« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

朝霞の荒沢岳(日本二百名山)

鋭峰の荒沢岳。
連続する岩場の長〜い急登(と言うことは帰りは急下降・・・恐ろしや〜)、ナイフエッジのような稜線、アルペン的登山が好きな人にはお勧めです。
過去に何人もの犠牲者が出ていますから、お気をつけてどうぞ。
私?、昔は憧れの山でしたが小心者なので登っていません。

枝折峠に来る度に、この山をスカッとクリアーに撮りたいと思うのですが、下に巨大な奥只見湖があるせいか、いつも霞んでいて残念。

■撮影:2013年7月28日7:30/薄日/新潟県魚沼市・枝折峠

Img_9763_900pi


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火)

夏の棚田は生き物がいっぱい(新潟県長岡市川口武道窪)

棚田と棚池(養鯉池)の廻りを歩いてみました。
そこには生き物がいっぱいで、写真以外の蝶やトンボもたくさんいて、空には燕も飛び交っていました。
我家の廻りの圃場整備された田んぼはそんないに生き物がいなのに何故?
ここの水は山から引いた水だけでコンクリートの側溝だの用水路はありません。
生き物が暮らすには良い環境なのかな?
何となく少し分ったような・・・里山。

今まで生き物の写真はほとんど撮ったことがなかったのですが、みなさんに刺激されてこんな写真も撮ってみたいなと思うようになりました。
生き物の名前は教えてもらった先から忘れてしまいすが。(笑)

■撮影:2013年7月28日12:00頃/晴れ/新潟県長岡市川口武道窪

Img_9881

Img_9816

Img_9845

Img_9849

Img_9858

Img_9869_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月)

清流・北ノ又川(新潟県魚沼市銀山平)

新潟県魚沼市の銀山平を流れる北ノ又川です。
作家の故開高健は大の釣り好きで釣りに関する作品も多くありますが、銀山平が大好きで釣りに来ては長逗留したそうです。
写真の川岸には「小さな魚はリリースしてください」と書かれた看板が立っていました。
「キャッチ アンド リリース」は開高氏が広めた思想のようです。

■撮影:2013年7月28日8:00/晴れ/新潟県魚沼市銀山平・北ノ又川

釣り人が狙っている大物は何。岩魚?虹鱒?ここから上流は通年禁漁区で魚の楽園。
Img_9767_900pi


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

滝雲(新潟県魚沼市・枝折峠)

昨日は野良仕事して疲れたので夜の10時就寝。
夜中に目が覚めてトイレに行って何気なく空を見たら、お月様が出ていてお星様とダイナミックな鱗雲も。
えっ?今日は晴れ?
うん?枝折峠の雲海がいいんじゃない?で、カメラをザックにぶち込んで1:30出発で、途中コンビニに寄って3:15枝折峠着。
枝折峠に着いたら、あらぁ〜、お月様は雲の中で晴れの気配はなし!(泣)
せっかく来たのだからとヘッドランプを付けて枝折峠から滝雲撮影のポイントまで登ったけれど、やっぱりいまいちでした。(笑)
自然相手だからしょうがない。

■撮影:2013年7月28日/曇り/新潟県魚沼市・枝折峠

4:14 少し明るくなってきました。
Img_9650

5:11 日の出後10分程
Img_9674

5:15 日の出後15分程
Img_9683_900pi

この後、枝折峠まで一端下山して、風太郎さんから教えてもらった枝折峠から銀山平側に下ったところにある道路沿いのポイントに着いたらカメラマンが二人。
現地を見ながらお話を聞いたら、滝雲だけ撮るならこのポイントの方が良さそう。
滝雲の高さがちょうどアイレベルで、稜線もうまい具合に絡んでる。
今度はここで撮ってみよう。
山登りしなくてもいいからラクチンだし。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

白銀の滝(山形県尾花沢市・銀山温泉)

建築視察に行って泊まった銀山温泉に、なんと滝があった。
早朝に目が覚めたので朝風呂に入ってから、そのまま浴衣姿で出かけて撮影。
装備バッチリの女性カメラマンが一人いて、私の格好を見て笑っていた。
三脚が無かったので、遊歩道の手摺にカメラを押し付けてシャッタースピードは1/4秒。
寝不足と前夜の飲み疲れで岩までブレているように見えるけど?(笑)

■撮影:2013年7月9日5:45/曇り/山形県尾花沢市・銀山温泉

Img_9123


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

透かす・・・簀虫籠(すむしこ)

今月初めの山形県の建築視察。
視察先の一つで、宿泊した旅館・F屋のエントランスホールです。
4〜5mm巾程に割った竹をびっしりと取付けたスクリーンで、簀虫籠(すむしこ)と言います。

■撮影:2013年7月8日/山形県尾花沢市・銀山温泉

仲間に頼んで階段を下りてもらってパチリ。
Img_3000

Img_3022


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

日本海に咲く(新潟県柏崎市青海川)

この画像、Suzuさんの掲示板にもアップしましたが、ネタ不足につき当ブログに再アップです。(笑)

昨日と一昨日の写真を撮るために、国道沿いの駐車場から岬の先端を目指して林の中の遊歩道に入る。
三脚とカメラ機材一式担いで、大汗かきながら山道を登っていたら、目の前に断崖の縁に咲いているヤマユリ!
バックは青い海、木漏れ日まで当っている〜!
カメラを取り出そうと立ち止まった途端、エッ?小さいヤブ蚊が顔の廻りをブンブン。
う〜ん、どうすっかな〜。
ここで撮らないでいつ撮るの?・・・今でしょ!
20枚程撮ったら、顔はオイワさん、手はおまんじゅう。(笑)
痒い〜!!

■撮影:2013年7月21日16:30/晴れ/新潟県柏崎市青海川

Img_9549_900pi

ヤマユリ撮影後、林の中の遊歩道を抜けて岬の先端に着いたら、ドヒャ〜、デッカい駐車場があって車がいっぱいカップルいっぱい。
ここって車で来れるんだ!
ヘナヘナヘナ〜!(泣)
岬の名は「恋人岬」だって。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

霊峰・米山と日本海と青海川集落(新潟県柏崎市青海川)

日本海に突き出た岬の先端からの撮影です。

(画像クリックして大きな画像で見てください)
赤い橋の上に、端正な尖り姿を見せている霊峰・米山。
米山は、「♪米山さんから雲が出た〜・・・」の名調子で民謡好きの人やお座敷を張ったことのある人ならば一度は聞いたことのある「三階節」に出てくる、あの米山です。
橋の下の谷間の狭い平地に張り付いている青海川集落。
集落の手前に海岸線を走る信越本線と日本海に一番近い駅の青海川駅。
駅のプラットホームの真下に小さな小さな青海川海水浴場。

霊峰・米山と日本海が、青海川集落の人々の暮らしに密着しているのが分る美しい景観です。
気候風土の記録に、真冬の荒波を前景にした集落風景も撮ってみたい。

■撮影:2013年7月21日17:50/晴れ/新潟県柏崎市青海川

Img_9566_1100pi2

ちょっとサイズアップして。
Img_9569_1100pi


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

暮れゆく日本海(新潟県柏崎市青海川)

初めての場所。
太陽は雲の中。
今日はダメかなと思っていたら数分間だけ空の色が変わった。
自然に感謝!です。
ここは、真冬の荒れ狂う怒濤の海も良さそうだ。

■撮影:2013年7月21日19:01/晴れ/新潟県柏崎市青海川

Img_9632_900pi


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

日本海ブルー (新潟県柏崎市笠島)

子供が待ちに待った楽しい夏の始まり始まり〜!
県外らしき小学校の臨海学校でごった返す笠島海水浴場から離れた岩場で、地元の子供は海に浮かんでシュノーケリング。
さすがに地元っ子、泳ぎは達者ですな〜。

■撮影:2013年7月21日/晴れ/新潟県新潟県柏崎市笠島

Img_9537_900pi2

Img_9520_900pi

Img_9530_900pi2

Img_9521_900pi

Img_9538_900pi


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

また明日 (新潟県長岡市寺泊野積)

べた凪の日本海。
穏やかに暮れてゆきました。

■撮影:2013年7月20日/晴れ/新潟県長岡市寺泊野積

19:01
Img_9485_900pi2

19.27
Img_9498_900pi

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

上へ 上へ (山形県村山市・甑葉プラザ)

■撮影:2013年7月9日/山形県村山市・甑葉(しょうよう)プラザ

Img_9232_900pi


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

アジサイ(新潟県長岡市・悠久山公園)

「右回りにぐるっと廻ってください」、「右ってどっちだっけ?」。
「もう一回、廻ってください」、「そんなにボクの姿を観察したいの?」。
「もう一度右回りに廻ってうつ伏せになってくださいね」、「これでいい?素敵ですか?」。
「いいですね〜、今度は逆さまになりますからね」、「う〜、苦しい〜、落ちますけど」。
「その調子で、今度は起こしますよ〜」、「いろいろなポーズを撮られるんですね〜」。
「はい、終了です」、「素敵な写真が撮れたのででしょうね〜?」。
今日は、年に一回ボクがモデルになる日でした。
上の文と今日の写真は何の関係もありません。

■撮影:2013年7月16日/薄日/新潟県長岡市・悠久山公園

Img_9358_900pi_2

Img_9354_900pi

Img_9344_900pi

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

やっぱり暑いや

今朝は雨上がりでけっこう涼しかったので、隣町の悠久山公園をカメラを持ってブラブラ。
でも、暫くしたら汗でグッショリ。

■撮影:2013年7月15日12:00/薄日/新潟県長岡市・悠久山公園

Img_9417_900pi


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

市島邸・・・開口から見る初夏-6

市島邸シリーズ、今日で終了です。
長い間ご覧いただきありがとうございました。
少し連載が長過ぎましたね。(笑)

■撮影:2013年6月22日/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

左手の書院と名付けられた部屋の前に設けられた縁側です。
庭と屋内を緩やかに繋ぐ半屋外空間で、涼しい風が吹き抜けます。
Img_8069_900pi3

書院と名付けられた部屋の開口を通して、縁側と庭の緑が見えます。
Img_8070_900pi2


上の写真の和室に設けられた床の間脇の開口です。障子に開けられた小さな開口も一つの風景を切り取ります。
Img_8079_900pi2


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

市島邸・・・開口から見る初夏-5

茶室から腰掛待合を通してチラッと見える路地の緑です。
障子の正面に座れば緑がいっぱい見えるのですが、この方が想像力が働くかなって?

なんて言うのは言い訳で、正面から撮ったら障子が色かぶりしていて緑色になっていたのです。
実際も路地の緑で障子も少し薄緑色に染まっていたのですが、あまりにも色かぶりしているものですから凄く不自然で。
現像で色かぶりの補正を試みたのですが、これがなかなかうまくいかないのです。
デジタルも難しいな〜。

■撮影:2013年6月22日12:05/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_8013_900pi2


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

市島邸・・・開口から見る初夏-4

風景写真のネタがないので市島邸シリーズを続けます。
「今日もか〜」って声が聞こえるような・・・。(汗)

廊下の交差点から見た風景です。
長いですね〜、右手の廊下の突き当たりまで約17m、左手の廊下の突き当たりまで約20m。
中庭の緑も素敵ですが、左右の廊下の突き当たりに開口があって視線がスッと外に抜けて行くところがミソですね。
廊下の突き当たりが壁だったら鬱陶しいですよね。
それにしても、わからないのが赤いカーペット、なんで・・・???

■撮影:2013年6月22日12:25/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_80233


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

市島邸・・・開口から見る初夏-3

長い廊下を歩いて行って曲がったら、目に飛び込んできた正面の窓。
窓の額縁で切り取られた緑が魅力的です。
今風に言えばピクチャーウインドー。
窓から見える風景も意識して樹を植えたのかな・・・なんて思ったのでした。
こんな廊下なら歩いていても楽しい。
光や風を屋内に呼び込みながら外の景色も美しく見せる。
季節の移ろいが感じられる魅力的な開口です。
障子からの拡散光も柔らか。

■撮影:2013年6月22日12:50/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_8053_900pi2


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

市島邸・・・開口から見る初夏-2

■撮影:2013年6月22日12:15/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_8018_900pi2

(今日は予約投稿です。建築視察のため、明日の夜まで留守にしています)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

市島邸・・・開口から見る初夏-1

■撮影:2013年6月22日11:30/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_7984_900pi2


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

市島邸・・・光と影

新潟県指定文化財の市島邸

三脚を立てても良いと許可を得たのでじっくりと撮影させていただく。
畳や板の床を痛めないように三脚の石突きにはカッターナイフで十字に切り込みを入れた硬式テニスボールを取り付ける。
一般の見学者が来られたら、邪魔にならないよう三脚をたたんで撮影中断。
10:00撮影開始→昼食15分→16:00撮影終了でグッタリ。(笑)

(今日も帰りが遅いので予約投稿です)

■撮影:2013年6月22日15:00/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

日本建築の特徴である長い開口部。その長い開口部から射す長い光と長い影。
Img_80942


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

ギフチョウ(新潟県魚沼市・枝折峠)

蝶の名はチンプンカンプンですが、この蝶の名は知っています。(笑)
数年前のここで、学校の先生らしき人から教わりましたから。
どうしてこうも美しいのでしょう、自然は不思議。
準絶滅危惧種だそうです。
花はナナカマド?

(今夜は遅くなるので予約投稿です)

■撮影:2013年6月29日/新潟県魚沼市・枝折峠

Img_8658_900pi

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

灰の又沢(新潟県魚沼市灰の又)

灰の又沢の源流は越後駒ヶ岳。
駒ヶ岳にはまだ残雪がたっぷりで、流れてくる水は雪解け水。
風で葉がブレてます。(笑)

■撮影:2013年6月29日17:15/曇り/新潟県魚沼市灰の又

Img_9016_900pi


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

赤い竹とんぼ(新潟県魚沼市・枝折峠)

植物オンチの私でもこれはわかります。(笑)
我家の放ったらかしの庭にもありますから。
カエデの種です。

■撮影:2013年6月29日/曇り/新潟県魚沼市・枝折峠

Img_8561_900pi


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

霧の森(新潟県魚沼市・枝折峠)

枝折峠から越後駒ヶ岳への登山道を歩くこと30分、明神峠のちょっと手前。
標高はたかだか1200m程しかないが残雪はたっぷり。
その先の森に入ったら、残雪から湧き上がる霧の風景・・・やわらかな緑が気持ちいい〜・・・。

■撮影:2013年6月29日9:20/曇り/新潟県魚沼市・明神峠付近

Img_8516_900pi

Img_8614_900pi

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

凛々しいヤツ・・・ヒメシジミ♂ (新潟県魚沼市・枝折峠)

おっ、精悍な面構えでいい男!

蝶の名前がよく解ったねって?
へへへ、虫採り網を操って生物調査をしていた地元の爽やか青年から教わったのですよ。
ヒメシジミの♂は青くって、♀は茶色だってことも。
準絶滅危惧種だそうですが、ここではヒラヒラと乱舞していました。

■撮影:2013年6月29日/新潟県魚沼市・枝折峠

Img_8884_1200pi


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »