« 市島邸・・・開口から見る初夏-3 | トップページ | 市島邸・・・開口から見る初夏-5 »

2013年7月12日 (金)

市島邸・・・開口から見る初夏-4

風景写真のネタがないので市島邸シリーズを続けます。
「今日もか〜」って声が聞こえるような・・・。(汗)

廊下の交差点から見た風景です。
長いですね〜、右手の廊下の突き当たりまで約17m、左手の廊下の突き当たりまで約20m。
中庭の緑も素敵ですが、左右の廊下の突き当たりに開口があって視線がスッと外に抜けて行くところがミソですね。
廊下の突き当たりが壁だったら鬱陶しいですよね。
それにしても、わからないのが赤いカーペット、なんで・・・???

■撮影:2013年6月22日12:25/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_80233


|

« 市島邸・・・開口から見る初夏-3 | トップページ | 市島邸・・・開口から見る初夏-5 »

古建築」カテゴリの記事

民家」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、
廊下が40メ-トルなんて凄いですね、驚きですよ、
当時の生活ぶりはどんな生活してたのでしょうね、興味があります、
当然下働きの使用人がそれぞれに担当されてたことなんでしょうけどそれでも凄いです、
赤いカ-ペットはなんなんでしょうね?。

投稿: 風太郎 | 2013年7月12日 (金) 21時35分

こんばんは。
超広角での切り取りですね。
迫力がありますね。
赤絨毯は国会から高級ホテルまでありますね。
国会は川○織物の絨毯だと思いますよ。
キム○クのお父さんがそれの営業だとか聞いたことがあります。
お父さんの方が顔が格好良いって言ってましたけど。
どれだけでしょうね?(笑)

投稿: 自転車親父 | 2013年7月12日 (金) 22時24分

こんばんは

あ~~ 思い出しました!
こんな廊下がありましたね!

imaiさん 良いところ撮ってますね
秋は紅葉が見られそうですね

もっと見せてくださいな
まだいっぱい撮ってきたんでしょ
ボツにしないでね

投稿: Suzu | 2013年7月12日 (金) 22時27分

風太郎さん

こんばんは。
この豪農の館の建坪は約600坪だそうです。
一般的な現代の戸建の建坪を20坪とすると、30戸分ですから驚きですね。
廊下はこの他にもずっと続いていますから40mの3倍はあろうかと思います。
ここまで長いと廊下ではなくて道路ですね。(笑)

投稿: imai | 2013年7月12日 (金) 22時53分

自転車親父さん

こんばんは。
ありがとうございます。
こんな場面は超広角がものをいいますね。
安物レンズで樽型収差が激しく、現像時にけっこう苦労して補正するんです。(笑)
デジタルは有り難いな〜。(笑)

床は絨毯じゃなくて、ヤス○ノのカーペットに見えたのです。
違ってたりして・・・。(汗)

投稿: imai | 2013年7月12日 (金) 23時00分

Suzuさん

こんばんは。
思い出しましたか、赤いカーペットが記憶を蘇らせましたか?
ここは紅葉時の撮影も良さそうですよね、うっすらと雪が積もった景色も良さそうですね。

あと5、6枚はありそうですけど、初夏シリーズやっているうちに真夏になってアッチェ〜!ので、どうしましょうかね〜。(笑)

投稿: imai | 2013年7月12日 (金) 23時07分

こんばんは。
気持ちいい風感じますよ。
この廊下さっそうと歩いてみたいです。
左右両方に突き抜けてる…、
遠近感があって不思議空間ですね。
赤いカーペット、なんか僕はよかったです。

投稿: ロレンツォ69 | 2013年7月13日 (土) 01時12分

ロレンツォ69さん

おはようございます。
気持ちのいい風を感じてもらえたそうで嬉しいです。
左右両方の突き当たりが抜けているので開放感がありますよね。
赤いカーペット、だいぶ昔に行った時の残像がまだ残っています。(笑)

投稿: imai | 2013年7月13日 (土) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527452/57769960

この記事へのトラックバック一覧です: 市島邸・・・開口から見る初夏-4:

« 市島邸・・・開口から見る初夏-3 | トップページ | 市島邸・・・開口から見る初夏-5 »