古建築

2017年3月11日 (土)

光のにほひ

土間に漂っていた囲炉裏の煙を透過してくる光。
子供の頃に遊びに行っていた、母の実家の「にほひ」を想い出した。

*三脚撮影、掲載許可を頂きました。

Img_0607

■撮影:新潟県魚沼市/国重要文化財 目黒邸

| | コメント (4)

2015年2月26日 (木)

雪明り(新潟県柏崎市高柳町荻ノ島)

道路脇の雪壁を掻き上がったら、数年前親切にしてくださったお婆ちゃんちの窓から灯りが漏れていてホットした。

■撮影:2015年2月14日18:12/小雪/新潟県柏崎市高柳町荻ノ島

Img_7726


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

日本の庭(新潟市江南区・北方文化博物館)

■撮影:新潟市江南区/北方文化博物館(旧伊藤家住宅)

横長の開口で切り取られた紅葉の庭。
正座して庭をご覧になっておられた素敵なご夫妻がいらっしゃったので、お願いして画像に入れさせて頂きました。

Img_6920

(2014.11.27 ↓の画像を追加しました)
Img_6917


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

市島邸・・・開口から見る初夏-6

市島邸シリーズ、今日で終了です。
長い間ご覧いただきありがとうございました。
少し連載が長過ぎましたね。(笑)

■撮影:2013年6月22日/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

左手の書院と名付けられた部屋の前に設けられた縁側です。
庭と屋内を緩やかに繋ぐ半屋外空間で、涼しい風が吹き抜けます。
Img_8069_900pi3

書院と名付けられた部屋の開口を通して、縁側と庭の緑が見えます。
Img_8070_900pi2


上の写真の和室に設けられた床の間脇の開口です。障子に開けられた小さな開口も一つの風景を切り取ります。
Img_8079_900pi2


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

市島邸・・・開口から見る初夏-5

茶室から腰掛待合を通してチラッと見える路地の緑です。
障子の正面に座れば緑がいっぱい見えるのですが、この方が想像力が働くかなって?

なんて言うのは言い訳で、正面から撮ったら障子が色かぶりしていて緑色になっていたのです。
実際も路地の緑で障子も少し薄緑色に染まっていたのですが、あまりにも色かぶりしているものですから凄く不自然で。
現像で色かぶりの補正を試みたのですが、これがなかなかうまくいかないのです。
デジタルも難しいな〜。

■撮影:2013年6月22日12:05/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_8013_900pi2


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

市島邸・・・開口から見る初夏-4

風景写真のネタがないので市島邸シリーズを続けます。
「今日もか〜」って声が聞こえるような・・・。(汗)

廊下の交差点から見た風景です。
長いですね〜、右手の廊下の突き当たりまで約17m、左手の廊下の突き当たりまで約20m。
中庭の緑も素敵ですが、左右の廊下の突き当たりに開口があって視線がスッと外に抜けて行くところがミソですね。
廊下の突き当たりが壁だったら鬱陶しいですよね。
それにしても、わからないのが赤いカーペット、なんで・・・???

■撮影:2013年6月22日12:25/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_80233


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

市島邸・・・開口から見る初夏-3

長い廊下を歩いて行って曲がったら、目に飛び込んできた正面の窓。
窓の額縁で切り取られた緑が魅力的です。
今風に言えばピクチャーウインドー。
窓から見える風景も意識して樹を植えたのかな・・・なんて思ったのでした。
こんな廊下なら歩いていても楽しい。
光や風を屋内に呼び込みながら外の景色も美しく見せる。
季節の移ろいが感じられる魅力的な開口です。
障子からの拡散光も柔らか。

■撮影:2013年6月22日12:50/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_8053_900pi2


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

市島邸・・・開口から見る初夏-2

■撮影:2013年6月22日12:15/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_8018_900pi2

(今日は予約投稿です。建築視察のため、明日の夜まで留守にしています)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

市島邸・・・開口から見る初夏-1

■撮影:2013年6月22日11:30/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

Img_7984_900pi2


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

市島邸・・・光と影

新潟県指定文化財の市島邸

三脚を立てても良いと許可を得たのでじっくりと撮影させていただく。
畳や板の床を痛めないように三脚の石突きにはカッターナイフで十字に切り込みを入れた硬式テニスボールを取り付ける。
一般の見学者が来られたら、邪魔にならないよう三脚をたたんで撮影中断。
10:00撮影開始→昼食15分→16:00撮影終了でグッタリ。(笑)

(今日も帰りが遅いので予約投稿です)

■撮影:2013年6月22日15:00/市島邸(新潟県指定文化財 新潟県新発田市天王)

日本建築の特徴である長い開口部。その長い開口部から射す長い光と長い影。
Img_80942


| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧