苦労して作る米。みなさん、ご飯を食べましょう。
Img_5632h30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

比礼の棚田(新潟県長岡市比礼)

比礼集落は田植えの真っ最中。
田圃脇の林に入れば、山フジの花が咲きタニウツギの赤い蕾も膨らみ始めた。
薫風の早朝、写真を撮っていると本当に気持ちがいい。


■撮影:2012年5月19日5:30〜6:30/晴れ/新潟県長岡市比礼(旧栃尾市)

Img_5571w30

Img_5561w30

Img_5527w30

Img_5565w30


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

比礼の棚田/田植え日和の朝に(新潟県長岡市比礼)

絶好の田植え日和になりそうだ。
お怪我などないように。

■撮影:2012年5月19日4:30〜5:30/晴れ/新潟県長岡市比礼

Img_5532w30

Img_5505w30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

モミジ葉・雨の日(新潟県長岡市・悠久山公園)

■撮影:2012年5月3日10:00/小雨/新潟県長岡市・悠久山公園
Img_4781w30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

夕日(新潟県小千谷市小栗山より)

厚い雲からお日様が再び顔を出す。
赤いベロ出し、あっかんべえ。(笑)

■撮影2012年5月13日18:41/晴れ/新潟県小千谷市小栗山より
Img_5376h30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

新緑の頃・・・フキとツツジ(新潟県長岡市)

4月半ばには、雪消えを追うようにフキノトウで埋まった自宅の小さな崖地。
5月半ばともなれば、フキノトウはフキに成長し地面を覆い尽くす。
雪消えとともに咲き始めたキクザキイチゲもナガハシスミレも今は散ってフキの下。
時々フキを採ってきて、茎の皮を剥いてキンピラにして食べれば、初夏の香りに季節の移ろいを感じる。

お隣さんの山のツツジをアクセントに撮ってみる。
こんな何気ない景色がけっこう好き。

■撮影:2012年5月13日6:45/曇り/新潟県長岡市/自宅
Img_5260_k_w30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

輝く田(新潟県長岡市)

水の張られた田圃が夕日に輝く。
この時期だけに見られる風景。

■撮影:2012年5月13日18:23/晴れ/新潟県小千谷市小栗山より
Img_5354w30

もうちょっとシャープな画像を期待していたのだが。
画像データを確認したらめいっぱい絞り込んでいて、レンズの解像度が落ちたようだ?
こんな場面で絞り込まなくてもよかったのに。
光が刻一刻と変化して、ファインダー内の情報確認まで注意がいかず。(反省)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

新緑・渓流(新潟県長岡市一之貝)

■撮影:2012年5月12日16:00/曇り/新潟県長岡市一之貝
Img_5237h30


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

棚田 空を映す(新潟県長岡市比礼)

今週末、長岡市の平場は田植えの最盛期。
一方、山間の集落の田圃は今は水が張られていて、これから代掻きしてその後田植え。

■撮影:2012年5月12日16:40/雲間から太陽/新潟県長岡市比礼
Img_5250w30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

種月寺・・・新緑と落雪椿(新潟市西蒲区石瀬)

昨日と同じ種月寺です。

諸行無常・・・なんて。(柄にもなく)

■撮影:2012年5月5日/晴れ〜曇り/新潟市西蒲区石瀬(旧岩室村)

Img_5069w30

Img_5012w30

Img_4994_k3h30

Img_5031w30

Img_5034w30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

種月寺・・変化する景色−2/新潟市西蒲区石瀬

昨日の続きです。

■撮影:2012年5月5日/晴れ〜曇り/新潟市西蒲区石瀬(旧岩室村)

中門越しに本堂の屋根の見える参道を、足元に落ちている雪椿を見ながら木漏れ日の中を歩いて、
Img_4946h30

中門まで来たら、浅緑の葉をつけた樹木が斜光で美しかったので、しばし佇む。
Img_4960w30

中門下に入れば、境内を囲い込んでいる魅力的な空間の回廊が目に入り、
Img_5041w30

中門下からは正面に本堂の入り口が見えるものの、この位置からは両側に樹木があって本堂の全貌は見渡せず。
Img_4964w30

樹木の間を通り抜けると本堂の全体がほぼ見えて、
Img_5059w30

本堂に入る。先日亡くなった中学以来の親友の父上に「大変お世話になりました」と合掌。
Img_5028kh30

明日も続く。(予定です)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

種月寺・・変化する景色−1/新潟市西蒲区石瀬

ヨーロッパのランドマークとなる教会などの宗教建築は広く平坦な広場に建っていることが多く、その広場に立てば建築の全体が見渡せる構成になっている。
一方、日本の寺社建築の本殿は山の高台にあったり、鬱蒼とした杉木立の長い参道の奥にあったり、本殿までの間に幾つもの山門があったりで、境内の入口に立っても本殿の全貌が見えないことも多い。
参道を歩きながら四季折々の自然を楽しみながら本殿に至る景色の変化は、寺社建築を見る楽しみの一つである。

種月寺(しゅげつじ)は開山550年以上の曹洞宗の越後の古刹。
本堂は重要文化財に指定されている。
境内の入口から景色の変化を楽しみながら訪れてみた。

■撮影:2012年5月5日/晴れ〜曇り/新潟市西蒲区石瀬(旧岩室村)

山門前の八重桜をゆっくりと眺めてから
Img_4905w30

山門にたどりついたら、参道脇の杉木立の向こうに本殿の屋根らしきものが見え
Img_4916h30

山門をくぐったら、脇に「西国三十三ケ所間世音菩薩石像」があったので寄り道して
Img_4939h30

さらにその奥に、小さな沢の水面に緑が映り込んでいたので、またまた寄り道して
Img_4943h30

元の参道に戻ってきて、歩いてきた道を振り返ったら、そこには山門を額縁に見立てた八重桜。
Img_4936h30

明日も続く。(予定です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

常盤碇草(トキワイカリソウ)/新潟県長岡市・悠久山公園

なんだろ、この幽霊のような花は?
図鑑で調べたら、「常盤碇草(トキワイカリソウ)」のところにチェックマークが入っていた。
前にも調べたのだろうが、覚えられなかったようだ。(いつもの事だ)
「常磐」は常緑、「碇草」は花が碇のように見えるからだそうだ。
そう言われてみれば、確かに碇のように見えなくもないけど・・・、草ってのも何だかピントこない・・・。

そこで思った、この花のアダナを「幽霊花」にしようって。
幽霊たって、怖いヤツではなくて、清楚で少し寂しげに俯く幽霊だ。
これなら忘れることはない?(笑)

■撮影:2012年5月9:30/小雨/新潟県長岡市・悠久山公園

Img_4806h30

Img_4811h30


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

クサソテツ(新潟県小千谷市小栗山)

クサソテツの小さいのが山菜のコゴミ。
「コゴミはクセがなくてウメーよな」ってSが地酒を飲みながら言う。
「いや〜、山菜はウドとかフキノトウとか、ちょっと苦くてクセがあったほうがウメーよ」って俺。
ま〜、山菜採りが命みたいな友人が採ってきたコゴミを食べさせてもらっている身としては、これ以上は・・・。

でもって、ここにびっしりと生えていたコゴミは採らず、トッテきたのは写真だけ。
クサソテツは逆光で撮ると綺麗なのだが、この日はちょっと光が弱かった。

■撮影:2012年4月29日/薄日/16:30/新潟県小千谷市小栗山

Img_4549h30

Img_4556kw30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

金色(こんじき)の海/新潟県長岡市寺泊野積

写真を撮っていたら後ろから「お邪魔してもいいですか」ってお嬢さんが二人。
「どうぞ」。
撮影終わって帰りかけて、振り返ったらお二人が絵になっていたので、「お嬢さん、後ろから撮ってもいいですか」。
「ええ、どうぞ」ってニッコリ。
お顔もお願いすればよかった。
お二人とも新潟美人でした。

■撮影:2012年5月5日17:30/晴れ/新潟県長岡市寺泊野積
Img_5089w30

Img_5087w30

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

激濁流(新潟県長岡市寺泊野積)

ファインダーの中を右から何かが凄い勢いで飛び込んできた。
何だかわからなかったが、とにかくシャッターを切った。
あなたは誰?こんな危なっかしいところを飛んでいかなくてもいいのに・・・。

(画像クリックでいつもよりチョビット大きくなります)
■撮影2012年5月5日18:15/曇り/新潟県長岡市寺泊野積・信濃川大河津分水路
Img_5106w1200

Img_5138h1200

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

田植え・みんなで力を合わせて(新潟県長岡市)

長岡でも田植えが始まりました。
かあちゃん、とおちゃん、にいちゃん、おばさん、おじさん、みんな、みんな、お疲れさま。
美味しい米が、たくさん、たくさん、穫れますように。

■撮影:2012年5月5日17:45/晴れ/新潟県長岡市寺泊野積
Img_5094k_w30


■撮影:2012年5月5日10:15 /晴れ/新潟県長岡市成沢町
Img_4896w30

Img_4864w30

Img_4898w30


| | コメント (6) | トラックバック (0)

木瓜(ボケ)・快晴の日/新潟県長岡市

先日、2日続けて最高気温はなんと28度。
朝から強烈な光。
自宅の木瓜も一気に開花。

■撮影:2012年5月1日7:30/晴れ/新潟県長岡市/自宅

Img_4679w30

Img_4657w30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

さくら・雨の日(新潟県長岡市・悠久山公園)

連休の後半スタート。
一日だけ写真三昧の日を予定しているけれど、あとは野良仕事なんかしながらのんびりしよう。

今朝は起きたら小雨。
午前中は畑仕事をする予定だったが、雨を口実にサボり。
人でごった返した観桜会も終わった事だし、雨の日に人もいないだろうって隣町の悠久山公園へ。

■撮影:2012年5月3日9:00〜11:50/小雨〜曇り/新潟県長岡市・悠久山公園

Img_4798h30

いるんですね、私と同類の人が。雨降りにもかかわらず静かに桜を楽しみたい人が。
Img_4803w30

Img_4763w30

Img_4769h90

Img_4847h30

Img_4821w30

Img_4834h30

Img_4823h30_2

お昼近くになって雨も上がった。最後に出会った笑顔。元同級生だそうだ。「ブログに載せてもいい?」「いいよ〜」「ありがとう」。若いっていいな〜。
Img_4857w30

雨が上がったので午後から畑仕事。
トマトの苗が黄色い花を付けて焦るな〜。
今日の晩酌は喉が渇いていたのでビールもどき。
旨い!
何となく嬉しかった日。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

さくら・暮色(新潟県長岡市山古志)

空を見上げて・・・

■撮影:2012年4月29日18:20/薄日/新潟県長岡市山古志竹沢
Img_4601kw30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

長嘴菫(ナガハシスミレ)/新潟県長岡市小栗山

数日前、自宅前のほったらかしの崖地に見たことのない(見たことあっても、意識しなかった?)小さな花が咲いていた。
図鑑で調べたら「ナガハシスミレ(長嘴菫)」だって。
ナ・ガ・ハ・シ・ス・ミ・レ?
こりゃダメだ、覚えられない。
こんどは漢字で。
こりゃまた難しい漢字だこと、「嘴」とか「菫」とか。
それでも「ナガハシスミレ」って呪文のように何度唱えても覚えられないけど、「長い嘴のような花の菫」って数度言ったらOKに。

そしてこの日、この沢で。
「おっ!うん?何だっけ?お〜、長嘴菫だ〜」って。
(へへへ、ざまぁかんかんカッパの屁〜)

■撮影:2012年4月29日16:30/薄日/新潟県長岡市小栗山
Img_4566kh30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »