« 爽気(新潟県五泉市・慈光寺) | トップページ | 帰り船(新潟県魚沼市・奥只見湖) »

2014年7月20日 (日)

古刹へ続く道(新潟県五泉市・慈光寺)

前記事の続きで、また慈光寺です。

この日の撮影目的は、鬱蒼とした幽玄の杉木立の参道を絵になる人が歩いている光景を撮ることでした。
出来れば若い女性がいいな〜なんて。
でも成果は無く疲れ果てて参道入口の駐車場まで戻ってきたら、なんとなんとそこで友人夫妻にばったり。
これは仏様のご慈悲だってんで、再度写真の場所に引き返して、友人夫妻に歩いてきてもらい後ろ姿を拝借。
なので、この写真の半分はやらせです。(笑)

■撮影:2014年7月12日11:45/晴れ/新潟県五泉市・慈光寺
Img_2026


|

« 爽気(新潟県五泉市・慈光寺) | トップページ | 帰り船(新潟県魚沼市・奥只見湖) »

風景」カテゴリの記事

コメント

inaiさん
おはようございます

古刹へ続く道、先ずタイトルが良いですね
樹齢400年以上も有る杉木立の参道を歩く夫婦の後ろ姿の雰囲気が情景を醸し出しております。

投稿: 風太郎 | 2014年7月20日 (日) 06時38分

風太郎さん

タイトルは超苦手でして、お褒め頂き嬉しいです。
これからは人のいる風景も撮りたいと思っているのですが、自然の奥に入れば入る程人がいなくて・・・。(笑)

投稿: imai | 2014年7月20日 (日) 07時19分

こんばんは。
ヤラセですね。(笑)
でも凄く良いですよ。
ここは余り若い女性は似合わない?
そんな気がしますね。(笑)

投稿: 自転車親父 | 2014年7月20日 (日) 20時40分

自転車親父さん

はい、半分だけヤラセですけど、あと15分粘っていたらヤラセにはならなかったんですよ〜。(笑)
いえいえ、若い女性だからこそ意外性があっていいと思ったのですけど〜。(笑)

投稿: imai | 2014年7月20日 (日) 21時30分

先日は早速に新潟県文化財一覧を送付いただきありがとうございました。47Pもあって越後の文化歴史の深さを認識しました。これからバイブル使用いたします。

投稿: ローリングウエスト | 2014年7月21日 (月) 06時27分

imaiさん、こんばんは☆
水に音を聞きながら歩く参道
癒やしとマイナスイオンの宝庫ですね。
偶然に会った知り合いのご夫婦に歩いてもらい
良いお写真に仕上がりましたね。
慈光寺、長野の戸隠の参道と雰囲気がとても似ています。
新潟の慈光寺行きたくなりました。

投稿: あき | 2014年7月21日 (月) 20時01分

ローリングウエストさん

おはようございます。
重要文化財や登録文化財がずらっとですからね。
撮ったのはほんのチョビッとですよ。(笑)

投稿: imai | 2014年7月22日 (火) 06時19分

あきさん

おはようございます。
慈光寺の参道は雰囲気が良いのですよ。
木漏れ日が落ちて、脇には清流ですから。
風景写真も人が入ると物語性が高まることがありますよね。
あきさんのような人が歩いているのが理想だったのですけど〜。

投稿: imai | 2014年7月22日 (火) 06時23分

景色に人物が入ると
活き活きして来ますよね
友人が偶然いて良かったですね。

投稿: せいパパ | 2014年7月22日 (火) 08時07分

せいパパさん

おはようございます。
そうですよね、風景写真も人が入ると活き活きとする場合がありますよね。
友人夫妻にビックリ、「なんでオマエここにいるの?」。

投稿: imai | 2014年7月22日 (火) 08時53分

imaiさん

こんばんは
お二人の歩く姿がこの杉木立にぴったりですね。
今日の関東は梅雨明けと同時に34度の暑さでした。
このお写真から涼しい風が吹いてくるようです。

投稿: Yu | 2014年7月22日 (火) 22時09分

Yuさん

こんばんは。
木漏れ日落ちて、隣りが渓流ですから吹く風が爽やかで素敵な参道です。
最近、人の入った風景写真を撮りたいと思うようになりました。
この日も、それが狙いで行ったのですが、絵になる人がいる確立って少ないのですね〜。(笑)

投稿: imai | 2014年7月22日 (火) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527452/60010772

この記事へのトラックバック一覧です: 古刹へ続く道(新潟県五泉市・慈光寺):

« 爽気(新潟県五泉市・慈光寺) | トップページ | 帰り船(新潟県魚沼市・奥只見湖) »