« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

紅葉・秋山郷(長野県下水内郡栄村)

家族が秋山郷の紅葉を見たいと言うので、朝食後にゆっくりと出かける。
紅葉なんてのは口実で、目当ては岩魚の塩焼きと土産物屋で売っている天然ナメコとキクラゲだなんてお見通し。
キクラゲなんて何袋も買って、あちこちに配ったり宅配便で送ったり。
この日は運転手に徹して、撮った写真は下のも含めて数カットだけ。(泣)
まぁ〜、しゃ〜ないわ。(苦笑)

■撮影:2012年10月27日/曇り・小雨/長野県下水内郡栄村・秋山郷

11:00 天池
Img_1135w30

13:30
Img_1145h30

11:40
Img_1147w30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

小春日和

昼食後。
食卓の上に飾ってあったモミジを縁側に持って来て、床の上にゴロンと横になり眺める。
お日様ポカポカ、いい気持ち。
目を閉じて暫しまどろむ。

■撮影:2012年10月30日12:30/晴れ/新潟県長岡市・自宅
Img_1198h30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

七五三の頃(新潟県長岡市/蒼紫神社)

昼休みに気分転換をと、隣町にある蒼紫神社で30分程散歩。
余裕が無いっていけませんね。
今日は早く寝ます。

■撮影:2012年10月29日12:30/曇り/新潟県長岡市・蒼紫神社

Img_1152h30

Img_1160w30

Img_1151h30

Img_1157h30

Img_1149h30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

母と子

■撮影:2012年10月21日

Img_10732w30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

み〜つけた(新潟県魚沼市・越後駒ヶ岳)

■撮影:2012年10月22日/晴れ/新潟県魚沼市・越後駒ヶ岳
Img_0823h30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

越後駒ヶ岳をめざして(新潟県魚沼市)

越後駒ヶ岳、今日は中腹まで雪で真っ白になったようです。
高山はすでに冬。

■撮影:2012年10月20日7:00/晴れ/新潟県魚沼市

Img_0765h30

Img_0790w30

右に越後駒ヶ岳、中央に中ノ岳、左奥にうっすらと見えているのは巻機山?(違う?)
Img_0808w30

Img_0838h30

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

北ノ又川・紅葉(新潟県魚沼市・銀山平)

作家であり釣り師でもあった故開口健がこよなく愛した銀山平。
大渓流の北ノ又川。
ここから上流は通年禁漁区で魚達の楽園。
紅葉のピークは今週末か?

■撮影:2012年10月20日14:00/晴れ/新潟県魚沼市下折立銀山平

Img_09782w30

Img_0962h30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

雲海・枝折峠(新潟県魚沼市)

ここは、滝のように流れる雲海が見られる絶景地。
この日は雲海の動きも光線具合もいまいちではあったが、この自然の中に身を置ける事に感謝。

■撮影:2012年10月20日6:30/晴れ/新潟県魚沼市・枝折峠
Img_07072w30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

錦秋・越後駒ヶ岳(新潟県魚沼市)

越後駒ヶ岳の中腹でウロチョロと撮影。
紅葉のピークまでもう少し。
頂上付近はたぶん真っ赤っか。
撮影している私の横を高齢の登山者が軽快な足取りで登ってゆく。
私も登頂したいが、山登りから10年も遠ざかっている今の私には無理。

■撮影:2012年10月20日/晴れ/新潟県魚沼市・越後駒ヶ岳

Img_08672h30

日本百名山・越後駒ヶ岳
Img_0799w30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

The Long and Winding Road(新潟県魚沼市・樹海ライン)

ビートルズ。
中学、高校、それから30歳まで。
実に長く、よく聞いたものだ。
今は時々。
青春は遥か彼方に・・・。
再来年が還暦だなんて、蹴っ飛ばしてやる!(笑)

The long and winding road
that leads to your door
・・・

■撮影:2012年10月20日13:30/晴れ/新潟県魚沼市・樹海ライン(国道352号)

画像をクリックすると、コーナーを攻めている私が見えます。エッ?見えない?遠い日の夢でした。
Img_0944w30

Img_0955h30

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

ユニバーサルレストラン「バーグ」(新潟県長岡市和島)

和島は良寛さん終焉の地で歴史のあるまち。
たくさんの卒業生を送り出し地域に愛され続けてきた旧島田小学校。
築85年の木造校舎を、地域の新鮮な食材が楽しめるフランスレストランにコンバージョンしました。

建物の外観はほぼそのままに保存。
屋内の傷のある柱も、生徒が昇り降りして角が丸くなった分厚い階段の木の板もこの小学校の歴史や思い出の証として空間に活かしました。
教室の古い天井を剥いだら骨太な梁が現れました。
これも本質的な空間を創るために再び天井を張るようなことはせず現しとしました。

内装の設計監理は、仲間5人のパートナーシップでやっている一級建築士事務所チーム・テラ。
地域の人々の思い出がたくさん詰まった木造校舎が、地域の皆様に、そして訪れる皆様に愛され続けることを願ってやみません。

■名  称:ユニバーサルレストラン「バーグ」
■所在地 :新潟県長岡市和島中沢乙64-1
■設計監理:一級建築士事務所 チーム・テラ有限責任事業組合
       (小川峰夫・小川みどり・久力正通・和田正則・今井保一)
■写真撮影:佐武浩一(Artisan Photography)/02,03,04,05,06,07,08,10
       今井保一(チーム・テラ)/09,11

01
01img039w30

02
02003w30

03
03001w30

04 正面は、地元の小国和紙を貼った「光壁」と名付けた照明。
04014w30

05 教室の天井を剥いだら現れた骨太な梁は、そのまま現しに。
05016w30

06
06021w30

07
07011w30

08 気候が良い時には屋外で食事を。窓上に日除けのオーニングを格納。
08020w30

09 エントランス
09007w30

10 客室へのアプローチ。教室の窓を取り払って、グラスとボトル置場に。
10008w30

11 アプローチからグラス越しに客席を見る。
11img_7049w30

ユニバーサルレストラン「バーグ」は平日のランチでも予約でいっぱいのようです。
行かれる時には、下記のホームページ若しくは電話でご確認されたほうが良いようです。
ユニバーサルレストラン「バーグ」のホームページはこちら


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

天使の梯子(新潟県長岡市)

誰が名付けたか天使の梯子。
気象用語では薄明光線と言うのだそうだが、味も素っ気もない。
美しいエンジェルがおい出おい出って、手招きしていた。

■撮影:2012年10月14日10:00/小雨/新潟県長岡市・信濃川左岸
Img_0596_2h30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

少し秋(新潟県長岡市)

一日ごとに日が短くなる。
一雨降るごとに寒くなる。
さて、紅葉の撮影はどこに行こうか。

■撮影:2012年10月18日/小雨/新潟県長岡市

Img_0611h30

花の名は、いつものように???
Img_0612h30

Img_0601h30

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

山古志より越後三山(新潟県長岡市山古志)

ここは、のめしこき(怠け者)には実にいい撮影ポイントだ。(笑)
前回の記事と同じ場所で、カメラを南方向に90度振っただけでこの光景。
おまけに、誰もいない。

右端から、八海山(「は」っかいさん)、中ノ岳(「な」かのだけ)、駒ヶ岳(「こ」まがたけ)の越後三山。
右から、「はなこ」って覚えてください。
左奥に見えているのは未丈が岳かな?(自信なし)

■撮影:2012年10月14日6:50/晴れ/新潟県長岡市山古志
Img_0571w30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

朝霧・光芒(新潟県長岡市山古志)

朝食前に山古志で撮影。
帰って来て、朝食後に里芋の収穫。
午後から、集落の人と小正月に行う賽の神に使う茅刈り。
茅刈りから帰って来てから、里芋収穫の続き。
夕方、弱い太陽が西山の向こうに穏やかに沈んでゆく。
畑にいると、もう寒いくらいだ。
これから夕飯、風呂に入って温まったら今日はビールにしよう。

■撮影:2012年10月14日6:45/晴れ/新潟県長岡市山古志

Img_05552w30

Img_05722w30

Img_05602h30


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

山本山より池ケ原集落(新潟県小千谷市)

山本山の山頂より高台にある池ケ原集落の耕作地。
まるでパッチワークのようだ。
緑色の所は蕎麦畑?(違うかな?)
新蕎麦を肴に冷酒で一杯やりたいね〜!

■撮影:2012年10月4日6:45/曇り/新潟県小千谷市・山本山
Img_0224w30


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

エノコログサ・夕照(新潟県長岡市)

打ち合わせ先へと車を走らせていたら携帯電話が。
「imaiさん、悪いんだけど打ち合わせを30分程遅らせてくれない」
「OKですよ」
というか、願ったり叶ったりでニンマリ。
光は夕方の斜光線、カメラは車の助手席でスタンバイOK。
それからゆっくりと車を転がしていたら、逆光に輝くエノコログサを発見。
この日は珍しく道草でもサボったわけでもない、相手のご要望で時間調整したのですから・・・。

■撮影:2012年10月9日16:40/晴れ/新潟県長岡市川袋
Img_0386h30


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

小さな秋・・・名前不明の小さな野花(新潟県長岡市)

久しぶりに我家の前の崖地に入ってみた。
小さな白い花がビッシリと咲いていた。
毎年咲いていて、毎年図鑑で調べている(ようだ)が名前はわかりません・・・。

■撮影:2012年10月7日9:15/曇り/新潟県長岡市・自宅
Img_0320h30

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

朝霧(新潟県長岡市川口中山)

夜明けの一時間以上も前に撮影ポイントに着いたが、辺りは霧で真っ白。
一時間以上待って、日の出時刻を過ぎてもいっこうに霧が薄らぐ気配はなし。
もうちょっとで帰らなければならないので、痺れを切らして霧の薄い山麓へ車を移動しながらやっとゲットしたのがこの写真。
一時間半もいて、撮った写真はたったの三枚。
自然相手ですから・・・。

■撮影:2012年10月8日6:19/晴れ・霧/新潟県長岡市川口中山
Img_0329h30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

アマンダレ(ナラタケ)が出た〜

一昨日の朝、我家の2階から前の崖地を見ていたら、家族が竹籠を持って何か作業をしていた。
時々「うわぁ〜」とかなんとか吠えている。
はは〜、出たのか。
行ってみたら、「へへへ〜」ってニッコニコで籠にいっぱいのアマンダレ(ナラタケ)。
当日の夜は当然キノコ汁。
こりゃもう冷酒しかないでしょ〜で、頂き物の久保田の萬寿(自分じゃ高くて買えない)の封を切り冷酒で一杯。
クゥ〜、五臓六腑に染み渡る〜!

■撮影:2012年10月7日9:00/曇り/新潟県長岡市・自宅
Img_0299h30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

コスモス・秋日(新潟県長岡市山古志)

今日は快晴〜!気持ちいい〜!
朝飯前に撮ってきました。
朝飯の旨いこと、旨いこと。

■撮影:2012年10月8日8:00/晴れ/新潟県長岡市山古志虫亀

Img_0371w30

ちょっと寂しそうに・・・快晴の日に何もこんなイメージで撮らなくともね〜
Img_0350kw30


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

曼珠沙華(新潟県長岡市/雪国植物園)

曼珠沙華は子供の頃から馴染みのない花。
少なくとも僕の住む雪国長岡では、田んぼの畦なんかに曼珠沙華を植えるような事はなかったし、今もそうだ。(たぶん)
この時期、みなさんのブログで真っ赤で独特の形をした曼珠沙華の写真を見る度に、「いいな〜、一度撮ってみてぇ〜なぁ〜」って。
そんな時、市内の雪国植物園でボランティアの方々が植え続けている曼珠沙華が咲いていると新聞に出ていたので行ってみた。
昨日は曼珠沙華撮影デビュー戦。

それにしても、撮るのが難しい花よ!(撃沈)

■撮影:2012年10月6日16:00頃/曇り/新潟県長岡市宮本町・雪国植物園

Img_0263h30

妖艶な美女
Img_0258h30

毒々しい美女・・・僕を見つめるのですよ(笑)
Img_0270w30

で、こちらは蕾の乙女
Img_0282h30

Img_02502h30


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

山本山より/鉄塔を撮ってはみたが・・・(新潟県小千谷市)

山本山の山頂と中腹に巨大鉄塔が何本も立っている。
山の森と鉄塔との対比に違和感を覚えたが、僕の日々の暮らしもこの鉄塔の類いにお世話になっていると思うと風景写真を撮るだけの理由で邪魔だなんて言えない・・・。

鉄塔の下に見えている豊かな森はカットして、美しいと思った鉄塔のフォルムだけを撮ってみた。
でも、何だかピンとこない。
でもって、後で考えた。
自然風景と巨大鉄塔を絡めて撮ったなら、少しは社会を映し出す写真になったかな?なんて・・・。

■撮影:2012年10月4日6:20/曇り/新潟県小千谷市・山本山より
Img_0212h30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

朝霧・山本山(新潟県小千谷市)

写真を撮る理由は人それぞれ。
僕の場合は、ただでさえ無い脳みそをもっと空っぽにしてリフレッシュしたいからが主な理由。
2週間以上もカメラに触っていなかった反動か、前夜久しぶりに早々と床に入ったら目覚めたのが朝4時半過ぎで、カメラを引っ掴んで急遽山本山へ。
晴れの天気予報だったが、撮り始めたら時々雨がポツポツ。
晴れていれば豪快な雲海が朝日に輝き、越後三山が向こうに浮かんで見えるのだが、この天気じゃね〜。
僕と同じような人がもう一人。
地元小千谷市のカメラマンとおしゃべりしながら時々パチリ、パチリ。
「どこかで見かけたら、また声を掛けてくださいね」でお別れ。
そんな出会いもまた良し。
久しぶりにリフレッシュした〜。

■撮影:2012年10月4日6:10/小雨/新潟県小千谷市・山本山

眼下に蛇行する信濃川
Img_0207w30


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »