« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月26日 (金)

激流(新潟県魚沼市・枝折峠)

前記事の続きです。

この日の枝折峠はまれに見る凄い雲海でした。
日の出前、ゆっくりと流れていた雲海を長秒で捉えてみました。

■撮影:2014年9月21日5:27/晴れ/新潟県魚沼市・枝折峠
Img_4892


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

星降る峠

今日は友人と枝折峠に行ってきました。
満天の星と月と雲海です。

■撮影:2014年9月21日4:13/晴れ/新潟県魚沼市・枝折峠

Img_4864


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

集落と自然・宇宙(新潟県長岡市山古志)

前記事の続きです。

現在、写真でもっとも興味のあることは集落と自然や宇宙との関係です。
この日は月夜で、肉眼で集落の灯りはもちろんはっきりと見えていましたが、稲刈り間近の棚田も薄らと見えていました。

■撮影:2014年9月14日/新潟県長岡市山古志

01:44 空にはダイナミックな雲が流れ、お星様も幾つか見えました。
Img_46202

05:23 霧にすっぽりと包まれた集落の夜明けです。
Img_4682

06:06 朝日が上空の雲を突き破って顔を見せると同時に、集落背後にある森に光芒が現れました。
Img_47712


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

息づく集落(新潟県長岡市山古志)

ずっと撮りたいと思っていた光景、チャンスは突然やってきました。
というわけで、昨夜は山古志へ真夜中に出かけました。

■撮影:2014年9月14日/雲の切れ間から月が出たり隠れたり/新潟県長岡市山古志

0:45
月齢19.5日の月が南天高くから種芋原集落に光を落していた。
集落も棚田も眠りの中。
Img_46132

4:17
空がほんの少し白み始めてきたようだ。
集落の街灯の光が霧に拡散して美しい。
霧は雲海となりまるで蛇行する大河・信濃川のような様相に。
黄色く色づいた棚田は間もなく嬉しい刈り入れだ。
Img_46432


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

月光棚田(新潟県長岡市山古志)

昨日は中秋の名月で年一回のチャンス。
仕事の打合せ先から直行して撮ってきました。

緑のところが田んぼ、水の張ってあるところは錦鯉の養鯉池です。
日の入30分後、トワイライトの時間帯での撮影です。

■撮影:2014年9月8日18:35/晴れ/新潟県長岡市山古志
Img_44533

----------------------------------------------------------

(追記:2014年9月12日)
風太郎さんから「月が雲の中に隠れているカットがありましたら見せてください」ってリクエストがありました。
「月が雲の中に隠れている」って???
たぶん月が雲に囲まれていて彩雲になった状態を見たいのかな〜って思いましたが、あいにくそんな画像はありませんでした。
同じような画像になりますが、もう一枚アップしました。

18:42 ISO=800 絞り=5.6 SS=13秒
Img_4466

長秒で月が流れています。
もう少し早いSSにしたかったのですが、僕のカメラはこれ以上ISO上げるとノイズがでるのです。
明るいレンズとノイズに強いカメラが欲しいけど・・・。


| | コメント (16) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

夏のかけら探し(新潟県長岡市寺泊)

どんよりとした空。
遊び足りなかった今年の夏。
もう海には入れない。
親子が砂浜を遠くまで歩いて行って、そしてまた引き返してきて僕の前を通り過ぎていった。

■撮影:2014年8月31日16:38/新潟県長岡市寺泊・山田海岸

Img_3959_2


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

晩夏の棚田(新潟県長岡市川口)

夕方まで畑仕事をしてこの場所へ。

農家のおじさんと話しました。
標高の高いこの棚田、今夏の日照不足で稲の生育は今のところ少々遅れ気味。
このままだと稲刈りは10月にずれ込みそうだとか。
晴れてくれれば直ぐに実るんだけどな〜って。

この後、慌てて町内の会合へ。

■撮影:2013年8月30日/晴れ/新潟県長岡市川口

17:40 養鯉池に映り込む淡い夕焼けが美しかった。
Img_4111

18:32 青い世界。こんな時間帯がたまらなく好き。
Img_4185


| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »