« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月30日 (土)

冬霧 信濃川 (新潟県小千谷市)

今年最後の投稿です。
拙い写真に一年間お付合い頂きありがとうございました。
みなさま、よい年をお迎えください。

蛇行して流れる水面が光を映し始めて夜が明けてゆく。
越後三山が意外と近くに見える。
刻々と変化する光景にシャッターを切り続けた。
カシャ、カシャ・・・鳴り続ける静かなシャッター音も心地好い。

Img_2935

■撮影:2017年12月23日6:46/新潟県小千谷市

| | コメント (0)

2017年12月15日 (金)

裂光 (新潟県長岡市川口)

谷霧に光が差し、スギ木立ちを引き裂くかのような光芒。
11月下旬の撮影です。

Img_2490


| | コメント (2)

2017年12月13日 (水)

冬の眠りにつく前に (新潟県長岡市山古志)

11月下旬の撮影です。
錦鯉の養鯉池と棚田が、初雪の頃だけ見せる白い畦化粧。
数日前からの降雪で此処へはもう行けないでしょう。

Img_2350

Img_2430

| | コメント (2)

2017年12月11日 (月)

冬海の輝きは鈍く (新潟県柏崎市青梅川)

昨日、久しぶりに晴れたので午後から日本海へ。
日の入り直前、雲間から太陽が顔を出した。
それまで沈んでいた海面が突然キラキラと輝き始めたが、それはやっぱり弱い冬の輝き。
岩陰の波打ち際にいた釣り人を入れて、その情景を切り取った。

Img_2734

■撮影:2017年12月10日16:19/新潟県柏崎市青梅川


| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

安全運転 (新潟市 JR越後線)

だいぶ前の写真で恐縮です。
新潟発のワンマン電車に乗りました。
運転士は30代前半と思われる女性でした。
私はガラス越しに運転の様子を見ていましたが、一つ一つの運転操作に対して安全確認をしている様子は実に的確のように感じました。
私の隣では、小さな男の子と母親が運転の様子を楽しそうに見ていましたが、私と同じようにこの女性運転士さんに何の不安も感じなかったのだろうと思います。
サイズが少し大き過ぎてだぶつき気味な白い手袋と細い腕に光が当たった時にシャッターを切りました。

Img_8489

■撮影:2017年7月21日/新潟市 JR越後線内

|

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »