行事・祭り

2020年8月 2日 (日)

慰霊 白菊 (新潟県長岡市)

例年8月2日と3日に行われる長岡大花火大会は、昭和20年8月1日の米軍の大空爆で亡くなられた1485名の長岡市民の慰霊と平和への祈りを込めた花火大会です。
今年はコロナウイルス感染拡大の影響で大花火大会は中止となりましたが、昨日の8月1日は空襲が始まった午後10時半に慰霊の花火で白一色の「白菊」10号が3発打ち上げられました。
そして今日2日は、午後7時半に白菊3発と、コロナウイルスの収束を祈願する1発が打ち上げられました。
明日3日も今日と同様です。

例年、長岡花火には100万人以上の観客があるそうで大混雑です。
今年は、ゆっくりと打ち上がって、空襲で焼けた長岡市街地の上空で静かに開いた白菊が、例年にも増して心に沁みました。
静かに見る花火、いいものです。

Img_2120

■作品名:慰霊 白菊
■撮 影;2020年8月2日19:30/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

歌う覆面レスラー (新潟県上越市安塚区)

♪ららら〜、ゴホゴホゴホ。
歌う覆面レスラーです。^^

Img_1574

■撮影:2020年2月22日18:17/新潟県上越市安塚区

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

あかり街道 (新潟県上越市安塚区)

山の小さな集落の街道沿い。
住民手作りの、一夜限りのおもてなし。

Img_1545

■撮影:2020年2月22日17:58/新潟県上越市安塚区

| | コメント (0)

ウインク (新潟県上越市安塚区)

↑の作品の1部を切り取りました。

毛むくじゃらの、心優しい雪男。(笑)

Img_1566

■撮影:2020年2月22日18:15/新潟県上越市安塚区

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

慰霊 白菊 (新潟県長岡市)

今年も明日の8月2日と3日に長岡大花火大会が開催されます。
長岡花火は、昭和20年8月1日の米軍の大空爆で亡くなられた1485名の長岡市民の慰霊と平和への祈りを込めた花火大会です。

大花火大会に先駆けて、今夜8月1日午後10時30分、例年と同じく鎮魂の花火が単発で3発上がりました。
花火は白一色の尺玉で、名前は白菊です。
華やかさとは無縁ですが、私には最も心に染み入る花火です。

長岡市街地から遠く離れた丘の上で、空襲の時に焼け野原になった市街地の夜景を入れての撮影です。

Img_2681

■撮影:2019年8月1日22:39/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

村祭り(新潟県長岡市)

今年の祭りの初日は、雨が降ったり止んだり。
境内に夜の帳が下りてきて、画像右手の舞殿で奉納の舞いが始まった。
観客は町内の人とその縁者だけだろう。
町内の人のほとんどは、何らかの祭りの役を担っている。
子供も大人も、表方もいれば裏方もいる。
奉納舞を静かに観ていると、子供の頃の遠い記憶が蘇ってくる。 Img_1484

■撮影:2019年6月8日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

裏方(新潟県長岡市)

我町内の、小さな神社の小さな祭り。
表に出ることは滅多にないが、祭りには欠かせない存在。
二日間、お疲れ様でした。

Img_1463

■撮影:2019年6月8日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

出番前(新潟県長岡市)

昨日、一昨日と、町内の神社の祭り。
奉納の舞の出番前に、衣装を整えてもらっているのは幼馴染。
後ろは四つ先輩。
祭りに参加しながら、一年に一回だけの祭り撮影。

Img_1527

■撮影:2019年6月8日/新潟県長岡市

| | コメント (0)

2018年9月 1日 (土)

想い出の紡ぎ糸 (新潟県十日町市/大地の芸術祭2018)

住む人がいなくなった古い民家。
床に座って上を見上げて、少年時代に想いを馳せる。
お姿、拝借いたしました。(深謝)

Img_2646_mono


■撮影:2018年8月19日/新潟県十日町市/「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」の一会場

| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

ヤマタノオロチ〜、逮捕する!(新潟県津南町/大地の芸術祭2018)

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」の一会場で。

たまたま白バイがやってきました。(笑)
真面目な環境アートをこんなふうに紹介したら失礼ですが。(スミマセン)

Img_2343_2

■撮影:2018年8月19日/新潟県津南町


|