風景

2021年9月16日 (木)

水の惑星 (新潟県長岡市)

(納屋出しです)

水の惑星・地球をイメージして仕上げました。

Img_2175

■作品名:水の惑星
■撮 影:2015年9月22日3:43/新潟県長岡市 某養鯉池

| | コメント (0)

2021年9月 5日 (日)

秋霧の谷 (新潟県 JR飯山線)

山栗が自生している谷は霧の中だった。
霧で見通しの効きにくい谷底を単行列車が走り抜けていった。

Img_4387

 

↓ 栗のイガと単行列車

Img_4428

■撮影:2021年9月5日 早朝/新潟県 JR飯山線





| | コメント (0)

2021年6月28日 (月)

旅の途中 (新潟市 日本海)

波の揺り籠で一休み・・・。

Img_1586

■作品名:旅の途中

■撮 影:2021年6月27日15:29/新潟県新潟市 日本海

| | コメント (0)

2021年6月18日 (金)

水の集落 (新潟県小千谷市)

空の色をほんのりと映し出した田植えの終わった田んぼ。
蛇行して流れる信濃川。
水田とは、「水」の「田」。
水稲とは、「水」の「稲」。

Img_8061

■作品名:水の集落
■撮 影:2021年6月6日4:17/新潟県小千谷市

| | コメント (0)

2021年6月14日 (月)

あんたはだ〜れ (新潟県長岡市)

地図を頼りに初めてロケハンに行った錦鯉の養鯉池
私がぶらぶらと歩いて行ってひょいと前を見たら、30mほど先にこの動物がいたのです。
お互い見つめ合うこと3分か5分か、もっと長かったかもしれません。
相手に動く気配がないので、首からぶら下げていたカメラをそ〜っと構えて最望遠の300mmで覗いてみたら、可愛らしい姿がそこにありました。
20分以上も相手をしてもらって、彼?彼女?は断崖の森の中へ消えてゆきました。
そっか〜、この断崖が君のテリトリーか。
ニホンカモシカに会ったのは今年2回目です。

Img_7905

■作品名:あんたはだ〜れ
■撮 影:2021年6月5日16:04/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

初夏をゆく (新潟県 JR飯山線)

晴れると暑い季節になりました。
初夏の緑と雲の湧いた青く高い空。
錦鯉が泳いでゆらゆらと揺れる水面に、列車が姿を映しながら走り過ぎてゆきました。

Img_78232_dpp

■作品名:初夏をゆく
■撮 影:2021年6月5日16:39/新潟県 JR飯山線

| | コメント (0)

2021年5月11日 (火)

冬鳥が北へ帰る頃 (新潟県長岡市)

残雪ももう少しで消えそうな山奥の池。
明るくなったら、新緑や残雪を映し込む池の対岸をキンクロハジロが泳ぎ始めました。
時々水中に潜っていましたが、餌を採っているようでした。

_mg_5854

_mg_5929

■作品名:冬鳥の春
■撮 影:2021年5月4日/新潟県長岡市

 

| | コメント (0)

2021年5月 8日 (土)

芽吹きの頃 (新潟県長岡市)

誰もいない山奥の池で、夜が明けるのを待っていた。
芽吹いたばかりのブナの新芽が、朝陽を受けて目覚めてきた。

_mg_5591

■作品名:芽吹きの頃
■撮 影:2021年5月4日5:21

| | コメント (0)

2021年5月 6日 (木)

森の誘い (新潟県長岡市)

残雪の上を歩いて行って、ブナの森の入り口に着いた。
雨の森の奥は霧で煙っていて見通しは効かなかったが、冬から春へと移りゆく森の息遣いを感じた。
森の中に入っていきたかったけれど、この日は熊除けの携帯ラジオを持っていたなったので断念した。
森の奥は元々は彼らの領域だ。

_mg_5459

■作品名:森の誘い 
撮影:2021年4月29日11:55/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2021年4月30日 (金)

春雨 (新潟県長岡市)

昨日は雨。
山奥の春は始まったばかり。

_mg_5451

_mg_5399

■撮影:2012年4月29日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

より以前の記事一覧