« 市島邸・・・光と影 | トップページ | 市島邸・・・開口から見る初夏-2 »

2013年7月 7日 (日)

市島邸・・・開口から見る初夏-1

■撮影:2013年6月22日11:30/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_7984_900pi2


|

« 市島邸・・・光と影 | トップページ | 市島邸・・・開口から見る初夏-2 »

古建築」カテゴリの記事

民家」カテゴリの記事

コメント

imaiさん、
こんばんは、
市島邸は富豪邸だったんですね、見事な日本家屋にマッチした日本庭園が見え隠れしてます、
雪の季節になったら痺れるような雰囲気になるんでしょうね、行って見たい所ですね。

投稿: 風太郎 | 2013年7月 7日 (日) 18時51分

風太郎さん

こんばんは。
田畑が1800町歩、山林が3000町歩、かつての巨大地主、豪農の館です。
家も庭もとにかく広いのです。
撮影途中でサブカメラが見当たらない。
あれ?どこどこ?ってこの民家の中をグルグルと探し回ったら冗談ぬきで迷子になりそうでしたよ。

雪の季節、良さそうですよね!
5cm程、新雪が積もった時が撮り頃でしょうか?

投稿: imai | 2013年7月 7日 (日) 20時40分

こんばんは。
障子が和を強調してますね。
最近は障子が有る家が減ってます。
もちろん我が家はありません。
そういう家が増えて貴重な建具になるかも?(笑)

投稿: 自転車親父 | 2013年7月 7日 (日) 21時40分

こんばんは

当時の豪農は桁外れで規模が違いますよね
imaiさん 日本家屋のお写真撮るの上手いな~
開口から四季が見えるようになってるんですね
庭師さんもお抱えなんでしょうね

今日は岩の原ワインでいろんなワイン試飲して帰りのバスの中 又飲んで、朝、乗って行った車置いてきました。
明日、取りに行かなくっちゃ


投稿: Suzu | 2013年7月 7日 (日) 22時30分

自転車親父さん

こんばんは。
新潟県内で新築する住宅は、一室くらいは和室が有りますから障子戸あるようです。
でも、和室があっても障子貼りが面倒なので障子を付けない家も増えているようですね。

自転車親父さんちは障子がないのですか。
一月程前に障子がいっぱいある家が出来たので、ブログアップしようと思っていたのですが、アップしづらくなってきました〜。(笑)

投稿: imai | 2013年7月 7日 (日) 23時57分

Suzuさん

豪農の館の規模は桁違いですからね。
屋内が庭と一体になっているところが素晴らしいと思いますね。

羨ましいですね〜、試飲し放題なんて。(笑)
車を出発地点に置いてきたのですか?

投稿: imai | 2013年7月 8日 (月) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527452/57740035

この記事へのトラックバック一覧です: 市島邸・・・開口から見る初夏-1:

« 市島邸・・・光と影 | トップページ | 市島邸・・・開口から見る初夏-2 »