« 水無月たそがれ便 (新潟県十日町市) | トップページ

2022年6月16日 (木)

舞台裏 (新潟県長岡市)

2019年6月の町内の神社の祭りの一コマ。
「どうだい?」と、神に奉納する伝統芸能の世話役が御簾越しに問うた。
「髪を結ったらOKです」と答えたのは四つ上の先輩。
面を被っている幼馴染は無言。
この年以降、コロナウイルス禍で祭りは中止になっている。
今年も中止・・・。

Img_1527_20220616182001

■作品名:舞台裏

■撮 影:2019年6月8日/新潟県長岡市

|

« 水無月たそがれ便 (新潟県十日町市) | トップページ

伝統」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

行事・祭り」カテゴリの記事

コメント

大変ご無沙汰をしております。いつまでも精力的取材をされており何よりです。先日「河井継之助」の貫く武士道を描いた映画「峠 最後のサムライ」を観てきて、久しぶりに長岡の写真を見たくなりコチラにお邪魔させて頂きました。

投稿: ローリングウエスト | 2022年6月20日 (月) 10時21分

ローリングウエストさん

ありがとうございます。
こちらこそご無沙汰しております。
司馬遼太郎原作の「峠」は10代の時に読みました。
小千谷談判で西軍の交渉者がもうちょっと大物だったら歴史は変わっていたかもしれません、とは思いますが。
映画はまだ観いませんが、近いうち観に行きたいと思っています。

投稿: imai | 2022年6月20日 (月) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水無月たそがれ便 (新潟県十日町市) | トップページ