« まだ見ぬ向こう (新潟県小千谷市) | トップページ | 海鳴り (新潟県柏崎市) »

2017年3月11日 (土)

光のにほひ

土間に漂っていた囲炉裏の煙を透過してくる光。
子供の頃に遊びに行っていた、母の実家の「にほひ」を想い出した。

*三脚撮影、掲載許可を頂きました。

Img_0607

■撮影:新潟県魚沼市/国重要文化財 目黒邸

|

« まだ見ぬ向こう (新潟県小千谷市) | トップページ | 海鳴り (新潟県柏崎市) »

古建築」カテゴリの記事

民家」カテゴリの記事

コメント

imaiさん

おはようございます
久しぶりに訪問いたしました
歴史観のある館、囲炉裏のある光景、煙る中に光が射し込む光景には感動させられましたよ
今年も5月末頃に山古志方面への撮影計画を仲間と立てております。

投稿: 風太郎 | 2017年3月11日 (土) 09時22分

風太郎さん

おはようございます。
母の実家の「にほひ」は囲炉裏の煙でした。
光で煙を感じられないかと思いモノクロにしました。

投稿: imai | 2017年3月12日 (日) 08時44分

この画には、モノクロがピッタリですね。😊

投稿: 風人来人 | 2017年3月14日 (火) 17時29分

風人来人 さん

ありがとうございます。
色がないモノクロは心象的表現にはいいですよね〜。
イマジネーション膨らみますし。

投稿: imai | 2017年3月14日 (火) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ見ぬ向こう (新潟県小千谷市) | トップページ | 海鳴り (新潟県柏崎市) »