民家

2017年3月11日 (土)

光のにほひ

土間に漂っていた囲炉裏の煙を透過してくる光。
子供の頃に遊びに行っていた、母の実家の「にほひ」を想い出した。

*三脚撮影、掲載許可を頂きました。

Img_0607

■撮影:新潟県魚沼市/国重要文化財 目黒邸

| | コメント (4)

2017年2月 6日 (月)

時を刻む (新潟県魚沼市/重要文化財 目黒邸)

土間の高窓から差す冬の光。
時間の経過と共に、角度と方向を変えながら時を刻む。
外は1m超の積雪。

*三脚撮影、掲載許可を頂きました。

■撮影:新潟県魚沼市/重要文化財 目黒邸

Img_0596

| | コメント (2)

いろり火 (新潟県魚沼市/重要文化財 目黒邸)

火を見た途端に 、子供の頃よく遊びに行っていた母の実家の光景を鮮明に思い出した。
囲炉裏を囲んで、爺ちゃん、婆ちゃん、父ちゃん、母ちゃんに従兄弟が4人、そして私と妹も。

*三脚撮影、掲載許可を頂きました。

■撮影:新潟県魚沼市/重要文化財 目黒邸

Img_0535

| | コメント (0)

2016年6月25日 (土)

灯り(新潟県柏崎市高柳町)

高齢なおばあちゃんは、もう寝ているかなって思ったら、まだ灯りが点いていた。
お元気そうで安心した。

■撮影:2016年6月3日21:53/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

Img_4785


|

2016年1月25日 (月)

暴風雪警報発令中!(新潟県出雲崎町)

昨日、新潟県出雲崎町にて。

Img_0905


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

スローライフ(新潟県柏崎市高柳町荻ノ島)

■撮影:2015年9月12日/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

長閑な集落に可愛らしいコンバインのエンジン音
Img_1232

ゆるやかに時間が流れる茅葺きの里
Img_1327

初秋のチリチリと熱い大陽の光を逃れて大樹の下へ。
汗がすーっと引いて、なんとも気持ちが良い。
Img_1379


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

雪明り(新潟県柏崎市高柳町荻ノ島)

道路脇の雪壁を掻き上がったら、数年前親切にしてくださったお婆ちゃんちの窓から灯りが漏れていてホットした。

■撮影:2015年2月14日18:12/小雪/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

Img_7726


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

むかしむかし あるところに(新潟県柏崎市高柳町荻ノ島)

絶え間なく降り続く雪。
幼児の頃、母の実家に泊まりにゆくと祖母が寝床でよく越後の昔話を聞かせてくれました。

■撮影:2015年2月1日12:47/雪/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

Img_7290


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

日本の庭(新潟市江南区・北方文化博物館)

■撮影:新潟市江南区/北方文化博物館(旧伊藤家住宅)

横長の開口で切り取られた紅葉の庭。
正座して庭をご覧になっておられた素敵なご夫妻がいらっしゃったので、お願いして画像に入れさせて頂きました。

Img_6920

(2014.11.27 ↓の画像を追加しました)
Img_6917


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

陰影礼賛(重要文化財・長谷川邸/新潟県長岡市)

■撮影:2014年6月22日/重要文化財・長谷川邸/新潟県長岡市
    *三脚使用許可を頂き撮影

前記事と同じ、長谷川邸の屋内です。
築300年程、現存する越後最古の民家です。

谷崎潤一郎が書いた「陰影礼賛」。
暗い空間があるからこそ明るい空間が活きる。
暗い屋内から見ると屋外の緑がより鮮やかで四季の移ろいを感じます。
シャドウ部があるからハイライト部が活きる、写真も建築空間も同じようですね。


真っ昼間にこんなところで冷えたビールを飲んだら最高ですね。
Img_1226

磨かれた床板に映る新緑。
Img_1234

来訪者もシルエット。
Img_1257


| | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧