風景

2019年5月23日 (木)

花流眼 (新潟県長岡市 柿川)

長岡市街地を流れる柿川。

散った桜の花びらが、川面を花筏となって流れていた。

シャッタースピード1.3秒、多重9回の連写から出てきた絵は、川の底から見つめるような眼。

Img_8474

■撮影:2019年4月19日/新潟県長岡市 柿川

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

品格(新潟県津南町)

堂々たる立ち姿。
幹に付着している地衣類にも長い時間を感じる。

Img_9674

■撮影:2019年4月28日6:03/新潟県津南町

 

| | コメント (0)

風の舞台(新潟県津南町)

主役は桜。
演出家は水面をざわつかせていた冷たい風。

Img_9709

■撮影:2019年4月28日6:43/新潟県津南町

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

春の雪えくぼ (新潟県長岡市)

ふわふわと滑らかに積もっっていた雪も、春先ともなれば雪の下に解けた水の通り道が出来て斜面では筋状になる。
これを「雪えくぼ」とか「雪流れ」という。
光も明るくなって、春は近いようだ。
嬉しいね。

Img_6470

Img_6443

■撮影:2019年3月2日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

雪解け棚田 (新潟県長岡市)

水が空を映す。
水面に積もっていた雪がすっかり解けた棚田。
畦の雪も今月中にはなくなりそう。

Img_6506

■撮影:2019年3月10日6:04/新潟県長岡市

| | コメント (2)

2018年12月30日 (日)

吹雪墓地 (新潟県小千谷市)

遠くの白い雪の上に、黒い点々が目に入って車を止めた。
直ぐに墓だと分かり、心の琴線に触れた。
気候風土を感じながらシャッターを切った。
中段左の黒い点々は鴨です。
フルカラー画像です。
新潟県小千谷市の山間の集落で。

Img_5894

■撮影:2018年12月29日/新潟県小千谷市

| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

異国の秋 (長野県栄村)

タイからのお客様。
異国の秋はいかがですか。
撮った後に画像を見せて許可を頂きました。(深謝!)

Img_4241

■撮影:2018年10月28日/長野県栄村

| | コメント (0)

2018年11月16日 (金)

老ダンサー (新潟県長岡市)

残り紅葉が水面に映り込む山奥の小さな池での撮影です。

スポットライトを浴びて踊る男性の老ダンサー。
枯れたからこそ出る深い味わい。
背後は、主役を盛り立てるバックダンサー。

Img_0294

■撮影:2018年11月11日/新潟県長岡市

| | コメント (2)

2018年11月 8日 (木)

秋の和装 (長野県栄村)

紅葉が池の水面に映り込んでいた。
水中の枯木がまとった秋の着物。

Img_4097

■撮影:2018年10月28日/長野県栄村

| | コメント (0)

2018年11月 6日 (火)

森と水 (長野県山ノ内町・雑魚川)

雨降りの奥志賀。
原種のイワナが棲む雑魚川に下りてみた。
森の栄養分は川を下り海へ注ぎ、海の魚も育てる。

Img_3866

Img_3851

■撮影:2018年10月20日/長野県山ノ内町・雑魚川

| | コメント (0)

より以前の記事一覧